fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------



G. ragonesei f. roseiflorum
(= G. ragonesei 〔AGG〕)
(= G. ragonesii )


ラゴネシー(品種) ロセイフローラムのピンク色の
つぼみがだいぶ大きくなりました。

ラゴネシーの基準種は白花ですが、
この種は白い花弁の中筋、花底にピンク色が入ります。

つぼみは濃いピンク色です。
花軸全体が濃いピンク色のものと、
花軸が茶色で、鱗片がピンク色のものがあります。

この苗はチェコのJ. Jecminek (ジェクミネク)氏の種子の実生
です。
チェコで多く栽培されているようです。


190413--DSC_0934--ragonesei f roseiflorum--Jecminek seed X-2782-A (2013)
ragonesei f. roseiflorum
( Jecminek seed X-2782-A (2013))
( ギムノカリキウム属 ラゴネシー(品種) ロセイフローラム   Jecminek 種子実生 )




次の写真は普通のラゴネシーの P 18 です。
こちらの方は黒茶色のつぼみです。
190413--DSC_0936--ragonesei--P 18---Salinas Grandes Cordoba--Mesa seed 484.465
Gymnocalycium ragonesei       P 18
Salinas Grandes, Cordoba, Argentina
( Mesa seed 484.465 )
( ギムノカリキウム属 ラゴネシー  P 18 )






スポンサーサイト



2019.04.20 09:15 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |