ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. damsii v. multiproliferum
(= G. damsii ssp. evae v. multiproliferum 〔AGG〕)
(= G. anisitsii ssp.damsii 〔G. Charles〕)
(= G. anisitsii ssp. multiproliferum)


最初の写真はメサ種子実生のG. damsii v. multiproliferum です。
G. damsii ( 麗蛇丸)の仔吹きタイプの変種です。

二番目の写真は、ピルツ種子の G. anisitsii v. multiprolyferum
の実生ですが、G. damsii v. multiprolyferum とされるものと同じ種です。

このあたりは G. anisitsii (翆晃冠)と G. damsii (麗蛇丸)の
中間的な領域で、研究者により判断が変わります。

実生すると、径1㎝程度でもう仔吹きしてきます。 
産地の情報として、大きな個体では200以上の側芽を
出していると書かれています。

産地は、ブラジルの Mato Grosso do Sul (マト・グロソ・ド・スル)州ですが、
パラグアイ北部から東へ 国境を超えて、
わづかにブラジル側に入ったところです。
この地域のギムのはこれだけで僅かです。

ブラジル産のギムノは、この他に G. denudatum (デヌーダタム)があり、
こちらはアルゼンチンの東側の Rio Grande do Sul(リオ・グランデ・ド・スル)州で
広いi地域に大量に自生します。





Sany0019--anisitsii ssp multiprroliferum--HU 557--Piltz seed 1409
G. damsii v. multiproliferum 
(Mesa seed 461.64)          
(  麗蛇丸(変種)ムルチプロリフェラム       メサ種子461.64 実生)



Sany0017a---anisitsii ssp multiproliferum-HU557-Piltz 1409
G. damsii v. multiproliferum             HU 557
Porto Murtinho, Mato Grosso do Sul, Brazil
(  麗蛇丸(変種)ムルチプロリフェラム      HU 557   )






スポンサーサイト
2018.02.22 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |