FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium armatum
(= Gymnocalycium cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= Gymnocalycium cardenasianum [G. Charles])
(= Gymnocalycium cardenasianum fa. armatum )
(= Gymnocalycium spegazzinii ssp. armatum)

熱帯夜の続くこの時期、新刺をさかんに出して
成長しているものは多くないのですが、
このアルマツムが目につきました。

今回は、Rio Paichu(リオパイチュ)産の
直刺のタイプです。

ネットで見ると、チェコの栽培品に新刺が黒刺のものが
ありますが、実生からはなかなか出てくれません。
ebay にも時々黒刺のアルマツムををみかけますが。

アルマツムはギムノの人気種である光琳玉の亜種
とされています。
発見されたのは古いのですが、
長い間産地が再発見できずに数10年が経過し、
2002年になって再発見されて注目されました。

この種は、趣味栽培の場では(実生小苗の販売リスト、
種子販売のリストなど)では
単にG. armatum とされることが多いですが、
AGG はG. cardesianum (光琳玉)の亜種としています。
G. Charles のギムノの本ではG. cardesianum (光琳玉)の一タイプとし、
これに含めています。
また、G. spegazzinii (天平丸)の亜種とする研究者もあります。

光琳玉の産地に近く、同様にボリビアの高地に産します。

Rio Paichu 産の直刺が突き出すタイプが代表的なアルマツムですが、
少し離れた地域(Tomapayo 他)にやや曲がった刺のタイプがあり、
これらは研究者によっては光琳玉との中間タイプとされています。




190823--DSC_3015-armatum--VoS 074--Paichu Centro--Bercht seed 2358(2014)
Gymnocalycium armatum  VoS 074
Paichu Centrro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2358 (2014))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    VoS 074 )


190823--DSC_3018--armatum--Paichu centro --VS 579---ex Eden
Gymnocalycium armatum  VS 579
Paichu Centrro, Tarija, Bolivia
( (ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 アルマツム    VS 579 )



190823--DSC_3021--armatum--JO 129-1--Bercht seed
Gymnocalycium armatum  JO 129.1
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2356 (2014))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    JO 129.1)


次の株は接木で大きくしたもので、径10㎝になります。
日焼けさせてしまい、その跡がなかなか下にまわりません。
190823--DSC_3025--armatm--JO 974.2--Paichu Centro Tarija Bolivia--Bercht seed 2917(2013)
Gymnocalycium armatum  JO 974.2
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2917 (2013))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    JO 974.2 )






スポンサーサイト



2019.08.24 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |