fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 


G. carminanthum v. montanum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum v. montanum [AGG] )
(= G. oenanthemum [G. Charles] )
(= G. tillianum ssp. montanum )

この時期のギムノとしては珍しく、赤い花が咲きました。
写真はカルミナンサム(変種)モンタナムです。

これはKoehres(ケーレス)種子の
G. carminanthum v. minimum の実生ですが、
G. carminanthum v. montanum
( カルミナンサム(変種)モンタナム )と考えています。

基準種の G. carminanthum (カルミナンサム)に対して、
より小さな胴体、より青い肌色、より小さな花、
胴体から突き出す刺 などが特徴とされます。

アルゼンチン、Catamarca (カタマルカ)州の、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)の産で、
基準種に比べて高地に自生します。
変種名の( montanum) は(山地性の)を意味します。





190929--DSC_3336--carminanthum minimum-Koehres seed
Gymocalycium carminanthum v. montanum   
(Koehres seed )
(カルミナンサム(変種)モンタナム     (ケーレス種子実生) )






スポンサーサイト



2019.10.04 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |