FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 


Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii [AGG]
(= Gymnocalycium marsoneri ssp. megatae [G. Charles])

Gymnocalycium anisitsii (翆晃冠)の亜種として、
2002年に記載された種です。

翆晃冠に対して、扁平球形状、扁平に広がる根、
弾力性のある、時にねじれた、胴体に沿う長い刺が
特徴とされています。

写真の VoS 03-034 は、黄色の長い曲刺が球体を
覆っています。
2018年の V. Schaedlich( シェドリヒ )種子の実生で、
キリンウチワ実生接ぎを経て、今春自根化し、だいぶ
大きくなりました。
まだ未開花です。

この種はボリビア、San Jose(サンホセ)地区の産、
日のよく当たるところに多いようです。

紅緑丸の和名で知られるツカボセンセ(v. tucavocense)が、
AGG分類ではこの亜種の変種になっています。

Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii v. tucavocense



191002--DSC_3338--anisitsii ssp holdi--VoS 03-034--VoS seed (2018)
Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii   VoS 03-034
EL Tinto, Santa Cruz, Bolivia
V. Schaedlich seed (2018)
( ギムノカリキウム属 翆晃冠(亜種)ホルディー  VoS 03-034 )











スポンサーサイト



2019.10.03 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium itatiquense [AGG]
(= Gymnocalycium eytianum )

花の少ない時期に、G. itatiquense が
たくさん白花をつけていたので、写真を撮りました。
肩咲きで、側面の上部に花をつけます。

この種が今頃花をつけるのかと、
過去の写真を見て見ましたが、6月、7月ばかりでした。
単に秋に写真を撮ってないだけかも知れませんが。

早春に花を咲かせる、羅星丸、黄蛇丸などは
年に一度の開花で、夏、秋に花を見ることはありません。

波光竜系は6月、7月の開花で、
これも他の季節に花を見ることはありません。

この種は以前は G. eytianum として栽培されていた、
メガタエ系の種です。
国内では エイチアナム、栄次丸の名称で栽培されてきました。

栄次丸の和名は、緋牡丹錦の作出で有名な、
紅波園の初代の渡辺栄次氏に由来します。

G. eytianum として栽培されてきた種に、
この種とは別の天賜玉系の種があります。
(国内では見たことががありませんが、
ヨーロパでは古くからあるようで、小苗が
販売されています。)

AGGは、真のG. eytianum(エイチアナム) は
(すなわちG. eytianum の原記載に記された種は)、
この種とは別の天賜玉系の種であるとの見解で、
この種を G. itatiquense として新らたに記載しています。
種名 の G. itatiquense はボリビアの産地 Itatiqui に由来します。

もっとも栽培の場では、G. eytianum、G. itatiqiense の
二つの名称が使われているのが現状です。
分類をやる人が名称を変えても、
それが販売の場、趣味栽培の場に伝わるには
相当な時間がかかります。

メガタエの系統で、扁平に育ち、円盤状になります。
ボリビアの産です。




190906--DSC_3112--eytianume--STO 969--Piltz seed 5027--ex Milena
Gymonocalycium itatiquense    STO 969
east of Boyuibe, Santa Cruz, Bolivia, 885m
(Piltz seed 5027)
( イタチクエンセ       STO 969 )





2019.09.07 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii [AGG]
(= Gymnocalycium marsoneri ssp. megatae [G. Charles])

Gymnocalycium anisitsii (翆晃冠)の亜種として、
2002年に記載された種です。

翆晃冠に対して、扁平球形状、扁平に広がる根、
弾力性のある、時にねじれた、胴体に沿う長い刺が
特徴とされています。

ボリビア、San Jose(サンホセ)地区の産、
日のよく当たるところに多いようです。

紅緑丸の和名で知られるツカボセンセ(v. tucavocense)が、
AGG分類ではこの亜種の変種になっています。
Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii v. tucavocense




190809--DSC_2902--anisitsi ssp holdii--VoS 03-034--EL Tinto Santa Cruz Bolivia--VoS seed 2018
190809--DSC_2905--anisitsii ssp holdi--VOS 03-034--VoS seed (2018)
Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii     VoS 03-034
EL Tinto, Santa Cruz, Bolivia
V. Schaedlich seed (2018)
( ギムノカリキウム属 翆晃冠(亜種)ホルディー  VoS 03-034 )




2019.08.15 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------




Gymnocalycium megatae
(= Gymnocalycium megatae ssp. megatae [AGG])
(= Gymnocalycium marsoneri ssp. megatae [G. Charles])

写真はメガタエの白い花です。
円盤状に育つ、扁平な球体の肩部に咲きます。

メガタエの果実は紫色であるのを思い出し、
果実をの写真を撮りたいと思い受精してみました。
同じメガタエの相手がなく、
近い種で翆晃冠の花粉を使いました。
雑交ですが、果実の色は変わらないと思います。





190811--DSC_2906--megatae--VoS 06-234--VoS seed (2013)
Gymnocalycium megatae     VoS 06-234
(V. Schaedlich seed )
( ギムノカリキウム属 メガタエ   VoS  06-234 )     








2019.08.13 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(2) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium lumbrerasense
(= Gymnocalycium delaetii aff. )

メサ種子の実生のルンブレラセンセが2株あり、
二つとも花をつけています。

この種は、外観と花から見て、
G. delaetii (= G. schickentdantzii v. delaetii)(天主丸)に
近い種と考えられています。

FR 962 はよく知られた Friedrich Ritter (リッター)氏の、
1959年の発見物です。
知見が不十分であったため、記載されていません。

G. delaetii (= G. schickentdantzii v. delaetii)(天主丸) は
G. schickentdantzii (波光竜)に比べて、
稜が丸みのあるコブの列で形成されることが、
一つの特徴です。

G. schickentdantzii (波光竜)側面の上の方、
肩の辺りに花をつけるのに対して、
この種は側面の下の方、 地面に近い位置に花をつけます。

子房部の鱗片の上部が尖らず丸みがあり、
鱗片の縁が赤いのも特徴の一つです。




190728--DSC_2823--lumbrerasense--FR 962--Mesa seed 469.63
Gymnocalycium lumbrerasense      FR 962
Lumbreras, Salta, Arg.
( Mesa seed 469.63 )
( ギムノカリキウム属 ルンブレラセンセ       FR 962 )



190728--DSC_2821--lumbrerasense--FR 962--Mesa seed 469.63
Gymnocalycium lumbrerasense      FR 962
Lumbreras, Salta, Arg.
( Mesa seed 469.63 )
( ギムノカリキウム属 ルンブレラセンセ       FR 962 )






2019.07.29 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |