ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

Gymnocalycium paraguayense ( パラグアイエンセ )


G. paraguayense [AGG],[G. Charles]

パラグアイエンセにピンク色の小さなつぼみが出ています。
このつぼみが花になるのは、来年4月かと思います。

今年の春の記録を見ると、パラグアイエンセのつぼみは
3月に現れ、4月に開花しています。
どういうものか11月のこの時期につぼみがつきました。

国内で古くからつくられてきたモンビー玉は、
この G. paraguayense (パラグアイエンセ)に
ほぼ該当すると考えられます。

このパラグアイエンセはピルツ種子の実生で、
種子リストに(ex Moser K.)のメモがついているものです。

パラグアイから多くのギ ムノをヨーロッパに導入し、
(フリードリッヒと美しきパラグアイ)の著書のある、
K. Moser(モーゼル)に由来するとされています。

G. fleischerianum (蛇紋玉)はこの種に近く、
G. Charles (チャ―ルス)氏の本では、
G. paraguayense (パラグアイエンセ)と同種
としています。




Sany0019--paraguayense--ex Moser K--Piltz seed 1286151126c--Sany0021--paraguayense--ex Moser--Piltz seed
Gymnocalycium paraguayense (ex) K. Moser
Piltz seed 1286
(パラグアイエンセ (Piltz 種子 1286 実生) )








スポンサーサイト
2015.11.28 18:40 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |