FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

---------------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の各種の近況を紹介しています。

----------------------------------------------------------------------------------

G. damsii v. centrispinum
(= G. damsii ssp. evae v. centrispinum [AGG])
(= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles])

麗蛇丸 (変種) セントリスピナム VoS 045 に
ピンク色のつぼみ が出ているのが目にとまりました。  

ギムノ以外のサボテンは、冬でも咲くものがかなりありますが、
ギムノの花は早くて3月末になります。

この麗蛇丸 (変種) セントリスピナムも、
後からつぼみのつくものと同様に、
開花は4月に入ってからと思います。

変種名のセントリスピナムは(中刺)を意味しますが、
中刺のあるものも、ないものも見られます。
写真の VoS 045 は、中刺がないようです。
最初に発見され、名前をつけた時のものが(中刺あり)
であったということかと思います。

ボリビアのサンタクルツ州に産します。




190209--DSC_0227--damsii ssp evae v centrispinum--VoS 045--VoS seed 

190209--DSC_0228--damsii ssp evae v centrispinum--VoS 045
Gymnocalycium damsii v. centrispinum   VoS 045
Robore, Santa Cruz, Bolivia, 288m
( V. Schaedlich seed )
( ギムノカリキウム属  麗蛇丸 (変種) セントリスピナム    VoS 045)










スポンサーサイト
2019.02.12 10:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. friedrichii [ AGG ]
(= G. stenopleurum [G. Charles ])
(= G. mihanovichii v. friedrichii)

G. friedrichii ( 牡丹玉 )の原種がだいぶ
大きくなったように思い、一通り写真を撮りました。

FN( フィールド No. )の違いにより
また同じFNの中でも、肌色や、
横縞隆起の形、アレオーレの綿毛の多少などに
違いがあり、楽しめます。

近縁のG. mihanovichii ( 瑞雲丸 )に比べて、
稜が薄い鋭稜であること、つぶつぶのあるザラ肌、
白花またはピンク花の点で異なります。








181216_131216--friedrichii--VoS 18--Piltz seed 5938() 
Gymnocalycium friedrichii       VoS 018
north of Ctn General Lagarenza  Paraguay
( Piltz seed 5938 )
( 牡丹玉          VoS 03-018 )



181216c_132107--friedrichii--VoS 17a--
Gymnocalycium friedrichii   VoS 01-17a

Ipitacuape north, Santa Cruz, Bolivia, 728m  
(V. Schaedlich seed)

( 牡丹玉          VoS 01-017a )


181216_131357--friedrichii---STO 995--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium friedrichii   STO 995

Charagua to San Antonio del Parapeti,
Santa Cruz, Bolivia, 
(
 Amerhauser seed )
( 牡丹玉          STO 995 )



181216_105047--friedrichii--VoS 03-064-- 
Gymnocalyium friedrichii      VoS 03-064
Ipitacuape north, Santa Cruz, Bolivia, 728m  
(Bercht seed)

( 牡丹玉          VoS 03-064 )


181216_105544--friedroichii--LB 3054--
Gymnocalycium friedrichii      LB 3054
 30km North of Patricio Colman  185m, Paraguay

 (Bercht seed 2572(2012))

( 牡丹玉          LB 3054 )


181215a_110413--friedrichii-LB 2218--Bercht seed
Gymnocalycium friedrichii      LB 2218   
2km s
outh Pablo Lagerenza, Paraguay

 (Bercht seed 2395(2011))

( 牡丹玉         LB 2218 )



次の LB 2178 は、パラグアイ北東部の Agua Dulce 産で、
ヒントニーに似るといわれる、曲線状の横縞隆起と、一本刺が特徴です。
数年前からタイとウクライナで大量に実生生産され、ネットで販売されています。
昨年あたりから国内でも販売されるようになりました。


180928--Sany0111--friedrichii--LB 2178--ex ukraine
Gymnocalycium friedrichii      LB 2178

Agua Dulce, Alto Paraguay,Paraguay 
( 牡丹玉         LB 2178 )


次の VoS 014 は、同じ Agua Dulce の産で似ています。
最初は三本刺でしたが、今では一本刺になっています。
まだキリンウチワ接ぎのままですが、写真をのせました。

この産地のものは、この他に4点ほどFNの異なるものがあります。

180819a--Sany0059--frierichii--VoS 14--VoS seed (2015)
Gymnocalycium friedrichii   VoS 01-014

east of Agua Dulce, Alto Paraguay,  200m, Paraguay 

(V. Schaedlich seed (2015))

 ( 牡丹玉       VoS 01-14  )







2018.12.24 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. damsii ssp. evae v. boosii 〔AGG〕
(= G. anisitsii ssp. damsii 〔G. Charles〕 )
(= G. damsii v. boosii )

この種は、G. damsii ssp. evae ( 麗蛇丸(亜種)エバエ )の変種、
あるいはG. damsii ( 麗蛇丸)の変種とされています。

ボリビア産で、長く、ねじれた刺が一つの特徴とされます。
写真の4 株も長い刺が出てきました。

明るい黄緑色の肌で、稜の谷間が浅く、稜が扁平です。
この時期、オレンジ色の新刺を出しています。
G. damsii ssp. evae (エバエ)と同様に、
花は濃淡のあるピンク色の美花です。

変種名は人名に由来します。



181202_143137--damsii ssp evae v boosii--VoS 08-321--VoS seed
Gymnocalycium damsii ssp evae v. boosii VoS 08-321
east of Chocis, Santa Cruz, 354m, Bolivia
(V. Schaedlich seed)
( ボオシー    VoS 08-321 )


181202_143059--damsii v boosii--STO 1404--S of San Jose Sierra Cruz Bolivia--ex Eden 18374
Gymnocalycium damsii ssp evae v boosii STO 1404
south of San Jose, Santa Cruz, Bolivia
( ボオシー     STO 1404)


181202_143212--damsii ssp evae v boosii--VoS 042--Chochis - Limencito Bolivia--Piltz seed 5945 (2010)
Gymnocalycium damsii ssp evae v boosii   VoS 03- 042
Chochis - Limencito、Bolivia
( Piltz seed 5945 (2010))
( ボオシー    VoS 042 )



IMG_20181202_143246--damsi ssp eva var--LB 2331---pipeline km 364 Bolivia--Bercht seed 2306 (2011)
Gymnocalycium damsii ssp evae v boosii   LB 2331
south of Robore, Chaco, Santa Cruz, 210m, Bolivia      
(Bercht seed 2306 (2011))
( ボオシー   LB 2331 )






2018.12.20 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |



Gymnocalycium damsii v. centrispinum
(=G. damsii ssp. evae v. centrispinum [AGG])
(= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles])

メサ種子の実生から出たセントリスピナムの綴化です。

実生から直接に綴化が出ることもあり、
少し大きくなってから綴化してくることもあります。

綴化が出るのはごく稀です。
今まで綴化が出たのは、このセントリスピナムの他に、
G. mesopotamicum (メソポタミクム)、
G. heidiae (ヘイディアエ)
G. quehlianum v. flavispinum (フラビスピナム)
くらいでしょうか。



181214_105220--damsii v centrispinum--STO 981--Mesa seed 461.41
181214_105315--damsii v centrispinum--STO 981-Mesa seed
181214_105239--damsii v centrispinum--STO 981--Mesa seed
Gymnocalycium damsii v. centrispinum   STO 981
Robore to Santiago, Santa Cruz, Bolivia 160m
(Mesa seed 461.41)
( 麗蛇丸 (変種) セントリスピナム (綴化)    STO 981)








2018.12.16 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. friedrichii ( 牡丹玉) の変種で、
基準種より大型で白花、より鋭い稜で、谷が深く、
緑色の胴体色、短い三本刺が特徴とされています。
白い横縞隆起もないようです。

これに対して、基準種の G. friedrichii ( 牡丹玉)は、
主に紫褐色のザラ肌で、ピンク花と白花があります。

パラグアイ西部のボリビア国境に近い、
Bouqueron(ボクエロン)地区の産です。

なお、G. friedrichii ( 牡丹玉) の種名は
多くのパラグアイ産のカクタスを欧州にもたらした、
A.M.Friedrich(フリードリヒ) 氏に由来します。

A.M. Friedrich(フリードリヒ) 氏は、
1930年代のパラグアイとボリビアの間のチャコ戦争の
従軍記者をしながら、パラグアイ産の植物(カクタスなど)
を採取し、欧州に提供した人です。


また、変種名のmoserianum はG.Moser(モーゼル)氏に因ります。
A.M. Friedrich(フリードリヒ) 氏は、その後も1960年代にかけて、
G.Moser(モーゼル)氏の要請で、
多数のパラグアイ産のカクタスを採取し、提供しています。

モーゼル氏の著書 ( フリードリヒと美しいパラグアイ ) には、
当時のパラグアイの状況を伝える写真と共に、
採取された牡丹玉などのギムノの写真が出ています。






181030--Sany0034--friedrichii v moserianum--LB 2203--10km South of Teniente A. Enciso, Boqueron, Paraguay--ex Eden IB 14428 (2008)
Gymnocalycium friedrichii v. moserianum        LB 2203
10km South of Teniente A. Enciso,Buqueron, Paraguay
( ((ex) Eden)
( 牡丹玉(変種)モーゼリアナム   LB 2203 )




181102_155032--friedrichii moserianum--P 435--Anerico Picco, Nueva Asuncion, Paraguay   --piltz seed 4334
Gymnocalycium friedrichii v. moserianum        P 435
Anerico Picco, Nueva Asuncion,
Buqueron, Paraguay
( Piltz seed 4334 )
( 牡丹玉(変種)モーゼリアナム   P 435 )



181102_155242--friedrichii v moserianum--M 24--Mariscal Estigarribia, Americo Picco, Boqueron, Paraguay--Piltz seed
Gymnocalycium friedrichii v. moserianum        M 24
Mariscal Estigarribia, Anerico Picco,
Buqueron, Paraguay
( Piltz seed 2630 )
( 牡丹玉(変種)モーゼリアナム   M 24)










2018.11.03 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |