ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

天平丸はギムノの中で指折りの人気種です。
変異が大きい中で、強刺、長刺、白刺、黒刺、紫肌などの
鑑賞上素晴らしいタイプが選抜され、栽培されています。

写真の最初の2点は原種の天平丸です。

この種は G. cardenasianum (光琳玉)、
G. bayrianum (バイりアナム)に近い種です。

アルゼンチンのSalta (サルタ)州から、
Catamarca (カタマルカ)州、Tucuman (ツクマン)州
にかけて産します。
標高が高く、乾燥した地域です。

変種に v. punillense(プニレンセ)、v. major(マジョール)、
亜種に ssp. sarkae (サルカエ)があります。




Sany0185--spegazzinii--P 043--Sierra de Quines Salta 1700m--ex Eden 10890
Gymnocalycium spegazzinii     P 043
Sierra de Quines, Salta, Arg.  1700m
(天平丸    P 043 )


Sany0111--spegazzinii--Imp Koop--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium spegazzinii     
( Imp. Koop)
(H. Amerhauser  seed(2009))
(天平丸   (アメルハウサー)種子実生))


Sany0175--tenpei--ex Houmei en
Gymnocalycium spegazzinii     
(天平丸     (旧来品))






スポンサーサイト
2017.08.01 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |