ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

Gymnocalycium chacoense ( チャコエンセ )

リビア産の黄刺のギムノ、
G. chacoense (チャコエンセ)です。
今年は側芽がだいぶ大きくなり、
群生らしい形になりました。

原産地のボリビア、チャコ地方の写真では、
岩の間のわずかな隙間に根を張り、
側芽が盛り上がって群生しています。
周りが岩板で、側芽が横に拡がらないようです。

この種は、明るい黄緑色の肌で、
ギムノの中では特異な肌色です。

G. paediophilum (パエディオフィラム)に近い種で、
細いが硬くて曲がらない刺が球体から突出する点、
下部から多数仔吹きする点が似ています。

パエディオフィラムは緑肌で大きい花ですが、
この種は黄緑色の肌で小さな白花です。。






Sany0163--chacoense--Cerro San Miguel--Piltz seed 4730--Shimada
Gymnocalycium chacoense     (Piltz seed 4730)
Cerro San Miguel, Santa Cruz, Bolivia    
( チャコエンセ       (Piltz 種子 4730 実生)   )



Sany0167--chacoense--STO 990--Amerhauser seed(2009)
Gymnocalycium chacoense        STO 990
Charagua - San Antonio del Parapeti, Santa Cruz, Bolivia
(H. Amerhauser seed )
( チャコエンセ          STO 990)







スポンサーサイト
2015.12.26 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |