ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. buenekeri [AGG]
(= G. horstii ssp. buenekeri [G. Charles])

これは、聖王丸あるいはペンタカンサの和名で
普及している種ですが、接木で特に大きな
サイズになったものです。

現在、径は16㎝あり、三角柱の接下ろしで、
入手後10数年になります。

下の方の写真は、10年くらい前の姿で、
この時点で5稜で増稜し始めています。
今では8稜になっています。

聖王丸を接木することはあまりないと思いますし、
三角柱接ぎで長年もつのも珍しいかも知れません。





111126--Sany0197-buenekeri-sankaku tugiki 16cm--yms
G.  buenekeri         (grafted)
(  聖王丸            (旧来品)  (接木) )


00030402.jpg
G.  buenekeri         (grafted)
(  聖王丸            (旧来品)  (接木) )


スポンサーサイト
2011.11.30 10:23 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |