fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


本日はGymnocalycium anisitsii (翠晃冠) です。

Paraguay, Bragil, Bolivia に分布します。
原種の、Gymnocalycium anisitsii (翠晃冠) は、あまり無いと思います。

Gymnocalycium の on line journal である、
Schuetziana (volum 12. Issue 2, (2021)に、
Volker Schaedlich 氏の、Gymnocalycium anisitsii (翠晃冠)に関する、
パラグアイ、ブラジルのレポートがあります。

土壌は細かく、砂と粘土からなる。雨が多く、洪水につかる。
刺は多様であり、短い、長い、ねじれた刺、、無刺。
花は白で、少し緑か、ピンクが混ざることもある。1年中開花。
古い株は円柱状、高さ25cmがあり, または13cm径のものもある。。



141118--Sany0193--anisitsii--VoS 28--Concepcion Paraguay 200m--ex Shimada--460

Gymnocalycium anisitsii
VoS 07-028
Concepcion Paraguay, 200m, Paraguay
(翠晃冠 ---- VoS 07-028 )


190914--DSC_3169--anisitsii--VoS 028--ex Shimada--460

Gymnocalycium anisitsii
VoS 07-028
Concepcion Paraguay, 200m, Paraguay
(翠晃冠 ---- VoS 07-028 )


220322--DSC_2540--anisitsii--VoS 01-023--SE of Porto Mortinho Mato Grosso do Sul Brazil 190m--VoS seed---460

Gymnocalycium anisitsii
VoS 01-023
south-east of Porto Mortinho, Mato Grosso do Sul, 190m, Brazil
(V. schaedlich seed)
(翠晃冠 ---- VoS 01-023 )

ブラジル産で、仔ふきの多いタイプです。
パラグアイ東部からブラジルに少し入ったところ、Mato Grosso do Sul に産します。


100614-Sany0109-anisitsii ssp multiprolyferum-HU 557-Piltz seed 1409--460

Gymnocalycium anisitsii v. multiproliferum
HU 557
(Piltz seed 1409)
(翠晃冠 (変種)マルチプロリフェルム  ---- HU 557 )

多く仔を出すタイプです。
病気、ウイルス感染とも云われているものです。



スポンサーサイト



2023.03.12 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |