FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ



------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。
-------------------------------------------------------------


Gymnocalycium armatum
(= Gymnocalycium cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= Gymnocalycium cardenasianum [G. Charles])
(= Gymnocalycium cardenasianum fa. armatum )
(= Gymnocalycium spegazzinii ssp. armatum)

本日はRio Paichu (リオパイチュ)産の
直刺が突き出すタイプのアルマツムです。

新刺が黒刺のタイプが魅力的ですが、
実生からなかなか出てくれません。

最初の写真が黒刺に近いタイプです。

ネットで見ると、チェコの販売サイトに、
黒刺のタイプが出ています。
チェコの種子販売リストに、黒刺のメモのついた
G. armatum の種子が出ています。

ebayの販売サイトには黒い新刺のアルマツムを
時々見かけるのですが。

アルマツムはギムノの人気種である光琳玉の亜種
とされています。

発見されたの光琳玉の少し後で古いのですが、
多くの人が探索に行ったにもかかわらず、
長い間再発見できずに数10年が経過し、
2002年になって再発見されて注目されました。

光琳玉の産地に近く、同様にボリビアの高地に産します。
標高 2500m~ 2700m になります。

Rio Paichu 産の直刺が突き出すタイプが代表的なアルマツムですが、
少し離れた地域(Tomapayo 他)にやや曲がった刺のタイプがあります。
これらは研究者によっては光琳玉との中間タイプとされています。
光琳玉の一タイプとされることもあります。





200125--DSC_4192--armatum--VoS 074--Bercht seed 2358 (2014)
Gymnocalycium armatum  VoS 074
Paichu Centrro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2358 (2014))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    VoS 074 )






200125--DSC_4198--armatum--VS 579--Eden IB 19655 (2018)
Gymnocalycium armatum  VS 579
Paichu Centrro, Tarija, Bolivia
( (ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 アルマツム    VS 579 )





200125--DSC_4204--armatum--HTH 143--Pilz seed 7100
Gymnocalycium armatum  HTH 143
Tmapayo, Tarija, Bolivia
( Piltz seed 7100 (2016))

( ギムノカリキウム属 アルマツム    HTH 143)






200125--DSC_4203--armatum--JO 129.1--Bercht seed
Gymnocalycium armatum  JO 129.1
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2356 (2014))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    JO 129.1) 




次の写真はカクタス・モラビアの昨年の種子の実生で、
まだキリンウチワ接ぎの状態ですが、黒い新刺が出ています。
種子リストに(black)のメモのついている分です。
200128a--DSC_4228--armatum--VS 579--w of Paichu Centro Tarija--Cactus Moravia seed (2020)
Gymnocalycium armatum  VS 579  (grafted)
west of Paichu Centro, Tarija, Bolivia
( Cactus Moravia seed  (2019))
( ギムノカリキウム属 アルマツム  VS 579  ) 















スポンサーサイト



2020.01.26 09:09 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |