ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

Gymnocalycium uruguayense ( ウルグアイエンセ )

一般にウルグアイエンセの刺は、
角色(つのいろ)(白っぽい茶色)ですが、
最初の写真の MM 233 は黄色味の濃い刺です。

二枚目の写真nの MM 233 は、やや強い刺のタイプです。

G. uruguayense ( ウルグアイエンセ )に関しては、
産地の写真や、欧州の栽培品の写真をみると、
ずいぶん強い刺のタイプが見られます。

なかなかこういうものには出会えていません。
いろんなFNの種子を多く実生いて行けば
いいのかも知れませんが。

Massimo Meregalli (メレガリ)氏のフィールド No. です。
コルドバ州から、この人の名に因んだ新種
G. mergallii (メレガリイ)発表されています。

ウルグアイエンセの和名として、
原子玉、元刺玉、聖姿玉が用いられます。
この中で聖姿玉については、
九紋竜系に同じ名称のものがあります。




Sany0144a--uruguayense --MM 422--Artigas Uruguay--ex Morinoki
Gymnocalycium uruguayense       MM 422
Artigas, Uruguay
  ( ウルグアイエンセ        MM 422    )




Sany0123--uruguayense--MM 233--E of Topador Artigas Uruguay--ex Eden 15224
Gymnocalycium uruguayense       MM 233
east of Topador, Artigas, Uruguay
  ( ウルグアイエンセ        MM 233    )









スポンサーサイト
2015.11.14 10:50 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |