ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. pflanzii ssp. argentinense [AGG]
(= G. pflanzii [G. Charles])

写真は、G. pflanzii(天賜玉)の亜種とされる、
ssp. argentinense(アルゼンチネンセ ) です。

G. pflanzii(天賜玉)の基準種はボリビア産ですが、
この亜種は基準種の産地から300kmほど離れて、
アルゼンチンのSalta(サルタ)州に孤立して産します。

国内でわりと古くから栽培されており、
栽培場に大きな株が見られます。

基準種との差異はいろいろ指摘されていますが、
外観はよく似ています。

刺が基準種では大きく曲がるのに対して、少ししか曲がらない、
新刺が基準種では茶色に対して、亜種では黒茶色、
中刺が基準種では1本に対して、亜種では2~3本、
等々があげられています。



130125--Sany0044--pflanzii v argentinense--GN 88-62-147--La Vina Salta 1000m--ex Milena
Gymnocalycium pflanzii ssp. argentinense    GN 88-62-147
La Vina, Salta, Arg. 1000m
( 天賜玉 (亜種) アルゼンチネンセ         GN 88-62-147   )





Sany0133--pflanzii v argentinense--STO 1258--S of Santa Clara 1025m Salta--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium pflanzii ssp. argentinense    STO 1258
south of Santa Clara, Salta, 1025m, Arg. 1000m
(Amerhauser seed (2009))
( 天賜玉 (亜種) アルゼンチネンセ        STO 1258   )







スポンサーサイト
2015.08.20 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |