ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. horridispinum
(= G. monvillei ssp. horridispinum [AGG])
(= G. horridispinum ssp. horridispinum [G. Charles])

写真は G. horridispinum ( ホリディスピナム )の開花です。
濃いピンクの花です。
秋の花は少し小さいようです。

ギムノの花は多くが 4~6 月ですが、秋になってからも
ぽつぽつ咲くものがあります。

種名は(恐ろしい刺)の意で、長い多数の直刺を突き出します。
刺が大して太くないのですが、硬くて曲がらず、
植え替えの時は取扱いに苦労します。

縁刺も突出していて、どれが中刺か判別しにくいですが、
4本の中刺とされています。

G. monvillei(モンビレイ)、
G. achirasense (アチラセンセ)に近い種です。

古くなると、柱状に成りがちです。




Sany0021--horridispinum--ex Eden 13507
Gymnocalycium horridispinum
( ホリディスピナム      (旧来品) )









スポンサーサイト
2017.09.29 08:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |