ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. cardenasianum ssp. armatum [AGG]
(= G. cardenasianum [G. Charles])
(= G. cardenasianum fa. armatum )
(= G. spegazzinii ssp. armatum)
(= G. armatum )

写真は実生三年、キリンウチワ接ぎの
G. armtum ( アルマツム )です。
やっと長い刺が出るようになりました。

JO 129.1, VoS 074 は Paichu Cenrto (パイチュ セントロ)産で
G. armatum (アルマツㇺ)とされるものです。

三枚目の VS 300 は Parokia 産で、
G. armatum (アルマツㇺ)とされていますが、
G. cardenasianum (光琳玉)との中間形態とされる
こともあります。

ネットでヨーロッパ(特にチェコ)の栽培品を見ると、
黒い刺、非常に長い刺のものが見られますが、
実生からなかなからこういう魅力的なタイプが出てくれません。





Sany0051--armatum--JO 129.1--Paichu Centro--bercht seed
Gymnocalycium armatum JO 129.1
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 2356(2014))
( アルマツㇺ      JO 129.1 )


Sany0048--armatum--VoS 074--Paichu Centro--Bercht seed 2358(2014)
Gymnocalycium armatum     VoS 074
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 2358(2014) )
( アルマツㇺ     VoS 074 )




Sany0046--armatum--VS 300--Rio Toraja Puno, Parokia,Tarija, 2854m、Bol.--Bercht seed 2359(2014)
G. armatum    VS 300
Rio Toraja Puno, Parokia,Tarija, 2854m、Bolivia
Bercht seed 2359(2014)
( アルマツㇺ     VS 300)










スポンサーサイト
2017.04.01 10:45 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |