ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. friedrichii v. albiflorum 
(= G. stenopleurum [AGG])
(= G. stenopleurum [G. Charles])

写真は ピルツ種子実生の、
G. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉) HU 314 です。
HU 314 の実生の中で、最も綿毛の多いタイプです。
白い花と赤い果実をつけています。

G. friedrichii (牡丹玉) に比べると少し大型です。
古くなって柱状になっていましたが、
今春胴切りして発根させ、短くしました。

この種はG. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉)
とされていましたが、その後 AGG はこの種を
G. stenopleurum(ステノプレウラム)と同種 としています。

パラグアイのギムノに詳しいV. Schaedlicih(シェードリヒ)氏
の G. friedrich, G. stenopleurum に関する最近のレポートでは、
G. stenopleurum(ステノプレウラム)の産地は
パラグアイの Cerro Leon で、
この HU 314 の産地とは大きく離れています。
この辺りの分類もよくわからないところがあります。




Sany0103--friedrichii v albiflorum--HU 314--
Gymnocalycium friedrichii v. albiflorum  HU 314
Posto Nueva Asuncion, Nueva Asuncion, Paraguay
(Piltz seed 3288)
( 白花牡丹玉 HU 314 )



スポンサーサイト
2017.10.17 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

Gymnocalycium friedrichii ( 牡丹玉 )

6月にタイから入った G. friedrichii LB 2178 ( 牡丹玉 )を
紹介しました。
その後、まだそれほど大きくなっていませんが、
写真のように緑色が濃くなりました。


Sany0198-friedrichii--LB 2178--ex Thailand
Sany0078--friedrichii--LB 2178--ex Thailand
Gymnocalycium friedrihii     LB 2178
Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay 
 ( 牡丹玉         LB 2178 )



この牡丹玉は数年前からタイ、ウクライナで大量に実生生産
されており、eBay でも小苗と種子が常時販売されています。
大量に売れることを見込んでいるようです。

LB 2178 の特徴としては、白い横縞隆起がはっきりしていること、
横縞隆起が稜付近で下に曲がること、一本刺であることが
挙げられます。 確かに目立った外観の牡丹玉です。


Googl の画像検索で ( Gymnocalycium friedrichii ) を見ると、
LB 2178 の多くの写真が出ています。
このタイプの赤斑(緋牡丹錦)、全斑(緋牡丹)もできています。

この LB 2178 の産地は Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay です。
Volker Schaedlich (シェードリヒ) 氏によると、
G. friedrichii としては最も東の産地で、
パラグアイの東部でブラジル国境に近い地域です。

Agua Dulce 近辺の産の G. friedrichii ( 牡丹玉 )としては、
LB 2178 の他に、VoS 01-14/a, VoS 12-1241, VoS 16-2133
があります。 同様の外観ではないかと思います。
VoS のFN(フィールド No.) で、Volker Schaedlich (シェードリヒ) 氏
の採集物です。


3番目の写真は、まだキリンウチワ接ぎの状態で、
小さいですが、VoS 01-14/a の実生です。
LB 2178 と近い産地で、 同様の外観になるかと思います。
LB 2178 よりだいぶ早い、2001年の採集物です。
この VoS 01-14/a も eBay で販売されていました。 


Sany0158--friedrichii--VoS 01-014a--VoS seed (2015)--Alto Paraguay; east of Aga Dulce; 200 m--beautiful shape with only a single spine.)
Gymnocalyciu friedrichii      VoS 01-014a
Alto Paraguay; east of Aga Dulce; 200 m
V. Schaedlich seed (2015)
( 牡丹玉       VoS 01-014a  )
 

手元にある、原種の Gymnocalycium friedrichii ( 牡丹玉 )の中で、
白っぽい横縞隆起のはっきりしたものの写真を並べてみました。


Sany0069--friedrichii--VoS 018--Piltz seed 5938
Gymnocalycium friedrichii        VoS 018
north of Ctn General, Lagarenza,  Paraguay
( Piltz seed 5938 )
( 牡丹玉       VoS  018)



Sany0153--friedrichii--VoS 17a--VoS seed (2013)
Gymnocalycium friedrichii        VoS 017a
north of Americo Pico,  Bouqueron,  Paraguay,  195m
(V. Schaedlich seed (2013) )
( 牡丹玉       VoS  017a)



Sany0011--friedrichii--LB 3773--Bercht seed2396(2011)
Gymnocalycium friedrichii         LB 3773
north-east Pablo Lagerenza,  Paraguay
(Bercht seed  2396 (2011) )
( 牡丹玉       LB 3773 )



any0160--friedrichii--03-064--bercht seed
Gymnocalycium friedrichii    VoS 03-064
Ipitacuape north,  Santa Cruz, Bolivia, 728m
Bercht seed 1693(2009)
( 牡丹玉       VoS 03-064 )





Sany0201--friedrichii--LB 3054--Bercht seed 2572 (2012)
Gymnocalycium friedrichii    LB 3054
north of Patricio Colman,  Paraguay
Bercht seed 2572 (2012)
( 牡丹玉      LB 3054  )


以下の写真は、G. friedrichii v. piraretaense (ピラレタエンセ)
の(Rowland)種子の実生から1本だけ出たものです。
横縞隆起が太いのが特徴です。
上の写真のLB 3054に似ています。

夏季は緑肌ですが、冬は茶色になります。
ピンク花です。

 v. piraretaense (ピラレタエンセ)は、
古い時代にヨーロッパに入った、
G. friedrichii やその近縁の種の栽培品に対して、
1960 年代にチェコでつけられた名称の一つで、
正式の変種名ではありません。

v. piraretaense はもともといろん系統が入っていたものか、
その後に近縁の種と雑交したものか、
実生からは実に様々にものが出ます。



Sany0175--mihanovichii v piraretaense--Rowland seed
Sany0127--fridrichii v piraretaense--Rowland seed
Sany0036-G mihanovichii v piraretaense--Rowland seed
Gymnocalycium friedrichii v. piraretaense
( Rowland seed )
( 牡丹玉(変種)ピラレタエンセ   ローランド 種子実生 )









2017.09.27 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(1) |
タイから入った G. friedrichii LB 2178 ( 牡丹玉 )を
入手しました。
まだ径 3cm の小さなものですが。

この牡丹玉は数年前からタイで大量に実生生産されています。
Googl の画像検索で ( Gymnocalycium friedrichii ) を見ると、
LB 2178 の多くの写真が出ています。
成球の写真はこちらで見てください。

ebay の販売サイトでも、この LB 2178 が 数件販売されています。
タイ産とウクライナ産があります。

LB 2178 の特徴としては、白い横縞隆起がはっきりしていること、
横縞隆起が稜付近で下に曲がること、一本刺であることが
挙げられます。 確かに目立った外観の牡丹玉です。

産地は Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay です。
Volker Schaedlich (シェードリヒ) 氏によると、
G. friedrichii としては最も東の産地で、
パラグアイのブラジル国境に近い地域です。

Agua Dulce 近辺の産の G. friedrichii ( 牡丹玉 )としては、
LB 2178 の他に、VoS 01-14a, VoS 12-1241
があります。 同様の外観ではないかと思います。




Sany0138--friedrichii--LB 2178--ex Thailand--Mrk
Gymnocalycium friedrihii     LB 2178
Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay 
 ( 牡丹玉         LB 2178 )









2017.06.27 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |


瑞雲丸の花は、茶緑色で半開の花です。
非常に高温の時以外は内弁が開かないとされています。

これに対して、近縁の G. friedrichii (牡丹玉)では、
ピンク色から白色の花で全開します。

瑞雲丸は滑らかな肌で、少しツヤがあります。
一方、牡丹玉の肌はつぶつぶのある、ツヤのない肌で、
ヒキガエルのような肌とも表現されています。




Sany0161-mihanovichii var--STO 1211--Filadelfia - Cerro Leon Boqueron Paraguay--ex Eden 16831
Gymnocalycium mihanovichii     STO 1211
Filadelfia - Cerro Leon,  Bouqueron, Paraguay
( 瑞雲丸              STO 1211 )




Sany0171--mihanovichii var--Bouqueron Paraguay--Koehres seed
Gymnocalycium mihanovichii    
Bouqueron, Paraguay
( Koehres seed)
( 瑞雲丸              Koehres 種子実生)




Sany0067--mihanovichii--Mesa seed 470.62
Gymnocalycium mihanovichii     
(Mesa seed 470.62)
( 瑞雲丸              メサ種子実生)





2017.06.14 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. damsii v. rotundulum
(= G. damsii ssp. evae v. rotudlum [AGG])
(= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles] )

置き場所にもよるのでしょうが、
今年はギムノの中で
この種が一番に開花しました。
例年ですと一番花は羅星丸系ですが。

v. rotundulum (  ロツンドウラム) は、
G. damsii(麗蛇丸)の変種で、
雌蕊の柱頭が雄蕊の葯の上に出るのが、
特徴のひとつとされます。

写真で見られるようにG. damsii(麗蛇丸)の花は
花弁が上下に乱れることなく、
平面上に一列に並んで咲きます。

この点が外観の似た翆晃冠との違いとされます。
翆晃冠の花は花弁が上下に乱れた形で咲きます。

パラグアイ、ボリビアに産します。





170402--Sany0064--damsii-v rotudulum--L 363--Robore Bolivia 550m--ex Eden
170302--Sany0065--damsii v rotundulum--L 363--ex Eden
Gymnocalycium damsii v. rotundulum    Lau 363
Robore,  Bolivia, 550m
( 麗蛇丸(変種) ロツンドウラム         Lau 363 )





2017.04.03 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |