ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. ferrarii [AGG]
(= G. glaucum ssp. ferrarii [G. Charles])
(= G. mucidum v. ferrarii [J. Piltz])

この種は G. glaucum(グラウカム)に近い種ですが、
これより少し小型で、径 9cm までとされます。

AGG は独立した種としていますが、
G. Charles はG. glaucum(グラウカム)の亜種としています。
G. glaucum(グラウカム)の異名同種とされたこともあります。

J. Piltz は(AGGのG. glaucum )をG. mucidum としており、
Piltz の種子リストではこの種は G. mucidum v. ferrarii
になっています。

肌色は灰色がかった明るい青緑色で、時に紫色を帯びます。

産地は G. glaucum(グラウカム)より少し南で、
La Rioja (ラリオハ)州の Mazan(マザン)の近辺に産します。
種名は人名に由来します。




Sany0007--ferrari--P 136--Mesa seed 464.082
Gymnoalycium ferrarii         P 136
Estanzia Mazan, La Rioja  1000m, Arg. 
( Mesa seed 464.082 )
 ( フェラリー             P 136 )




Sany0066--ferrarii v elegans or--WR 718--Buenos Aires to Rioja--ex Eden IB 14399
Gymnoalycium ferrarii         WR 718
 ( フェラリー             WR 718)



Sany0059--ferrarii--JO 124--Udpinango LR--ex Eden LB 16120
Gymnoalycium ferrarii         JO 124
Udpinango, La Rioja  1000m, Arg.
 ( フェラリー             JO 124)








スポンサーサイト
2016.08.27 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |