ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. friedrichii v. albiflorum 
(= G. stenopleurum [AGG])
(= G. stenopleurum [G. Charles])

写真は ピルツ種子実生の、
G. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉) HU 314 です。
HU 314 の実生の中で、最も綿毛の多いタイプです。
白い花と赤い果実をつけています。

G. friedrichii (牡丹玉) に比べると少し大型です。
古くなって柱状になっていましたが、
今春胴切りして発根させ、短くしました。

この種はG. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉)
とされていましたが、その後 AGG はこの種を
G. stenopleurum(ステノプレウラム)と同種 としています。

パラグアイのギムノに詳しいV. Schaedlicih(シェードリヒ)氏
の G. friedrich, G. stenopleurum に関する最近のレポートでは、
G. stenopleurum(ステノプレウラム)の産地は
パラグアイの Cerro Leon で、
この HU 314 の産地とは大きく離れています。
この辺りの分類もよくわからないところがあります。




Sany0103--friedrichii v albiflorum--HU 314--
Gymnocalycium friedrichii v. albiflorum  HU 314
Posto Nueva Asuncion, Nueva Asuncion, Paraguay
(Piltz seed 3288)
( 白花牡丹玉 HU 314 )



スポンサーサイト
2017.10.17 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |