fc2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

種名は狭い稜の意で、薄い鋭稜が特徴です。

写真の P 435 は特に薄い稜ですが、
同じ時の実生の中に、刺座の綿毛の多少、稜の数、
紫がかった肌色に変異が見られます。
写真の株は、アレオーレの綿毛が多いと共に、
稜の数の多いタイプで、白毛が目立ちます。

北西パラグアイに産し、G. friedrich (牡丹玉)
に近い種です。
AGG は2008年の改訂で、以前に牡丹玉の変種とされた、
G. friedrich v. albiflorum(白花牡丹玉)を
この G. stenopleurum に含めています。




130201--SANY0097a--stenopleurum--P 435--Piltz seed
130209a--Sany0108--stenopleurum--P 435--Piltz seed
Gymnocalycium stenopleurum   P 435
Americo Picco, Nueva Asuncion, Paraguay,
( ステノプレウラム        P 435 )





スポンサーサイト



2013.02.10 10:10 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |