FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
サボテン科 ギムノカリキウム属各種の種子を入手し、その実生育成に注力して
います。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
--------------------------------------------------------------------------

G. basiatrum [AGG(2013~)]
(= G. bodenbenderianum [AGG(~2013)])
(= G. bodenbenderianum [G. Charles(2008)])

本日は旧来品の怪竜丸です。
古くから代表的なギムノのとして人気があり、
よくつくられています。

怪竜丸は 
G. bodenbenderianum として 輸入されたもので、
古い(シャボテン誌)に原地球の写真が
この名称と共に出ています。

学名は 
G. bodenbenderianum とされてきましたが、
長年の論争に結論が出たようで、
2013 年に変更され、
現在は G. basiatrum (バシアトラム) とされています。

もっとも趣味栽培の場では、G. bodenbenderianum の名称も
残っており、二つのの名前が使われています。
Eden Plants, Milenaudisi oなど実生小苗の販売業者は
 G. basiatrum (バシアトラム) に変えています。



次の写真の怪竜丸は現在径11㎝です。
だいぶ大きくなって目立ちませんが、
これで刺の強い方です。
この種はあまり仔を出さないのですが、
これは3つの仔が出ています。
191027--DSC_3542--kairyuu maru--ex kikakusha
191026--DSC_3543--kairyuu--.jpg
Gymnocalycium basiatrum
 ( ギムノカリキウム属 怪竜丸    [旧来品] )



次の怪竜丸は径12㎝になります。
稜の多いタイプで、現在19稜あります。
また根元が黒い刺が一般的ですが、
これは根元から先端まで黒い刺です。

191106--DSC_3657--kairyuu--ex kobayashi(2014)
191106--DSC_3658--kairyuu--ex kobayashi

Gymnocalycium basiatrum
 ( ギムノカリキウム属 怪竜丸    [旧来品] )





次の怪竜丸は、まだ径7㎝ですが、
こちらの栽培品の中では一番の強刺で、
期待しているものです。

191104--DSC_3649--kairyuu--ex mrk
Gymnocalycium basiatrum
 ( ギムノカリキウム属 怪竜丸    [旧来品] )



次の怪竜丸も強刺を期待しているものですが、
まだ小さく、径5cmでわかりません。

191104--DSC_3644--kairyuu--ex ooshi
Gymnocalycium basiatrum
 ( ギムノカリキウム属 怪竜丸    [旧来品] )


次の怪竜丸は刺の先の方が白いのが目立つタイプです。


国内の実生品です。




191104--DSC_3640--kairyuu--ex coron
Gymnocalycium basiatrum
 ( ギムノカリキウム属 怪竜丸    [旧来品] )







スポンサーサイト



2019.11.06 10:12 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |