fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


---------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。また、ギムノ各種の写真をインスタグラム
上げて行きますので、時々のぞいてください。

--------------------------------------------------------


学名の eurypleurum は幅広い稜を意味します。
和名の勇将丸は戦前の、戦争の時代につけられた名称です。

パラグアイの北部、落葉樹の林の下などに自生します。
冬の落葉時以外は、日射のあまり強くない環境です。

仔吹きすることなく、径16cm まで、円板状に成長します。
刺は、長刺、短刺、曲刺、強刺など変化があります。


最初の写真は FR 1178 のフィールド No. で、
よく知られたF. Ritter (リッターによる最初の発見物です。

1960年代で、パラグアイの危険なインディアン支配地域に入り、
波乱万丈の探検の中で発見したとされています。

ドイツのウィンター商会の、姉のウィンター夫人より、
種子が販売されました。

パラグアイの Cerro Leon(レオン山地) 産です。

210918--DSC_1187--eurypleurum--FR 1178--at foot of Cerro leon--Alto Paraguay --koehres seed

Gymnocalycium eurypleurum    FR 1178
at foot of Cerro Leon, Alto Paraguay, Paraguay
( Koehres seed )
( ギムノカリキウム属 勇将丸   FR 1178 )




以下の写真は、旧来品の中にあった、
短刺、曲刺などの特異タイプです。


191229--DSC_4023--eurypleurum--jika mishou--curved spines -lonng spines

Gymnocalycium eurypleurum  
( ギムノカリキウム属 勇将丸   〔旧来品〕 )



14073--Sany0213--yuushou tansi--ex mrnk

Gymnocalycium eurypleurum  
( ギムノカリキウム属 勇将丸   〔旧来品〕 )




201208--DSC_8392--yuushou maru--ex mrk

Gymnocalycium eurypleurum  
( ギムノカリキウム属 勇将丸   〔旧来品〕 )



201211--DSC_8435--yuushou --curved spines--ex mrk

Gymnocalycium eurypleurum  
( ギムノカリキウム属 勇将丸   〔旧来品〕 )





スポンサーサイト



2021.09.20 10:30 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |