fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------

Gymnocalycium pflanzii ssp. dorisiae ( ドリシアエ )

G. pflanzii ssp. dorisiae [AGG]
(= G. pflanzii [G. Charles])

写真は G. pflannzii (天賜玉) の亜種のドリシア エ(ssp. dorisiae)の開花です。

G. pflannzii (天賜玉)の系統は は緑色のつや消し、羅紗肌が魅力です。

G. pflannzii (天賜玉)はボリビアの低地の産ですが、
この亜種は 基本種の産地より大きく西へ離れた
2000m以上の高地に産します。

この STO 1004 はボリビアのタリハ州の
Rio Paichu (リオパイチュ)、標高 2300m の高地の産です。
G. cardenasianum (光琳玉)の産地に近いところです。

基本種との差異としては、
古くなると短円柱状になること、
頭頂部に黒い新刺が密生すること、
花が小さいことなどが挙げられています。

G. Charles(チャアールス) の著書では、
基本種と大差ないとしてG. pflanzii に含めています。



200523--DSC_5955--pflanzii ssp dorisiae--STO 1004---Rio Pacihu 2300m Tarija Bolivia-Amerhauser seed (2009)
200523--DSC_5956--pflanzii ssp dorisiae--STO 1004--
Gymnocaycium pflanzii ssp. dorisiae  STO 1004
Rio Paichu 2300m, Tarija, Bolivia
(H. Amerhauser seed)
( ドリシアエ STO 1004 )




スポンサーサイト



2020.05.25 09:37 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |