ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. hamatum [ AGG ]
(= G. marsoneri ssp. megatae [ G. Charles ] )


G. hamatum ( ハマツム ) はメガタエ系で、
古くからつくられています。

G. megatae(メガタエ)の系統は、
単幹で仔吹きせず、円盤状に成長し、
径15~20㎝くらいまで大きくなります。

肩部から側面に白い花がつき、果実は赤紫色です。

写真はG. hamatum VoS 03-067 で、
Volker Schaedlich 氏のFN です。

ボリビアの Tarija(タリハ)地区、木の根や枯れ枝、
草の散在する泥の多い平地に自生します。

ハマツムはカギ刺のギムノで知られていますが、
メガタエ系は一般にカギ刺の出ることが多いようです。
二枚目の写真は刺を拡大しています。




Sany0063--hamatum--VoS 03-067--VoS seed(2010)
Sany0063cc--hamatum--VoS.jpg
Gymnocalycium hamatum    VoS 03 - 067
Palos Blancos, east  Tarija  864m,  Bolivia
(V. Schaedlich seed (2010))
( ハマツム         VoS 03 - 067 )






スポンサーサイト
2017.10.09 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(2) |

G. matoense
(= G. megatae ssp. matoense [AGG])
(= G. marsoneri ssp. matoense [G. Charles])

南ブラジルの Mato Grosso (マトグロッソ)の産で、
ここはパラグアイとの国境に近い地域です。

AGG は、パラグアイに産する G. megatae (メガタエ)
の 亜種としています。

FN ( フィールド No. )のついた G. matoense ( マトエンセ )
VoS 06-258 を育てていますが、まだまだ開花に至りません。
2枚目の開花写真はだいぶ古いもので、旧来品です。

刺が黄色っぽい色で、他のメガタエ系と区別できます。
白花です。

径 15cm までで、扁平に育ち、円盤状になります。







Sany0008--matoense--VoS 06-288--VoS seed
Gymocalycium matoense     VoS 06-288
north-west of Caracol, Mato Grosso do Sul, 293m, Brazil
(V. Scaedlich seed)
( マトエンセ       VoS 06-288 )



R3086215-matoense-Piltz.seeed 2735-Arahari
Gymocalycium matoense
Mato Grosso, Brasil
( Piltz seed 2735 )
( マトエンセ      ( Piltz seed 2735) )





2017.09.16 09:30 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. itatiquense [AGG]
(= G. eytianum )

この種は以前は G. eytianum として栽培されていた、
メガタエ系の種です。
国内では エイチアナム、栄次丸の名称で、
多くはありませんが栽培されてきました。

栄次丸の和名は、緋牡丹錦の作出で有名な、
紅波園の初代の渡辺栄次氏に由来します。

G. eytianum として栽培されてきた種に、
この種とは別の天賜玉系の種があります。
(国内ではあまり見かけませんが)

AGGは、真のG. eytianum(エイチアナム) は
(すなわちG. eytianum の原記載に記された種は)、
この種とは別の天賜玉系の種であるとの見解で、
この種を G. itatiquense として新らたに記載しています。
種名 の G. itatiquense はボリビアの産地 Itatiqui に由来します。

もっとも栽培の場では、G. eytianum、G. itatiqiense の二つの名称が
使われているのが現状です。

メガタエの系統で、扁平に育ち、円盤状になります。




Sany0087--eytianum--STO 969--Piltz seed 5027-ex Milena
Sany008a--eytianum--STO 969--Piltz seed 5027--ex milena
Gymonocalycium itatiquense    STO 969
east of Boyuibe,  Santa Cruz, Bolivia, 885m
(Piltz seed 5027)
( イタチクエンセ       STO 969 )







2017.09.11 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. megatae
(= G. megatae ssp. megatae [AGG])
(= G. marsoneri ssp. megatae [G. Charles])

メガタエはこの時期は濃い緑色ですが、
冬には肌色が黒紫色になります。

大型の種で、円盤状に成長し、
径20㎝くらいになります。

花は肩部につき、白花です。

パラグアイ、ボリビアに産します。

種名の megatae は、レイテ島で戦死した、
目賀田守種氏に由来します。
伊藤芳夫氏の記載です。






Sany0142--megatae (ssp zecheri--AGG)--VoS 06-234--south-west of Toledo, Boqueron, 166 m, Paraguay--VoS seed
Gymnocalycium megatae   VoS  06-234
south-west of Toledo, Boqueron, 166 m, Paraguay
( V. Schaedlich seed )
( メガタエ   VoS  06-234 )









2017.07.12 09:30 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. anisitsii ssp. volkeri

写真はG. anisitsii(翠晃冠) の亜種のボルケリの開花です。
G. anisitsii(翠晃冠) の小型種で、胴体の径は6㎝までです。

冬期肌色が銅色になりますが、成長期は緑色です。

稜に横縞状の隆起があり、外観が G. damsii(麗蛇丸) や
G. friedrichii (牡丹玉)を想起させますが、
花は G. anisitsii(翠晃冠)のタイプ です。

ボリビアの Santa Cruz(サンタクルツ)地区の産します。

亜種名はドイツのギムノ研究者で、、
自身のField No.の種子の販売もしている、
Volker Schaedlich(シェードリッヒ)氏に因みます。

2004年のH. Amerhauser (アメルハウサー)氏の記載で、
比較的新しいギムノです。





Sany0180--anisitsii ssp volkeri--VoS 039--Piltz seed 5659
Sany0181-anisitsiissp volkeri--VoS 039--Piltz seed 5659
Gymnocalycium anisitsii ssp. volkeri     VoS 39
San Jose de Chiquitos, south, Santa Cruz, Bolivia, 374 m
(Piltz seed 5659)
( 翠晃冠(亜種)ボルケリ    VoS 39  (ピルツ種子実生) )






2017.06.02 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |