FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. stellatum v. zantnerianum [AGG]
(= G. quehlianum [G. Charles])
(= G. quehlianum v. zantnerianum )

竜頭系のザントネリアナム ですが、
根元の黒い刺と、稜の多いのが特徴です。

最初の写真はLB 1137 で、
原種の G. stellautum v. zantnerianum
( = G. quehlianum v. zantnerianum)です。



180817--Sany0027--quehlianum v zantnerianum--LB 1137--ex Kikakusha
180817--Sany0025--quehlianum v zantnerianum-LB 1137--ex Kikaku sha-
Gymnocalycium stellatum v. zantnerianum       LB 1137     
Ojo de Agua, Sierra de Macha,Cordoba, 600m, Arg. 
 ( ザントネリアナム                     LB 1137   )



少し古い写真になりますが、
同じく、G. stellautum v. zantnerianum
( = G. quehlianum v. zantnerianum)で、
ピルツ種子実生の STO 88-117 です。



140823--Sany0207--stellatum v zantnerianum--STO 88-117--Piltz seed 2859
110926-Sany0119-G. stellatum v. zantnerianum-STO 88-117-Piltz seed 2859
Gymnocalycium quehlianum v. zantnerianum     STO 88-117
 west of Dean Funes,Cordoba, Arg.      
(Piltz seed  2859)  

( ザントネリアナム           STO 88-117  )



少し以前まで G. stellatum v. minimum とされていた種が
ありますが、これも今では G. quehlianum v. zantnerianum
一タイプと考えられています。

130410--Sany0159--stellatum v minimum--STO 89-285-2--Piltz seed 3223
Gymnocalycium. stellatum v. minimum   STO 89-285-2

San Pedro del Norte, Cordoba, Arg.

(Piltz seed 3223)     




黒蝶玉の和名で戦前から栽培されて来た、
竜頭(G. stellatum )の系統の種があり、
この種に該当すると考えられます。

和名は、根元の黒い5本刺を黒い蝶と見たものと
思います。 先まで黒い刺のものもあります。



03080201-kokuchou.jpg 
Gymnocalycium quehlianum v. zantnerianum
( 黒蝶玉     (旧来品) )


02032001-kokutyou.jpg 
Gymnocalycium quehlianum v. zantnerianum
( 黒蝶玉     (旧来品) )


060716-Sany1360-kokuchou-yms.jpg 
Gymnocalycium quehlianum v. zantnerianum
( 黒蝶玉     (旧来品) )








スポンサーサイト
2018.08.20 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. bodenbenderianum v. vertongenii [AGG]
(= G. riojense ssp. vertongenii  [AGG(~ 2013)]



G. bodenbenderianum v. vertongenii ( ヘアトンゲニー )ですが、
守殿玉の系統の中で、比較的新しい種です。

この種は H. Vertongen (ヘアトンゲン)氏の発見です。
この人はロビビアが専門と聞いたように思いますが、
ギムノについても多くの新しいタイプ、種を
HV のフィールド No. で提供してくれています。

守殿玉の系統 (G. bodenbenderianum (= G. riojense ))
亜種、変種が La Rioja (ラリオハ)州に広く分布しますが、
この種はこれらの産地から大きく西に離れた、
チリに近い 2250m の高地に産します。
ギムノをやる人があまり調査しない地域です。

種の説明を見ると、径 130mm まで、球形で、
肌色は成長期は灰緑色、休眠期は灰茶色、
刺は茶色で、胴体から突き出るとされています。

写真は Bercht 種子の実生です。
キリンウチワ接ぎで育てたもので、まだ 3cm 径です。
守殿系に見えないように思っていたのですが、
ほぼ種の説明に合っているようです。





180710--Sany0091--riojense ssp vertongenii--HV 1438--Bercht seed 
Gymnocalycium bdenbenderianum v. vertongenii    HV 1438
Laguna Brava, La Rioja, Arg.
(Bercht seed 3812(2014))
( ヘアトンゲニー      HV 1438 )












2018.07.25 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium platygonum ( プラティゴナム )

G. platygonum
(= G. bodenbenderianum v. paucispinum f. platygonum [AGG])
(= G. riojense ssp. paucispinum v. platygonum[AGG(~2013)])
(= G. bodenbenderianum [G. Charles])

怪竜丸(G. basiatrum)に似た外観ですが、
G. basiatrumの産地とはかなり北へ離れた地域、
G. paucispinum(= G. riojense ssp.paucispinum)
の産地の近くに自生します。

以前のAGG分類では、G. paucispinum (パウキスピナム)
の変種とされていました。

G. paucispinum (パウキスピナム)との差異として、 
刺座が小さく、刺が球体に密着する点があります。
雌性花もしくは雄性花がある、花に香りがあるということも
云われています。






180630a--Sany0172---platygonum--JO 171--Bercht seed 3624 (2014)
Gymnocalycium platygonum     JO 171
Salinas Grandes, Catamarca, Arg
Bercht seed 3624 (2014)
( プラティゴナム   JO 171 )



180601--Sany0174--platygonum--STO 474--Mesa seed 481.14--x Milena
180601--Sany0176--platygonum--STO 474--Mesa seed
Gymnocalycium platygonum     STO 474
Salinas Grandes, Catamarca, Arg
(Mesa seed  481.14)
( プラティゴナム   STO 474)



180602--Sany0016--platygonum--WR 224A--Koehres seed (2009)
Gymnocalycium platygonum     WR 224A
Torre del Militar, La Rioja, Arg
(Koehres seed )
( プラティゴナム   WR 224A)







2018.07.17 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. stellatum v. zantnerianum [AGG]
(= G. quehlianum [G. Charles])
(= G. quehlianum v. zantnerianum )

黒蝶玉の和名で戦前から栽培されて来た種が、
この種に該当すると考えられます。
従来から竜頭(G. stellatum )の系統と見られて来ました。

和名は、根元の黒い5本刺を黒い蝶と見たものと
思います。 先まで黒い刺のものもあります。
小型で、稜の多いのも特徴です。

写真はLB 1137 で、
原種の G. stellautum v. zantnerianum
( = G. quehlianum v. zantnerianum)です。

ピンク色のつぼみが見えます。



180628--Sany0106--quhelianum v zantnerianum--LB 1137--ex Kikakushau
Gymnocalycium quehlianum.v. zantnerianum   LB 1137
Sierra de Macha, 600 m, Cordoba、Arg.
 (  ザントネリアナム        LB 1137   )








2018.07.09 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. piltziorum
(= G. bodenbenderianum ssp. piltziorum [ AGG(2013) ])
(= G. bodenbenderianum [ G. Charles ])
(= G. riojense ssp. piltziorum) [ AGG(2008)])


写真は G. piltziorum ( ピルツィオラム ) LF 20 です。

ピルツィオラムは、 守殿玉のグループ
( G. bodenbenderianum ( = G. riojense))の中で、
強刺のものが多く、人気があります。

最初の写真は黒刺の LF 20 で、
黒い新刺が出てきました。
実はこの株はこの2年ほど調子が悪く、
ほとんど新しい刺が出ていなかったものです。
このまま成長することを期待しています。



180614--Sany0158--piltziorum--LF 20--Pituil LR 1250m--ex Eden IB14847 (2008)
Gymnocalycium piltziorum     LF 20
Pituil. La Rioja, 1250m, Arg.
((ex) Eden)
( ピルツィオラム          LF 20)




次は少し古い写真ですが、同じ LF 20 で、
新刺が黒茶色のタイプです。
刺がやや細いのと、縦長になったのが惜しまれます。


170722--Sany0097-piltziorum--LF 20--ex Eden 14847
Gymnocalycium piltziorum     LF 20
Pituil. La Rioja, 1250m, Arg.
((ex) Eden)
( ピルツィオラム          LF 20)





三番目の写真は、同じ LF 20 で、
新刺が白っぽい色のタイプです。
これは今のところ背低く順調に育っています。


160911a--Sany0169--piltziorum--LF 20--Pituil LR--Jecminek seed
Gymnocalycium piltziorum     LF 20
Pituil. La Rioja, 1250m, Arg.
(Jecminek seed)
( ピルツィオラム          LF 20)





2018.06.18 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |