FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
サボテン科 ギムノカリキウム属各種の種子を入手し、その実生育成に注力して
います。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。 なお、ホームページにギムノ全種の
写真一覧がありますので、適宜ご利用ください。

--------------------------------------------------------------------------

Gymnocalycium pflanzii v. paraguayense [ AGG]


写真は 天賜玉(変種)パラグアイエンセ です。
2011年の実生で、もう8年になります。

G. pflanzii ( 天賜玉 )の基準種はボリビア産ですが、
亜種、変種として、
アルゼンチン産の ssp. argentinense(アルゼンティネンセ)、
ボリビアの高地産の ssp. dorisiae(ドリシアエ)、
パラグアイ産の v. paraguayens
 e(パラグアイエンセ)
があります。

v. paraguayens e(パラグアイエンセ)は
ボリビアの基準種の産地から大きく離れて、
パラグアイ東部に産します。
到達困難な土地とされています。

基準種と外観上の大きな差異はないようですが、
大抵真っ直ぐで、硬い刺、
常に存在する中刺があげられてはいます。
手元にある基準種と、この実生苗を比較するところでは、
差異ははっきりしません。

このピルツ種子実生は、FNがついておらず、
産地名がありますが、地図で確認できず、
少し疑問はあります。
ただこの苗は刺が太いように思います。

V. Schaedrich 氏の今年の種子で、
G. pflanzii v. paraguayense VoS 01-008
の実生をしていますが、3つ発芽して、
半年でまだ径2mmくらいで、ほとんど成長しておらず、
先行き心もとない状況です。
G. pflanzii の系統はギムノの中でも、種子が最も小さく、、
苦労します。


191102--DSC_3629---pflanzii v paraguayense--Pilcomayo Paraguay--Piltz seed 1123(2011)
191102--DSC_3627--pflanzii v paraguayense--piltz seed
Gymnocalycium pflanzii v. paraguayense     
Pilcomayo,  Paraguay
( Piltz seed 1123 (2011))

( 天賜玉 ( 変種 ) パラグアイエンセ    (ピルツ種子1123 実生 ))






スポンサーサイト



2019.11.10 10:53 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |