fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

----------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。また、ギムノ各種の写真をインスタグラム
上げて行きますので、これもご利用ください。
--------------------------------------------------

本日はギムのが盛んであった時期の人気種の一つ、天王丸です。

天王丸は古くからよく栽培されてきた種ですが、
由来が不明です。
近年産地から入る原種にも、ヨーロッパの古くからの栽培品の中にも、
これに該当する種が見当たりません。

国内で学名として G. denudatum v. argentinense
が当てられており、この名称で入ったものと思いますが、
分類関係の文献にこの名称は現在用いられていません。

G. denudatum の系統はブラジル産がほとんどです。
アルゼンチン産は一種だけで、
G. angelae (アンゲラエ)がありますが、全く似ていません。

明らかにG. denudatum (デヌーダタム)に近い種で、
G. denudatum aff. ( デヌーダタム近縁種 )としています。

G. denudatum (デヌーダタム)に対しては、
花首が短いこと、種子が非常に大きいこと、
古くなると胴体がかなり大きくなること、
根際の地中から仔吹きすること、などが違いとして挙げられます。

G. denudatum (デヌーダタム)と同様に、
刺座の下のこぶ隆起が少なく、
刺座の間の横溝もほとんどありません。



写真は島村天王丸の現在の姿で、6稜から7稜に変わってきています。
和歌山の著名な栽培家であった、島村貞吉氏の名を冠した天王丸です。
クラブの春の和歌山方面バスツアーで、大きな温室にお邪魔し、
話したことがあります。

211220--DSC_2112--tennou maru--shimamura tennou--ex kameyama

Gymnocalycium denudatum aff.     (tennou-maru)
( ギムノカリキウム属 天王丸(島村天王丸)   (旧来品) )




次の写真は同じ島村天王丸ですが、2014 年の 5稜の時のものです。
一般的には5稜の時が見頃とされます。


141208--Sany0188--shimamura tennou --ex Kameyama

Gymnocalycium denudatum aff.     (tennou-maru)
( ギムノカリキウム属 天王丸(島村天王丸)   (旧来品) )



写真は三保谷天王丸ですが、古い栽培品で、8稜になり、さらに多くの仔が出ています。
天王丸の群生を作ってみようと、外さずに来ていますが、主株を日焼けさしてしまい、
うまく行っていません。
三保谷天王丸は豊川の著名な栽培家であった、僧職の三保谷南雪氏の名を冠した天王丸です。
古いシャボテン誌に訪問記が出ています。
211220--DSC_2113--mihoya tennou--ex Moriyama

Gymnocalycium denudatum aff.     (tennou-maru)
( ギムノカリキウム属 天王丸(三保谷天王丸)   (旧来品) )


次は、上の
三保谷天王丸の、小苗で5稜の時の写真です。

01071401-mihoya-tennou.jpg

Gymnocalycium denudatum aff.     (tennou-maru)
( ギムノカリキウム属 天王丸(三保谷天王丸)   (旧来品) )


次は、上の三保谷天王丸の、6稜の、見頃の時の写真です。
 
110429-Sany0138-mihoya tennou-Moriyama

Gymnocalycium denudatum aff.     (tennou-maru)
( ギムノカリキウム属 天王丸(三保谷天王丸)   (旧来品) )




スポンサーサイト



2021.12.23 11:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |