ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

Gymnocalycium mendozaense [V. Schaedlich]
≦ G. friedrichii [ AGG ]
≧ G. anisitsii v. griseopallidum [ AGG ]

この G. mendozaense ( メンドザエンセ ) は、
Volker Schaedlich ( シェドリヒ )氏と、
Ludwig Bercht(ベルヒト)氏が 2015 年のAGG誌に記載したもので、
従来知られていた植物も対象としています。

また、 AGG が G. friedrichii (牡丹玉)としてきたもの、
G. anisitsii v. griseopallidum (グリセオパリダム)
としてきたものを含みます。

緑色のなめらかな肌で、横縞隆起があり、白花です。

従来、G. friedrichii (牡丹玉)とされたもので緑肌、白花のもの、
G. anisitsii (翆晃冠)に横縞隆起をつけたようなもの、
G. mihanovichii (瑞雲丸)とされたもので白花のものが
この種に該当するようです。



180516--Sany0086--spec--VoS 06-258---damsii v griseopallidum (AGG)--VoS seed
180516--Sany0131--spec--VoS 06-258--griseopallidum (AGG)--VoS seed
Gymnocalycium mendozaense       VoS 06-258
north-east of Fortin Ravello, Santa Cruz, 291m, Bolivia 

( V. Schaedrich seed    )
( メンドザエンセ         VoS 06-258  )



180511--Sany0111--anisitsii var--LB 2334--friedrichii var LB 2334--Bercht seed (2004)
Gymnocalycium mendozaense       LB 2334
Cerro San Miguel , Bolivia    
, Bolivia

( L. Bercht seed     (2004))
( メンドザエンセ          LB 2334 )


170526--Sany0195--anisitsii var--STO 986--Amerhauser seed --ex Tutiya
170725--Sany0160--anisitsii--Ravello--STO 986--Amerhauser seed--ex Tutiya
Gymnocalycium mendozaense       STO 986
Ravelo - Paraguay border, 270m  Santa Cruz, Bolivia

( H. Amerhauser seed(1998))
( メンドザエンセ       STO 986 )

 


スポンサーサイト
2018.07.03 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
最初の写真は以前にも紹介した牡丹玉で、
G. friedrichii  LB 2178 です。
これは最近ウクライナから入れた、
アレオーレの綿毛の多いタイプです。

この牡丹玉  LB 2178 はタイ、ウクライナで
大量に実生生産されています。
よほど売れると見込んでいるようです。

Googl の画像検索で ( Gymnocalycium friedrichii ) を見ると、
LB 2178 の多くの写真が出ています。
白い横縞隆起が目立ち、一本刺のきれいなタイプです。

産地は Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay です。
Volker Schaedlich (シェードリヒ) 氏によると、
G. friedrichii としては最も東の産地で、
北東パラグアイのブラジル国境に近い地域です。

Agua Dulce 近辺の産の G. friedrichii ( 牡丹玉 )としては、
LB 2178 の他に、VoS 01-14, VoS 01-14a, VoS 12-1241

があります。 同様の外観ではないかと思います。



180604--Sany0100--friedrichii LB 2178--ex Ukreine
Gymnocalycium friedrihii     LB 2178
Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay 
((ex) Ukraine )
 ( 牡丹玉         LB 2178 )



次の写真は同じ Agua Dulce 産の VoS 14a です。
まだキリンウチワ接ぎの状態で、径25mm と小さいですが。
これは Volker Schaedlich (シェードリヒ) 氏の種子の実生です。

180619--Sany0211--friedrichii--VoS 14a--VoS see
Gymnocalycium friedrihii     VoS 14a
east of Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay 
( V. Schaedrich seed )
 ( 牡丹玉         VoS 14a )



次の写真は、G. friedrichii STO 995 です。
紫褐色の肌、白い横縞がやや目立つタイプです。

170909--Sany0069--friedrichii--VoS 018--north of Ctn General Lagarenza Paraguay--Piltz seed 5938
Gymnocalycium friedrichii    VoS 018
north of Ctn General Lagarenza  Paraguay
( Piltz seed 5938)
( 牡丹玉    VoS 018 )





次の写真は、G. friedrichii STO 995 です。
白花ですが、花粉がなくて黒い葯が目立つ花です。
これはボリビア産です。

180616aa--Sany0174--friedrichii--STO 995--Charagua - San Antonio del Parapeti 500m Santa Cruz Bolivia--H Amerhauser seed (2009)
180616--Sany0175--friedrichii--STO 995--H Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium friedrichii    STO 995
Charagua - San Antonio del Parapeti, 500m, Santa Cruz, Bolivia
( H. Amerhauser seed (2009))
( 牡丹玉    STO 995 )





2018.06.19 09:30 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
写真は茶緑色の全開しない花を咲かせる、
G. mihanovichii (瑞雲丸) です。

この花の茶緑色の色は、
写真に撮ると見た目のような色にならず、
いつも色修正で苦労しています。

普段は明るい日陰で撮るのですが、
今回は一部フラッシュ撮影をしています。
そのためバックに影が出ています。

瑞雲丸は滑らかな肌で、少しツヤがあります。
これに対して、近縁の牡丹玉の肌はつぶつぶのある、
ツヤのないザラ肌です。

近縁の G. friedrichii (牡丹玉)が、
白色からピンク色の花で全開するのに対して、
瑞雲丸の花は、茶緑色で半開の花です。
非常に高温の時以外は内弁が開かないとされています。



180522--Sany0158--mihanovichii var--STO 1224--Mariscal Paraguay--Amerhauser seed (2000)--ex Tutiya
180517--Sany0144-mihanovichii v---STO 1224
180518--Sany0175--mihanovichii var--STO 1224
180518a--Sany0178--mihanovichii var
Gymnocalycium mihanovichii    STO 1224
Mariscal,  Paraguay
( H. Amerhauser seed (2000))
( 瑞雲丸     STO 1224 )


180514--Sany0176--mihanovichii--VoS 267--Lagerenza Alto Paraguay Paraguay--ex Eden IB18381
180514--Sany0178--mihanovichii--.jpg180513-Sany0150--mhanovichii--VoS 267--ex Eden
Gymnocalycium mihanovichii    VoS 267
Lagerenza,  Alto Paraguay,  Paraguay
( (ex) Eden)
( 瑞雲丸     VoS 267)



180514--Sany0182--mihanovichii--Mesa seed470.62 (1999)
180513--Sany0148--mihanovichii--Mesa seed
Gymnocalycium mihanovichii   
( Mesa seed 470.62)
( 瑞雲丸     メサ種子470.62実生)



180514--Sany0173--mihanovichii--Bouqueron Paraguay--Koehres seed
Gymnocalycium mihanovichii   
Bouqueron,  Paraguay
( Koeres seed )
( 瑞雲丸     ケーレス種子 実生)












2018.05.24 08:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. damsii v. centrispinum
(= G. damsii ssp. evae v. centrispinum [AGG])
(= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles])

写真は G. damsii v. centrispinum  
( 麗蛇丸(変種)セントリスピナム ) 綴化の開花です。

麗蛇丸の特徴である、花弁が平面状に並んだ花です。
小さな蕾が多く出ているのですが、ひとつだけ早く咲きました。



180419--Sany0091--damsii v cehtrispinum--STO 981--mes seed 461.41 
Gymnocalycium damsii v. centrispinum   STO 981
Robore to Santiago, Santa Cruz, Bolivia  160m
(Mesa seed 461.41)
( 麗蛇丸 (変種) セントリスピナム (綴化)    STO 981)








2018.04.21 09:10 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. damsii v. multiproliferum
(= G. damsii ssp. evae v. multiproliferum 〔AGG〕)
(= G. anisitsii ssp.damsii 〔G. Charles〕)
(= G. anisitsii ssp. multiproliferum)


最初の写真はメサ種子実生のG. damsii v. multiproliferum です。
G. damsii ( 麗蛇丸)の仔吹きタイプの変種です。

二番目の写真は、ピルツ種子の G. anisitsii v. multiprolyferum
の実生ですが、G. damsii v. multiprolyferum とされるものと同じ種です。

このあたりは G. anisitsii (翆晃冠)と G. damsii (麗蛇丸)の
中間的な領域で、研究者により判断が変わります。

実生すると、径1㎝程度でもう仔吹きしてきます。 
産地の情報として、大きな個体では200以上の側芽を
出していると書かれています。

産地は、ブラジルの Mato Grosso do Sul (マト・グロソ・ド・スル)州ですが、
パラグアイ北部から東へ 国境を超えて、
わづかにブラジル側に入ったところです。
この地域のギムのはこれだけで僅かです。

ブラジル産のギムノは、この他に G. denudatum (デヌーダタム)があり、
こちらはアルゼンチンの東側の Rio Grande do Sul(リオ・グランデ・ド・スル)州で
広いi地域に大量に自生します。





Sany0019--anisitsii ssp multiprroliferum--HU 557--Piltz seed 1409
G. damsii v. multiproliferum 
(Mesa seed 461.64)          
(  麗蛇丸(変種)ムルチプロリフェラム       メサ種子461.64 実生)



Sany0017a---anisitsii ssp multiproliferum-HU557-Piltz 1409
G. damsii v. multiproliferum             HU 557
Porto Murtinho, Mato Grosso do Sul, Brazil
(  麗蛇丸(変種)ムルチプロリフェラム      HU 557   )






2018.02.22 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |