FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

最初の写真は国内でつくられてきた旧来品のグリセオパリダムの開花です。
次の写真は、ピルツ種子実生の G. griseopallidum ( グリセオパリダム)です

G. griseo-pallidum は古くバッケベルグの記載(現在では無効とされる)ですが、
AGG の H. Till (ティル)氏が原記載に該当するとして新たに記載した
G. anisitsii v. griseopallidum があります。

ただ、これは古くからヨーッロパ、日本で栽培されてきた旧来品とは
外観が全く異なることが V.Schaedlich (シェ―ドリヒ) 、
G. Charles(チャールス)氏らにより指摘されています。

旧来品に近いタイプに、A. Lau 氏の 1970 年の採集品 L 368 があり、
G. griseopallidum (sensu) Lau と呼ばれることがあります。

G. griseopallidum L 368
Salinas de san Jose, Cordillera, 400m, Santa Cruz, Bolivia

写真のピルツ種子の実生は、国内で古くからつくられてきた
グリセオパリダムに近いタイプです。

産地では灰白色の肌とされていますが、
栽培では明るい緑色の肌になります。
よく仔吹きします。

ギムノの盛んな時代には、わりとよくつくられた種で、
品評会にも出品されれました。



180614--Sany0139--griseopallidum--ex Moriyama (2000)--
Gymnocalycium griseopallidum
( グリセオパリダム   (旧来品 ))




180625--Sany0084--griseopallidum--Chaco Bolivia--Piltz seed 2178(2011)
Gymnocalycium griseopallidum
Chaco,  Bolivia
( Piltz seed 2178 )
( グリセオパリダム   (ピルツ種子 2178 実生 ))





スポンサーサイト
2018.07.01 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |