fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------

Gymnocalycium megalothelon v. susannae [AGG]
(= G.ymnocalycium denudatum [G. Charles]

写真はG. megalothelon(メガロテロン)の赤花の変種の
c. susannae です。

G. megalothelon(メガロテロン)は南ブラジル産で、
G. denudatum(デヌーダツム) に比べて大きくなり、
稜のコブ隆起が大きく、稜の横溝が深く、曲刺が胴体に密着します。

以前はG. megalothelos(メガロテロス)とされて
いましたが、文法上の理由から変更されています。

G. Charles (チャールス)の本では、
G. denudatum(デヌーダツム) と同種とされています。

国内の普及している海王丸は、この種の近縁種か、
この種ががもとになった交配種と考えられています。



200514--DSC_5663--megalotheron v susannae--HT 250-
Gymnocalycium megalothelon v. susannae   HT 250
(Amerhauser seed (2009))
( ギムノカリキウム属 メガロテロン (変種) スサナエ HT 250 )



スポンサーサイト



2020.05.15 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |