fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

----------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。また、ギムノ各種の写真をインスタグラム
上げて行きますので、これもご利用ください。
--------------------------------------------------

本日は久々に G. kieslingii (キースリンギー)を取り上げました。

この種は、Sierra Ambato(アンバト山脈)の南端から
La Rioja(ラリオハ)州のSierra Velasco(ベラスコ山脈)
の東面にか けて自生します。

種名はアルゼンチンの植物学者 R. Kiesling に由来します。

九紋竜、羅星丸、緋花玉などと同じく、
Gymnocalycium 亜属に属します。

変種に、アレオーレの白い綿毛が特徴の v. alboareolatum 、
栗色の肌色が特徴の v. castaneumがあります。

これに近い種に、G.rosae(=G. baldianum v. albiflorum),
G. frankianum があり、G. Charles の本ではこれらを
G. kieslingii( キースリンギー )に含めています。


写真は古いピルツ種子の実生ですが、かなり縦長になっています。
冬のこの時期も青緑肌に白い刺が目立ちます。
220124--DSC_2270--kieslingii-OF 19-80--Piltz seed 2302--ex milena
220124--DSC_2271--kieslingii--OF 19-80--Piltz seed --ex milena

Gymnocalycium 
kieslingii           OF 19-80
Piltz seed 2302
( ギムノカリキウム属 キースリンギー   
OF 19-80  )






スポンサーサイト



2022.01.24 11:37 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |