ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. castellanosii ssp. bozsingianum v. armillatum [AGG]
(= G. castellanosii [G. Charles])
(= G. castellanosii v. armillatum )

以前は G. castellanosii(剣魔玉)の変種になっていましたが、
亜種の G. bozsingianum (ボズシンギアナム)により近いとして
後者の変種に変更されています。

種名は(武装した)の意で、針状の刺が胴体から突き出るように出ます。

産地は La Rioja (ラリオハ)州の南端部で、
G. castellanosii のグループの各種
(G. castellanosii, v. rigidum, ssp. bozsingianum,
G. acorrugatum など) の中では一番南になります。






Sany0222--castelanosii v armillatum--P 217--Ulapes LR 500m--Eden 12714
Sany0223--castellanosii v armillatum--P 217--ex Eden
Gymnocalycium castellanosii ssp. bozsingianum v. armillatum
 P 217                Ulapes,  La Rioja, 500 m, Arg.
(ボズシンギアナム (変種) アルミラタム        P 217  )







スポンサーサイト
2013.12.31 10:00 | Castellanosiana(剣魔玉他) | トラックバック(-) | コメント(0) |