ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. buenekeri [AGG]
(= G. horstii ssp. buenekeri [G. charles])
(= G. horstii v. buenekeri)

G. horstii(ホルスティー) に近い種ですが、
G. horstii(ホルスティー) のツヤ肌、白花に対して、
G. buenekeri ( 聖王丸 )は、ツヤのない肌で、ピンク花です。

この種は 国内で聖王丸、ペンタカンサとしてよく普及しています。
欧州で、G. denudatum v. pentacanthum (ペンタカンサム)
とされた時期があり、当初この名称で輸入されたようです。
pentacanthum は5本刺を意味します。

両種とも5稜が基本で、一般に大きくなっても5稜を維持します。

4稜のタイプが時々出現します。

一、二枚目のの写真は、径13㎝、8稜の聖王丸です。
10年以上栽培しています。
成長はしていますが、径は大きくならず、根元に縮んでいきます。
秋のギムノの花の少ない時期に、大きな淡ピンク花をつけました。

Sany0088--buenekeri--13cm diameter--ex yms
Sany0089--seiou--ex yms
Gymnocalycium buenekeri    
( 聖王丸               (旧来品)   )


次の写真は上記の株のカキ仔を大きくしたものです。
径11㎝になりますが、まだ増稜していません。

Sany0069--buenekeri--ex yms
Gymnocalycium buenekeri    
( 聖王丸               (旧来品)   )


下の写真は、特に稜の丸いタイプです。
上から見ると円形に近く見えます。

Sany0072--buenekeri--LB 584--ex Eden 14417
Sany0090--buenekeri--.jpg
Gymnocalycium buenekeri   LB 584
Sao Francisco de Asiss,  Rio Grand de Sul, Brazil 
( 聖王丸             LB 584  )




次のの写真は、やや鋭い稜のタイプの聖王丸です。
こちらは上から見ると五角形に近く見えます。
小型で群生します。

子株をとれば単頭で大きくなるのかも知れませんが、
群生に育てています。

Sany0076--seiou--ex hashimoto
Gymnocalycium buenekeri    
( 聖王丸               (旧来品)   )




スポンサーサイト
2017.10.07 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. fleischerianum 〔AGG〕
(= G. paraguayense 〔G. Charles〕 )

写真の G. fleischerianum  p 411 が、
この秋の花の少ない時期に開花しました。
底紅の白花です。

稜の背辺りが黄色いですが、
これは冬の色が残っているせいです。
春から調子が悪く、植え替えてからやっと
緑色の肌に戻ってきたところです。

蛇紋玉の和名で古くから普及している、
G. fleischerianum (フレイシェリアナム)ですが、
この種はパラグアイに産し、
G. paraguayense( パラグアイエンセ )に近い種です。

G. Charles はこの種を G. paraguayense( パラグアイエンセ )
と同種とし、これに含めています。
G. Charles 〔チャールス〕の本では、
G. fleischerianum は種名にあがっていません。



Sany0079--fleischerianum--P 411--Oyopoi Paraguay--Mesa seed 464.092
Sany0080a--fleischerianum--p 411--mesa seed
Gymnocalycium fleischerianum      P 411
Oyopoi,  Paraguay         
( Mesa seed  464.092 )
( 蛇紋玉                 P 411  )






2017.10.05 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium mesopotamicum ( メソポタミクム )

この種は外観はあまり似ませんが、
G. denudatum (デヌーダタム)や、
G. uruguayense (ウルグアイエンセ)に近い種です。
大きな種子で、Macrosemineum 亜属に属します。

径4cm までで、仔吹きして群生するとされます。

この種は、ブラジルに国境を接する、
アルゼンチン、 Corrientes (コリエンテス)州の、
Mercedes (メルセデス)近辺の、
岩石の散在する草地にに産します。

ギムノの少ない地域です。
産地の写真を見ると、芝生状に群生しています。
栽培では古くなると柱状になるようです。





SANY0003--mesopotamicum var--LB 2298--Bercht seed
Gymnocalycium mesopotamicum    LB 2298 
(Bercht seed )
( メソポタミクム            ベルヒト種子 実生    )


Sany0068--mesopotamicum--P 241--ex Houmei en
Gymnocalycium mesopotamicum   P 241
( メソポタミクム            P 241  )



Sany0004--mesopotamicum--P 241-ex Houmei en
Gymnocalycium mesopotamicum   P 241
( メソポタミクム            P 241  )




Sany0187--mesopotamicum--Mesa seed 470.2
Gymnocalycium mesopotamicum     
(Mesa seed 470.2)
( メソポタミクム            メサ種子 470.2 実生    )



Sany0156-mesopotamicum--LB 2299--Bercht seed
Sany0079--mesopotamicm--LB 2299--Bercht seed
Gymnocalycium mesopotamicum     LB 2299
between Paso and  Mercedes, Corrientes, Arg. 200 m
(Bercht seed )
( メソポタミクム                 LB 2299 )







2017.08.19 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. denudatum ssp. angulatum [AGG]
(= G. denudatum [G. Charles])

基準種のG. denudatum ( デヌータタム) の5稜に比較して、
本亜種は7~9稜、
基準種の5本刺に対して本亜種は7~9本刺、
コブ隆起のある稜、花底がピンクの白花、
より小さい胴体、などの違いがあるとされます。

写真の苗も、小型で、刺数の多いのが目立ちます。
白花ですが、花底がピンクのものは出ていません。

南ブラジルの Rio Grande do Sul (リオグランデドスル) 地区、
Cavera (カベラ) 近辺に産します。





Sany0013--denudatum ssp angulatum--GF 309--northen Dom Pedrito--Piltz seed 4946
Gymnocalyium denudatum ssp angulatum    GF 309
northen Dom Pedrito、Rio Grand do Sul, Brazil
(Piltz seed 4946)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム           GF 309 )



Sany0059--denudatum ssp angulatum--MM 418--Piltz seed 4604--ex Milena
Gymnocalyium denudatum ssp angulatum      MM 418
Road to Serra do Cavera, 25km from BR290,
Rio Grande do Sul, Brazil
(Piltz seed 4604)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム           MM 418 )



Sany0140--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G d Sul Brazil
Sany0048--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G d Sul--Piltz seed 3423

Gymnocalycium denudatum ssp. angulatum      GF 304 
Dom Pedrito, Rio Grande do Sul, Brazil
(Piltz seed 3423)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム         GF 304   )







2017.08.14 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. denudatum 〔AGG〕,〔G. Charles〕

G. denudatum ( デヌータタム )は、
国内の天王丸、海王丸に近い種ですが、
刺座の下のこぶ隆起が見られず、
隆起の間の横溝もほとんどありません。

1~4番目の写真は、
5 稜で3~5本の曲刺が胴体に密着し、
ごく一般的なタイプです。

5番目が7本刺、6番目が中刺タイプで、
あまり見かけません。
4稜、8稜が実生から稀に出現します。

この種の産地は南ブラジルの、
Rio Grande do Sul (リオグランデドスル)地方で、
アルゼンチン、ウルグアイに隣接する地域です。

なお、国内で アルテガスの名称で流通している種は、
G. denudatum ( デヌータタム ) の一つのタイプと考えられます。



Sany0184--denudatum-GF 54--Bercht seed-
Gymnocalycium denudatum      GF 54
( Bercht seed  )
( デヌーダタム   GF 54)


Sany0174--denudatum--AH 368--CCB seed CB-010655
Gymnocalycium denudatum      AH 368
( CCB seed  CB-01065  )
( デヌーダタム   AH 368)



Sany0180--denudatum--LB 814--bercht seed
Gymnocalycum denudatum    LB 814       
 ( Bercht seed)
( デヌーダタム   LB 814 )


 

Sany0182--denudatum--GF 54--Bercht seed (2004)
Gymnocalycium denudatum     GF 54
north of Torrinhas, Rio Grande do Sul, Brasil
( Bercht seed )

( デヌーダタム   GF 54 )


Sany0172--denudatum--GF 332--Cacapava - Lavas--ex Eden 15952
Gymnocalycium denudatum    GF 332
22 km south of Cacapava, Brasil
( デヌーダタム   GF 332 )




Sany0176--denudatum--PR 914--Rio Grande do Sul Brazil--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium denudatum    PR 914
Rio Grande do Sul, Brazil
( Amerhausert seed (2009))
( デヌーダタム   PR 914)



Sany0166--denudatum--GF 54--Bercht seed
Gymnocalycium denudatum    GF 54
( Bercht seed )
( デヌーダタム   GF 54 )



Sany0164--denudatum--GF 32--Koehres seed
Gymnocalycium denudatum    GF 32

22 km south of Cacapava, Brasil
( Koehres seed )
( デヌーダタム  GF 32) 








 
2017.07.11 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(2) |