FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. armatum
(= G. cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= G. cardenasianum [G. Charles])
(= G. cardenasianum fa. armatum )
(= G. spegazzinii ssp. armatum)

この秋の時期にアルマツム(JO 974.2)の花が咲きました。

写真のJO 974.2、LB 3466, VoS 74 は全て産地が
Paichu Centro (パイチュセントロ)です。

G. armatum の産地は、他に Tomapayo, Rio Tarija Puno
などがありますが、Paichu Centro 以外の産地のものは、
研究者によっては、G. cardenasianum (光琳玉)との中間タイプとか、
G. cardenasianum (光琳玉)の一タイプされることがあります。

G. armatum (アルマツム )は、
AGG はG. cardenasianum (光琳玉)の亜種としています。
G. Charlese(チャールス)の本では光琳玉と同種になっています。
G. spegazzinii (天平丸)の亜種ととする研究者もあります。

この種は G. cardenasianum (光琳玉)の発見者の F. Ritter が
1963年に光琳玉に近縁でより強刺の種として発表したものです。

1980年になって、G. cardenasianum (光琳玉)ともに、
独立した種として学術記載しています。

その後、多くの人の産地調査にもかかわらず、
再確認されずに時間が経過しました。

欧州にもたらされた僅かな資料からは、
光琳玉との違いはほとんどないとも云われてきました。

数十年を経た2001年になって、
F. Ritter 氏の記述に合うものが再発見され、
その後数ヵ所の自生が確認されて、
最近では多くのFNの種子が市販されています。

産地の写真を見ますと、光琳玉に比べて、
胴体が扁平で少し小型であり、
長く黒っぽい直刺が突き出すように出ているものが
多く見られます。

より小さな花、より大きな種子 ―― といった特徴も
記されています。





Sany0134--armatum--JO 974.2--Paichu Centro Tarija Bolivia--Bercht seed 2917 (2013)
Gymnocalycium armatum   JO 974.2
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 1892(2012)) 
( アルマツㇺ       JO 974.2 )



Sany0146--armatum--LB 3466--Paichu Centro--Bercht seed 2357(2014)
Gymnocalycium armatum   LB 3466
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 2357(2014)) 
( アルマツㇺ     LB 3466  )



Sany0149--armatum--VoS 74--Paichu Centro--Bercht seed 2929 (2013)
Gymnocalycium armatum   VoS 074
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 2929(2013)) 
( アルマツㇺ      VoS 074  )





スポンサーサイト
2017.10.19 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |