ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. damsii v. multiproliferum
(= G. damsii ssp. evae v. multiproliferum 〔AGG〕)
(= G. anisitsii ssp.damsii 〔G. Charles〕)
(= G. anisitsii ssp. multiproliferum)


最初の写真はメサ種子実生のG. damsii v. multiproliferum です。
G. damsii ( 麗蛇丸)の仔吹きタイプの変種です。

二番目の写真は、ピルツ種子の G. anisitsii v. multiprolyferum
の実生ですが、G. damsii v. multiprolyferum とされるものと同じ種です。

このあたりは G. anisitsii (翆晃冠)と G. damsii (麗蛇丸)の
中間的な領域で、研究者により判断が変わります。

実生すると、径1㎝程度でもう仔吹きしてきます。 
産地の情報として、大きな個体では200以上の側芽を
出していると書かれています。

産地は、ブラジルの Mato Grosso do Sul (マト・グロソ・ド・スル)州ですが、
パラグアイ北部から東へ 国境を超えて、
わづかにブラジル側に入ったところです。
この地域のギムのはこれだけで僅かです。

ブラジル産のギムノは、この他に G. denudatum (デヌーダタム)があり、
こちらはアルゼンチンの東側の Rio Grande do Sul(リオ・グランデ・ド・スル)州で
広いi地域に大量に自生します。





Sany0019--anisitsii ssp multiprroliferum--HU 557--Piltz seed 1409
G. damsii v. multiproliferum 
(Mesa seed 461.64)          
(  麗蛇丸(変種)ムルチプロリフェラム       メサ種子461.64 実生)



Sany0017a---anisitsii ssp multiproliferum-HU557-Piltz 1409
G. damsii v. multiproliferum             HU 557
Porto Murtinho, Mato Grosso do Sul, Brazil
(  麗蛇丸(変種)ムルチプロリフェラム      HU 557   )






スポンサーサイト
2018.02.22 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. friedrichii ( 牡丹玉) の変種で、
基準種より大型で白花、より鋭い稜で、
緑色の胴体色、短い三本刺が特徴とされています。

これに対して、基準種の G. friedrichii ( 牡丹玉)は、
主に紫褐色のザラ肌で、ピンク花、白花です。

この P 435 は特に稜の薄いタイプです。

パラグアイ西部のボリビア国境に近い、
Bouqueron(ボクエロン)地区の産です。




Sany0169--friedrichi moserianum--P 435--Piltz seed 4334 
Gymnocalycium friedrichii v. moserianum        P 435
Anerico Picco, Nueva Asuncion,
Buqueron, Paraguay
( Piltz seed 4334 )
( 牡丹玉(変種)モーゼリアナム   P 435 )


Sany0167--friedrichii moserianum--P 435--Piltz seed 4334
Gymnocalycium friedrichii v. moserianum        P 435
Anerico Picco, Nueva Asuncion,
Buqueron, Paraguay
( Piltz seed 4334 )
( 牡丹玉(変種)モーゼリアナム   P 435 )






2018.01.28 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. damsii ssp. evae [AGG]
(=G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles])
(= G. damsii v. evae)

写真は麗蛇丸の亜種のエバエです。
寒くなって黒紫色になっています。

春には濃い緑色のツヤ肌になり、
濃ピンクの花が咲きます。

同じエバエでも、冬期緑色のままで、
黒紫色にならないものもあります。

南東ボリビアの産です。




Sany0173--damsii evae--STO 983---Piltz seed 4734
Gymnocalycium damsii ssp. evae    STO 983
(Piltz seed 4734)
( エバエ    STO 983  (ピルツ 種子 4734 実生) )




Sany0177a--damsii v evae--Mesa seed 461.42--
Gymnocalycium damsii ssp. evae   
(Mesa seed 461.42)
( エバエ    (メサ種子  実生) )




Sany0030--damsii v evae--Koehres seed
Gymnocalycium damsii ssp. evae   
(Koehres seed )
( エバエ    ( Koehres 種子  実生) )






2018.01.25 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. friedrichii [ AGG ]
(= G. stenopleurum [G. Charles ])
(= G. mihanovichii v. friedrichii)


写真は原種の牡丹玉です。

牡丹玉は緋牡丹錦のもとになった種として
よく知られていますが、
栽培されているのはあまり多くないと思います。

近縁の瑞雲丸は緑色のツヤ肌ですが、
この牡丹玉はつぶつぶのあるザラ肌で光沢がありません。

直射日光の下で見ると、表面のつぶつぶがキラキラ光って見えます。
フラッシュ撮影すると、このキラキラがよく写るので、
最近はこの牡丹玉に限ってフラッシュを使っています。
刺の影ができるのを避けるため、明るい日陰で撮ることが多いのですが。

瑞雲丸の花が茶緑色であるの対して、
牡丹玉の花はピンクまたは白色とされています。
古くからあるものはピンク花が多いですが、
最近のFNのついたものは白花ばかりです。

この種はパラグアイ、ボリビアに産しますが、
昔入ったタイプが今は産地にないようです。

一番下の写真が、まだ小さいですがLB 2178 です。
このLB 2178はタイとウクライナで大量に栽培されており、
eBayなどで盛んに販売されています。
白い横縞隆起が目立つ一本刺のタイプで確かにきれいです。
パラグアイ北東部の Agua Dulce(アグアドゥルス) 産です。






Sany0097--friedrichii--VoS 18--Piltz seed 5938
Gymnocalycium friedrichii       VoS 018
north of Ctn General Lagarenza  Paraguay
( Piltz seed 5938 )
( 牡丹玉          VoS 03-018 )


Sany0012--friedrichii--VoS 03-064--Ipitacuape north, Santa Cruz, Bolivia, 728m --Bercht seed 1693 (2009)
Gymnocalycium friedrichii VoS 03-064
Ipitacuape north, Santa Cruz, Bolivia, 728m
(Bercht seed 1693(2009))
( 牡丹玉        VoS 03-064 )



Sany0076-friedrichii--LB 3773--north-east Pablo Lagerenza Paraguay--Bercht seed 2396(2011)
Gymnocalycium friedrichii LB 3773
north-east Pablo Logerenza, Paraguay
(Bercht seed 2396(2011))
( 牡丹玉       LB 3773)



Sany0017--friedrichii--STO 995--Charagua to San Antonio del Parapeti, Santa Cruz, Bolivia, 500m--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium friedrichii STO 995
Charagua-San Antonio del Parapeti, 500m,
Santa Cruz, Bolivia
(H. Amerhauser seed (2009))
( 牡丹玉         STO 995)



friedricii--VoS 17a--VoS seed (2013)
Gymnocalycium friedrichii VoS 01-17a
north of Americo Pico, Bouqueron, 195m, Paraguay
(V. Schaedlich seed (2013))
( 牡丹玉          VoS 01-17a)


Sany0079--friedrichii--LB 3054--30km North of Patricio Colman 185m, Paraguay--Bercht seed 2572(2012)
Gymnocalycium friedrichii LB 3054
north of Patricio Colman, Paraguay
(Bercht seed 2572(2012))
( 牡丹玉       LB 3054)


Sany0078--friedrichii--LB 2178--ex Thailand
Gymnocalycium friedrichii    LB 2178
Agua Dulce,  Alto Paraguay,  Paraguay

( 牡丹玉       LB 2178 )





2018.01.09 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. friedrichii v. albiflorum 
(= G. stenopleurum [AGG])
(= G. stenopleurum [G. Charles])

写真は ピルツ種子実生の、
G. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉) HU 314 の中で、
刺座の綿毛の多いタイプを選んで交配し、
さらにその実生の中から多毛を選抜したものです。

親株に比べて期待したほど進歩していない感がありますが、
牡丹玉の多毛タイプとして育てています。
根際に水をやって、綿毛に水がかからないようにはしています。

この種はG. friedrichii v. albiflorum(白花牡丹玉)
とされていましたが、その後 AGG はこの種を
G. stenopleurum(ステノプレウラム)と同種 としています。

パラグアイのギムノに詳しいV. Schaedlicih(シェードリヒ)氏
の G. friedrich, G. stenopleurum に関する最近のレポートでは、
G. stenopleurum(ステノプレウラム)の産地は
パラグアイの Cerro Leon で、
この HU 314 の産地とは大きく離れています。
この辺りの分類もよくわからないところがあります。




Sany0089--friedrich v albiflorum--HU 314--mishou
Gymnocalycium friedrichii v. albiflorum  HU 314
Posto Nueva Asuncion, Nueva Asuncion, Paraguay
(Piltz seed 3288)
( 白花牡丹玉 HU 314 )



Sany0084a--friedrichii v albiflorum--HU 314--
Sany0085--albiflorum--HU 314
Gymnocalycium friedrichii v. albiflorum  HU 314
Posto Nueva Asuncion, Nueva Asuncion, Paraguay
(Piltz seed 3288)
( 白花牡丹玉 HU 314 )









2017.12.24 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |