ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

Catamarca(カタマルカ)州の Sierra Ambato(アンバト山脈)の、
低地に白花の G. ambatoense、
高地に赤花の G. carminanthum(カルミナンサム)と
G. tillianum(チリアナム)が産します。

種名はオーストリアの Hans Till 氏に由来します。
チリアナム はカルミナンサムに比べて、
より小さくて、暗い赤色の花、放射状の刺、
種子形状などが、特徴とされます。

この種は国内でチリアナム として普及しています。
純緋玉(G oenanthemum)となっているものも、
その多くは G. tillianum(チリアナム)であると、
云われています。



080530-Sany0208-tillianum-L488--Sierra Ambato, 2300m-Uhlig
G. tillianum      L 488
Sierra Ambato, 2300m, Catamarca, Arg.
( チリアナム       L 488 )


スポンサーサイト
2011.08.31 11:06 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |