fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

----------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、

産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。また、ギムノ各種の写真をインスタグラム
上げて行きますので、時々見ていただければ幸いです。
-----------------------------------------------------------------------

G. paucispinum [AGG]
(= G. bodenbenderianum [G. Charles])
(= G. bodenbendeianum v. paucispinum )
(= G. riojense ssp. paucispinum)
(= G. sp. Telaritos)
(= G. sp. Tel)


最初の写真は G.rriojense v. paucispinum として、
2019年秋にウクライナから苗で入れたものです。

販売サイトには、強い刺の親木の写真が出ていましたが、
交配の相手はわかりません。
幸い強い刺が出ています


210915a--DSC_1182--riojense v paucispinum--ex ukraine

Gymnocalycium paucispinum   〔ex〕Ukraine
( ギムノカリキウム属 パウキスピナム  〔ex〕ウクライナ  )



以下はG. paucispinum の少し古い写真です。
次は上のウクライナ産に似たタイプです。
200222--DSC_4377--bodenbenderianum v paucispinum--STO 510--Sierra Brava LR--Bercht sed 2620 (2015)

Gymnocalycium paucispinum    STO 510
Sierra Brava, La Rioja, Argentina
( Bercht sed 2620 (2015) )
( ギムノカリキウム属 パウキスピナム  STO 510 )




短い刺のタイプです。
110705-Sany0229-G. riojense-v. paucispinum-STO 007-Eden 15036

Gymnocalycium paucispinum    STO 007
( (ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 パウキスピナム  STO 007 )




黒っぽい肌に、黒刺のタイプです。
141231--Sany0103--bodenbenderianum--P 122--Piltz seed

Gymnocalycium paucispinum   P 122
Recreo, 500m, Argentina
( Piltz seed  )
( ギムノカリキウム属 パウキスピナム  P 122 )


少し白い粉を吹いたものです。
150725--Sany0206--sp Telaritos--STO 120--ex Eden

Gymnocalycium paucispinum   STO 120
Telaritos,Catamarca, Argentina
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム属 パウキスピナム  STO 120 )





スポンサーサイト



2021.09.18 10:03 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |