FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium monvillei v. steinerii [AGG])
(= Gymnocalycium monvillei ssp. monvillei [G. Charles])

G. monvillei ( モンビレイ )の変種の
v. steineri ( ステイネリー)ですが、
根元まで黄色の、胴体から突き出した、
密生した長い刺が特徴とされています。

G. monvillei ( モンビレイ )の基準種や他の変種は、
大抵刺が胴体に密接しています。

このv. steineri ( ステイネリー)は、
多くは刺が胴体に密着せず、離れて出ています。


最初の写真の JPR 92-109-260 は、
今春になって急に長い刺が突き出すように出始め、
これからどういう形になるのか楽しみにしています。
種子リストに(type form)のメモがついていて、
記載時の基準タイプかと思います。




190702--DSC_2507--monvillei v steineri--JPR 92-109-162-CCB seed-
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    JPR 92-109-260
 Cumbre de Achala, Cordoba, Arg.
(  CCB seed (2006) )
( ギムノカリキウム属 モンビレイ (変種) ステイネリー   JPR 92-109-260 )



170228--Sany0059--monvillei v steineri--Tom 374a-Paraje Pierda la Tortuga 10km from Nina Paula Cordoba -Kulhanek seed (2010)
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    Tom 347a
Paraje Pierda  La Tortuga, 10km from Nina Paula, Cordoba, Arg.
(  Tomas Kulhanek seed (2010) )
(  ギムノカリキウム属 モンビレイ (変種) ステイネリー    Tom 347a   )



150105--Sany0147--monvillei v steineri--LF 95A-ex Eden 16832
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    LF 95A
 El Condor, Cordoba, Arg.
(  (ex) Eden )
( ギムノカリキウム属  モンビレイ (変種) ステイネリー      LF 95A )





スポンサーサイト
2019.07.19 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


G. carminanthum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum [AGG])
(= G. oenanthemum [G. Charles])

本日は赤花の G. carminanthum ( カルミナンサム )です。
ギムノは白花が多く、赤い花は目立ちます。

本種に近い種に、G. oenanthemum (純緋玉)、G. tillianum (チリアナム)
があります。

AGGはこの種を G. oenanthemum (純緋玉)の亜種としています。
大きな分類をする G. Charles はG. oenanthemum のみを種と認めて、
G. carminanthum, G. tillianum はこれに含めています。

G. carminanthum ( カルミナンサム )は赤い花が魅力ですが、
刺も強いものが多く、この点でも楽しめます。

アルゼンチンのCatamarca (カタマルカ)洲、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)に自生します。



190714--DSC_2740--carminanthum--BKS 113--Piltz seed 3074
Gymnocalycium carminanthum   BKS 113
Los Angels, Sierra Ambato, Catamarca, Arg.
(Piltz seed 3074)
( ギムノカリキウム属 カルミナンサム   BKS 113 ) 




190714--DSC_2734--carminanthum--Tom 128-1--Los Angels Lato SX--ex Milena (2011)
Gymnocalycium carminanthum   Tom 06-128.1
Los Angels, Catamarca, Arg.
((ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 カルミナンサム   Tom 06-128.1 ) 



次の写真は変種のモンタナムです。
基準種の G. carminanthum (カルミナンサム)に対して、
より小さな胴体、より青い肌色、より小さな花、
胴体から突き出す刺 などが特徴とされます。

基準種に比べて高地に自生します。
変種名の( montanum) は(山地性の)を意味します。

190714--DSC_2733--carminanthum v montanum--LF 74a--Los Angeles Catamarca 2500m--ex Milena (2011)
Gymnocalycium carminanthum v. montanum   LF 74a
Los Angels,  Catamarca, 2500m, Arg.
((ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 カルミナンサム(変種)モンタナム   LF 74a)







2019.07.15 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium prochazkianum
(= Gymnocalycium valnicekianum ssp. prochazkianum [AGG])
(= Gymnocalycium mostii ssp. valnicekianum [G. Charles])

本日は表皮が白い粉に被われるギムノ、
プロチャズキアナムの 写真を撮って並べました。

本種は径 70mm までの小型種です。
紅蛇丸(Gymnocalycium mostii)の系統で、
ビカラーにも近い種です。

産地の写真では、白い粉を吹いた扁平な球体に、
黄白色の刺をつけています。

実生苗の栽培でも、多くのものが白い粉(ブルーム、果粉)
を吹いて、産地と同様な姿になります。
中には同じ環境で白くならないものもあります。

白い部分の多少は季節により変わります。
春に稜の谷間に鮮やかな色の新成長部ができて、
夏から秋を経て、この部分も白くなってきます。

種名の ( prochazkianum) は、チェコのギムノの研究者の
Jaroslav prochazka (プロチャズカ) 氏に因ります。
JPR のFN(フィールドNo.)でよく知られています。



190712--DSC_2696--prochazkianum--VS 141--Piltz seed 5212
Gymnocalycium prochazkianum      VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.
( Piltz seed 5212 )
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          VS 141 )




190712--DSC_2699--prochakianum-VS 141--Piltz seed 5212--ex Shimada
Gymnocalycium prochazkianum      VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.
( Piltz seed 5212 )
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          VS 141 )




190712--DSC_2685--prochazkianum--VS 141--Quilino cordoba--ex Mil<br />ena
Gymnocalycium prochazkianum      VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          VS 141 )



DSC_2670--prochazkianum--VS 141--ex MIlena (2015) 
Gymnocalycium prochazkianum      VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          VS 141 )


190712--DSC_2663--prochazkianum--JPR 184-562--ex Eden 
Gymnocalycium prochazkianum      JPR 184-562
Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム        JPR 184-562 )




190712--DSC_2666---prochazkianum--STO 1581--ex Milena (2010)
Gymnocalycium prochazkianum      STO 1581
Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          STO 1581 )




190712--DSC_2676--prochazkianum--STO 99-1581-2--south Quilino--ex milena (2017)
Gymnocalycium prochazkianum     STO 1581-2
south Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          STO 1581-2 )



190712--DSC_2679--prochazkianum--STO 1581--Quilino Cordoba--ex Milena(2011)
Gymnocalycium prochazkianum      STO 1581
Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          STO 1581 )




190712--DSC_2673--prochazkianum--WP 04-241-760--ex milena (2015)
Gymnocalycium prochazkianum      WP 04-241
Quilino, Cordoba, Arg.
( (ex) Milena)
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム         WP 04-241 )



190713--DSC_2711--prochazkianum--LF 81--Quilino Cordoba 600m--Bercht seed 3642 (2014) 
Gymnocalycium prochazkianum      LF 81
Quilino, Cordoba, Arg. 600m
( Bercht seed 3642 (2014))
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム         LF 81)









2019.07.13 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium spegazzinii f. unguspinum
(= Gymnocalycium spegazzinii [AGG])

写真は、天平丸(短刺タイプ)の開花です。

これは SL 44B のフィールド No. で
種子が販売されているものです。
f. または fa. は(品種)を表わし、変種の下のレベルです。

これは原種で、FNがついています。
産地で一般品に混ざって少数の短刺のタイプがあると
報告されています。

国内でも、短刺天平の名称でいろんなタイプが 流通しています。
栽培品の実生の中から出たものと聞いています。
一時期よく見かけましたが、あきられたのか最近はあまり目にしません。

短刺であるとともに、強く曲がった刺が特徴です。
この株は今のところ扁平に育っています。
天平丸は短刺タイプに限らず、長球状が一般的で、
扁平なものは少ないと思います。



190624--DSC_2393--spegazzinii v unguispinum--south of Puenta Tastii 3000m--Bercht seed 4141 (2014)
190624--DSC_2395--spegazzinii--unguispinum--Bercht seed
190318--DSC_0496--spegazzinii f unguispinum--SLL 44b--Bercht seed 4141(2014)
Gymnocalycium spegazzinii f. unguispinum       SL 44b
(Bercht seed 4141 (2014))
( ギムノカリキウム属 天平丸(品種)ウングイスピナム (短刺天平丸)     SL 44b )




次の写真は少し古いものですが、同じFNのベルヒト種子(2010年)の実生です。
うまく育たず、今はありません。
130622--Sany0129--spegazzinii f unguispinum--SL 44B--zuid Puerta Tastil 3000 m--Bercht seed 2971(2010)
 
Gymnocalycium spegazzinii f. unguispinum       SL 44b
(Bercht seed 2971 (2010))
( ギムノカリキウム属 天平丸(品種)ウングイスピナム (短刺天平丸)     SL 44b )






2019.07.08 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium prochazkianum
(= Gymnocalycium valnicekianum ssp. prochazkianum [AGG])
(= Gymnocalycium mostii ssp. valnicekianum [G. Charles])

写真はプロチャズキアナム VS141の開花です。

本種は径 70mm までの小型種です。
紅蛇丸(Gymnocalycium mostii)の系統で、
ビカラーにも近い種です。

産地の写真では、白い粉を吹いた扁平な球体に、
白っぽい刺をつけています。

実生苗の栽培でも、多くのものが白い粉を吹いて、
産地と同様な姿になります。
中には同じ環境で白くならないものもあります。

白い部分の多少は季節により変わります。
春に稜の谷間に鮮やかな色の新成長部ができて、
夏から秋を経て、この部分も白くなってきます。

種名の ( prochazkianum) は、チェコのギムノの研究者の
Jaroslav prochazka (プロチャズカ) 氏に因ります。
JPR のFN(フィールドNo.)でよく知られています。



190702--DSC_2503--prochazkianum--VS 141--Quilino Cordoba--ex milena (2015)
190702--DSC_2506--prochazkianum--VS 141-- 
Gymnocalycium prochazkianum      VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.
( Piltz seed 5212 )
( ギムノカリキウム属 プロチャズキアナム          VS 141 )







2019.07.06 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |