fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------

G. chubutense v. dubniorum 〔AGG〕
(= G. gibbosum 〔G. Charles〕)
(= G. dubniorum )
(= G. kubesai)

九紋竜の系統の小型種です。
G. chubutense (チュブテンセ)の変種とされます。
G. kubesai (クベサイ)の別名があります。

径4cmまで小さな胴体で、青灰色から灰色の肌色、
灰色の刺とされています。
九紋竜の系統には珍しく扁平な形状です。

球体が小さいうえに、、肌色も、刺の色もグレーで、
刺も弱く、地味な外観です。

花は、九紋系で一般的な白色の大輪ですが、
花底が黄色で、外弁にピンク色が入ります。

アルゼンチンの南部の Chubut (チュブト)州、
大西洋に面する海岸地帯、海抜 0~5m に産します。
海岸の石の多い砂地とされています。

海抜 0m というのは、どんなところにあるのか、
産地の写真をネットで探していますが、
見つかりません。

ギムノカリキウム属のネット雑誌 Schuetziana に
Volker Schaedrich 氏の産地調査レポートが出ていますが、
Chubut 州のこのあたりではカクタスは見つからなかった
となっています。花が咲いていないと見つけにくいのかも知れません。




200511--DSC_5619--dubiniorum--JPR 68-154--Puerto Madryn--Piltz seed 4690(2009)
200511--DSC_5622--dubiniorum--JPR 69-154--piltz seed
Gymnocalycium chubtense v. dubniorum          JPR 68-154
Puerto Madryn, Chubut, 0m, Argentina
(Piltz seed 4690(2009))
 (ギムノカリキウム属  ドウブニオラム           JPR 68-154  )





200511--DSC_5623--dubiniorum-JPR 68-154--Bercht seed 1562(2008)
200511--DSC_5625--dubiniorum--JPR 68-154--Bercht seed
Gymnocalycium chubtense v. dubniorum          JPR 68-154
Puerto Madryn, Chubut, 0m, Argentina
(Bercht seed 1562(2008))
 (ギムノカリキウム属  ドウブニオラム           JPR 68-154  )









スポンサーサイト



2020.05.12 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |