FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. melanocarpum [AGG]
(= G. hyptiacanthum v. melanocarpum [G. Charles])
(= G. urguayense v. melanocarpum)

G. melanocarpum ( メラノカルプム ) が開花しました。
花径 10cm のギムノとしては大きな黄花です。

ウルグアイエンセの系統は3月末から4月にかけてが
花の季節で、この時期に咲くことはあまりありません。

昨年の開花も遅く、7月18日に咲いています。
この時は花径はそれほど大きくありません。

この種はウルグアイ産で、 G. urguayense (ウルグアイエンセ)
に近い種です。
G. urguayense (ウルグアイエンセ) の変種にされていることも
あります。

種名は黒い果実を意味し、濃いオリーブ緑色の果実に由来します。



Sany0136--uruguayense v melanocarpum--LB 2700--Bercht seed 3110 (2010)
Sany0134--uruguayense v melanocarpum--LB 2700--Bercht seed 3110 (2010)Sany0171--urguayense v melanocarpum--LB 2700--Bercht seed
Gymnocalycium melanocarpum   LB 2700 
Espinal along the Ruta 20, Uruguay
(Berct seed 3110(2010))
( メラノカルプム             LB 2700 )





スポンサーサイト
2018.06.06 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |