fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium bruchii ssp. lafaldense [AGG]
(= Gymnocalycium bruchii [G. Charles])
(= Gymnocalycium lafaldense )


4月に入り、ギムノの花のシーズンです。
羅星丸系の開花がはじまりました。

写真はローランド種子実生のラファルデンセです。
ラファルデンセは数本ありますが、この株が毎年早いようです。
数日前のつぼみの写真をつけています。

この種は、AGG 分類では G. bruchii(羅星丸)の亜種とされています。
ピンク色の花で、微香があります。

基準種がギムノの中でも最も小さく、
径が2cm までであるのに対して、
この亜種はもう少し大型で径3.5cm までとされます。
同様に良く仔吹きします。

亜種名は産地に由来し、アルゼンチンのCordoba(コルドバ)州、
La Falda(ラファルダ)の近辺に産します。




190406--DSC_0744--lafaldense--Rowland seed 2068
190403--DSC_0683--lafaldense--Rowland seed 2068 
Gymnocalycium bruchii ssp. lafaldense
( Rowland seed )
(羅星丸(亜種)ラファルデンセ   ローランド種子実生)








スポンサーサイト



2019.04.06 12:16 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |