FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



G. friedrichii [ AGG ]
(= G. stenopleurum [G. Charles ])
(= G. mihanovichii v. friedrichii)

本日は主に G. friedrichii ( 牡丹玉 )の原種の花の写真です。

FN( フィールド No. )の違いにより
また同じFNの中でも、肌色や、
横縞隆起の形、アレオーレの綿毛の多少などに
違いがあります。

この種は、近縁のG. mihanovichii ( 瑞雲丸 )に比べて、
稜が薄い鋭稜であること、つぶつぶのあるザラ肌、
白花またはピンク花の点で異なります。

G. mihanovichii ( 瑞雲丸 )の方は、
稜が厚く、緑色のツヤ肌、茶緑色の全開しない花です。

最近の FN(フィールドNo. ) のついた G. friedrichii ( 牡丹玉 )は
ほとんどが白花です。
開花の二日目くらいから淡紅色を帯びるものはあります。

これに対して、国内に古くからある牡丹玉、
緋牡丹錦の実生に付随して出てくる牡丹玉は、
ピンク花が多く出ます。
牡丹玉の斑入り種である、緋牡丹錦、緋牡丹も、
多くがピンク花です。

ヨーロッパでも同様で、
G. friedrichii ( 牡丹玉 )の系統の古い時代の交配種とされる、
ピラレタエンセ、アングストストリティアータ、カエスピトーサなどは
ピンク花が多く出ます。



190623--DSC_2361--friedrichii--VoS 018--Piltz seed 5938
190524--DSC_1719--friedrichii --VoS 018--Piltz seed 5938
Gymnocalycium friedrichii       VoS 018
north of Ctn General Lagarenza,  Paraguay
( Piltz seed 5938 )
(ギムノカリキウム属  牡丹玉          VoS 03-018 )



190601--DSC_1924--friedrichii--VoS 017a--N of Americo Pico Boqueron Paraguay--VoS seed (2013)
181216c_132107--friedrichii--VoS 17a--
Gymnocalycium friedrichii   VoS 01-017a

Ipitacuape north, Santa Cruz, Bolivia, 728m  
(V. Schaedlich seed)

( ギムノカリキウム属 牡丹玉          VoS 01-017a )



190601a--DSC_1922--friedrichii--LB 2218--2km south Pablo Lagerenza Paraguay
181215a_110413--friedrichii-LB 2218--Bercht seed
Gymnocalycium friedrichii      LB 2218   
2km s
outh Pablo Lagerenza, Paraguay

 (Bercht seed 2395(2011))

( ギムノカリキウム属  牡丹玉         LB 2218 )


190604--DSC_2048--friedrichii--STO 995--Amerhauser seed (2009)
190604--DSC_2047--friedrichii STO 995--Amerhauser seed (2009)
181216_131357--friedrichii---STO 995--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium friedrichii   STO 995

Charagua to San Antonio del Parapeti,
Santa Cruz, Bolivia, 
(
 Amerhauser seed )
( 牡丹玉          STO 995 )




190601a--DSC_1917--friedrichii--LB 1278--Agua Dulce Aito Paraguay Paraguay--ex Ukreina--eBay (2018) 
190624--DSC_2397--friedrichii --LB 2178--ex Ukraine--Ebay <
Gymnocalycium friedrichii      LB 2178

Agua Dulce, Alto Paraguay,Paraguay 
( ギムノカリキウム属 牡丹玉         LB 2178 )





190604--DSC_2038--friedrichii--VoS 014--E of Agua Dulce Alto Paraguay Paraguay 
Gymnocalycium friedrichii      VoS 01-014

east of Agua Dulce, Alto Paraguay,Paraguay 
( ギムノカリキウム属 牡丹玉         VoS 01-014 )






スポンサーサイト
2019.06.27 09:25 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium friedrchii STO 995 ( 牡丹玉 )に綴化花が咲きました。
滅多にないことですので、写真をご覧ください。

最初の写真で、左上の花は正常な花です。
右下の二つが綴化花です。

三番目の写真は花が開く前のものですが、
一つのアレオーレから出た花筒部が二つに分かれて、
二つの花になっています。
この二つの花が二つとも綴化の花です。

また、この牡丹玉は花粉を欠いており、黒い葯が露出しています。
一般に牡丹玉の花粉は淡黄色で、
葯は灰色が多く、黒い葯は少ないように思います。



190613--DSC_2183--friedrichii--STO 995--Amerhauser seed (2009)

190613b--DSC_2181--friedrichii--STO 995--Amerhauser seed (2009)
190614--DSC_2196--friedrichii --STO 995--Amerhauser seed
Gymnocalycium friedrichii      STO 995
Charangua - San Antonio de Parapeti, 500m, Santa Cruz, Bolivia
(H. Amerhauser seed (2009) )
( ギムノカリキウム属 牡丹玉   STO 995  )






2019.06.18 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主として
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。
--------------------------------------------------------------------------



本日は Gymnocalycium damsii (麗蛇丸) の花の写真です。

麗蛇丸の花は花弁が白または明るいピンク色ですが、
葯が黒色から茶色で目立ちます。

淡黄色の花粉がなくて、
最初から黒い葯が露出しているものもあります。

近い種に Gymnocalycium anisitsii(翆晃冠)がありますが、
花の形状が異なるとされます。

下の写真のように、麗蛇丸の花は、
花弁が平面上に並び上下に乱れない、
最内花弁が非常に短い、
などが特徴とされています。

この種は主にボリビアに産します。



190601--DSC_1941--damsii--M 98--San Jose de chiqutas chaco Bolivia--ex milena
190601--DSC_1940--damsii--M 98--San Jose de Chiquitas Chaco Bolivia--ex milena
Gymnocalycium damsii  M 98
San Jose de chiqutas, Chaco,  Bolivia
(( ex) Milena)
( ギムノカリキウム属  麗蛇丸  M 98)



090520-Sany0176-damsii v.centrispinum-kyouseien
090520-Sany0177-damsii v.centrispinum-Kyouseien
Gymnocalycium damsii v. centrispinum   
( ギムノカリキウム属  麗蛇丸(変種)セントリスピナㇺ  (旧来品))






180515--Sany0053--damsii v centrispinum--STO 95-981--ex Eden 15911

181129_104437--damsii v centrispinum--STO 981--Robore - Santisgo Santa Cruz Bol--ex Eden 15911 (2007)
Gymnocalycium damsii v. centrispinum    STO 981
Robore - Santisgo,  Santa Cruz,  Bolivia
(( ex) Eden )
( ギムノカリキウム属  麗蛇丸  STO 981 )







2019.06.03 10:46 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主として
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。
--------------------------------------------------------------------------


写真はGymnocalycium mihanovichii (瑞雲丸)
の茶緑色の全開しない花 です。

緑色の花はギムノの中でも他に例がありません。
Fric (フリック)により、
初めてヨーロッパにもたらされた時は大人気で、
高値で取引されたとの話が残っています。

瑞雲丸の近縁の種に牡丹玉があります。
瑞雲丸は滑らかな肌で、少しツヤがあります。
これに対して、近縁の牡丹玉の肌はつぶつぶのある、
ツヤのないザラ肌です。

近縁の G. friedrichii (牡丹玉)が、
白色からピンク色の花で全開するのに対して、
瑞雲丸の花は、茶緑色で半開の花です。
大きく開いたのは見たことがありません。
非常に高温の時以外は内弁が開かないとされています。




190525a--DSC_1750--mihanovichii--.jpg
Gymnocalycium mihanovichii      VoS 267
Lagerenza, Alto Paraguay, Paraguay
((ex) Eden Plants)
( ギムノカリキウム属 瑞雲丸   (ケーレス種子(実生))



190525a--DSC_1753--mihanovichii-koehres seed --Paraguay Boqueron
Gymnocalycium mihanovichii
Paraguay
(Koehres seed)
( ギムノカリキウム属 瑞雲丸   (ケーレス種子(実生))


次の写真の株は、今年はどうしたことかつぼみがつきません。
元気そうに見えるのですが。
緑色の肌に茶色の刺の変わったタイプです。
181025--Sany0065-mihanovichii ( v argentina)--Koehres see
Gymnocalycium mihanovichii
Argentina
(Koehres seed)
( ギムノカリキウム属 瑞雲丸   (ケーレス種子(実生))





2019.05.28 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium damsii ssp. evae v. boosii 〔AGG〕
(= Gymnocalycium anisitsii ssp. damsii 〔G. Charles〕 )
(= Gymnocalycium damsii v. boosii )

ボオシーのピンク色の花が咲きました。
エバエの系統はどれも濃いピンク色の花を咲かせます。

この種は、G. damsii ssp. evae ( 麗蛇丸(亜種)エバエ )の変種、
あるいはG. damsii ( 麗蛇丸)の変種とされています。

ボリビア産で、長く、ねじれた刺が一つの特徴とされます。
写真の 株は今のところはもう一つその特徴が出ていません。

明るい黄緑色の肌で、稜の谷間が浅く、稜が扁平です。




190517--DSC_1633--damsii ssp evae v boosii--LB 2331--pipeline km 384km Bolivia--Bercht seed 2306(2011)
190517--DSC_1634--damsii ssp evae v boosii--
Gymnocalycium damsii ssp. evae v. boosii      LB 2331
pipeline km 384,  Bolivia
( Bercht seed 2306 (2011))
( エバエ(変種)ボオシー     LB 2331  )





190517--DSC_1636--damsii ssp evae-boosii--
190517--DSC_1635--damsii ssp evae v boosii--STO 1404--S of San Jose Bolivia --ex Eden 18374
181019--Sany0236--amsiissp evae v boosii--STO 1404--S of San Jose--Sierra Cruz Bolivia--ex Een IB18374

Gymnocalycium damsii ssp. evae v. boosii      STO 1404
south of San Jose,  Bolivia
((ex) Eden )
( エバエ(変種)ボオシー      STO 1404 )







2019.05.18 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |