fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. hossei [AGG] 〔G. Chaeles〕
(= G. mazanense )

写真のギムノは Gymnocalycium hosseiv. breviflorum
の名前で入手したもので、この時期に新刺を出しています。

これは種としては Gymnocalycium hossei (ホセイ、魔天竜)で、
その一タイプと考えられています。
v. breviflorum は短い花を意味し、子房部分が短い花のようです。

このG. hossei は 以前はG. mazanense (魔天竜)とされていましたが、
最近のギムノの分類では、より古い名称の G. hossei が採用されています。
AGG のギムノの分類リストも、G. Charles(チャールス)のギムノの本も
この種を G. hossei (ホセイ)としています。

もっとも栽培の場では(実生小苗の販売業者のリスト、種子販売のリスト、
各地の栽培場のラベル表示などでは)、
G. hosseiとG. mazanense の二つの名称が混在しています。

アルゼンチンのLa Rioja (ラリオハ)州の北東部から
Catamarca(カタマルカ)州にかけて、

Mazan (マザン) 近辺の地域に分布します。

(追記)
国内に(守金魔天)の名称で販売されているギムノがあります。
黒っぽい、太く曲がった刺の魅力的なギムノで、
一時期大変人気がありました。

これが何なのか、魔天竜ではないように思い、
原種のギムノに該当するものがないか、調べていますが、
分かっていません。

これはもともとI 園より出たもので、I 園初代の鈴木守金氏が
アルゼンチンの知人から入手したものと聞いています。
根岸氏のつくられたビデオの中に、鈴木守金氏のインタビューがあり、
(これは魔天竜ではないかもしれない)との話がありました。



190108--DSC_0117--hossei v breviflorum--(ex) Eden 12223 (2009) 
Gymnocalycium hossei     
((ex) Eden)
 (ギムノカリキウム属 魔天竜                 (旧来品))






スポンサーサイト



2019.01.27 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |