ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. cardenasianum ssp. armatum [AGG]
(= G. cardenasianum [G. Charles])
(= G. cardenasianum fa. armatum )
(= G. spegazzinii ssp. armatum)
(= G. armatum )

写真は実生三年、キリンウチワ接ぎの
G. armtum ( アルマツム )です。
やっと長い刺が出るようになりました。

JO 129.1, VoS 074 は Paichu Cenrto (パイチュ セントロ)産で
G. armatum (アルマツㇺ)とされるものです。

三枚目の VS 300 は Parokia 産で、
G. armatum (アルマツㇺ)とされていますが、
G. cardenasianum (光琳玉)との中間形態とされる
こともあります。

ネットでヨーロッパ(特にチェコ)の栽培品を見ると、
黒い刺、非常に長い刺のものが見られますが、
実生からなかなからこういう魅力的なタイプが出てくれません。





Sany0051--armatum--JO 129.1--Paichu Centro--bercht seed
Gymnocalycium armatum JO 129.1
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 2356(2014))
( アルマツㇺ      JO 129.1 )


Sany0048--armatum--VoS 074--Paichu Centro--Bercht seed 2358(2014)
Gymnocalycium armatum     VoS 074
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
(Bercht seed 2358(2014) )
( アルマツㇺ     VoS 074 )




Sany0046--armatum--VS 300--Rio Toraja Puno, Parokia,Tarija, 2854m、Bol.--Bercht seed 2359(2014)
G. armatum    VS 300
Rio Toraja Puno, Parokia,Tarija, 2854m、Bolivia
Bercht seed 2359(2014)
( アルマツㇺ     VS 300)










スポンサーサイト
2017.04.01 10:45 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
写真は、G. bayrianum ( バイリアナム )  P 399  です。
三角袖接ぎです。

この種は、G. spegazzinii (天平丸)、
G. cardenasianum (光琳玉)に近い種です。

3~5本の刺が胴体に沿って伸びるタイプが
一般的ですが、刺が突き出すタイプもあり、
長刺で光琳玉に近い外観のタイプもあります。

Tucuman(ツクマン)州から、 Salta(サルタ)州にかけて
広い地域に分布する G. spegazzinii (天平丸) に対して、
この種はTucuman(ツクマン)州東部のやや狭い地域で、
ごくわずかにSalta(サルタ)州に入ったところまでに
分布します。



Sany0042--bayrianum--P 399--Trancas 800m--Mesa seed 457.21(2011)
Gymnocalycium bayrianum  P 399
Trancas, Tucuman, Arg.
( Mesa seed 457.21 )
( バイリアナム           P 399 )





2017.03.31 11:20 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. monvillei v. grandiflorum [AGG(2008)])
(= G. monvillei[AGG])

以前はAGG で、モンビレイの変種で、
v. grandiflorum(グランディフローラム ) とされていましたが、
現在では基準種のG. monvillei (モンビレイ)の 一タイプ
であるとして、これと同種とされています。

変種名が大きな花の意ですが、写真の LF 95A ,VS 154 は
それほど大きな花が咲いていません。
ネットで見るヨーロッパの栽培品の中には
大きな花があります。
外観は基準種とそう変わらないようです。





Sany0065--grandiflorum--LF 95A--ex Eden IB 16832
Gymnocalycium monvillei v. grandiflorum   LF 95A
El Condor, Cordoba, Arg.
( モンビレイ(変種)グランディフローラム      LF 95A  )




Sany0066--monvillei v grandiflorum--VS 154--Mesa seed 473.6--ex Mrk
Sany0068--monvillei v grandiflorum--VS 154--Mesa seed 473.6
Gymnocalycium monvillei v. grandiflorum   VS154
El Condor, Cordoba, Arg.  1650m
(Mea seed 473.6)
( モンビレイ(変種)グランディフローラム )






2017.03.07 09:30 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. bayrianum ( バイリアナム )は、
冬期に紫色を帯びるものが時々見られます。

写真のバイリアナムは冬になって紫がかっています。
紫色を帯びる程度は年によって変わります。
その年の気温の変化に因るのでしょうが、
成長して大きくなることによっても変わるようです。

2番目の写真は2年前の成長期の肌色です。

3番目の写真は、同じ株の3年前の冬期の姿です。
この時はきれいな紫色になりました。
その後こういう色になってくれません。

この種は、G. spegazzinii (天平丸)、
G. cardenasianum (光琳玉)に近い種です。

3~5本の刺が胴体に沿って伸びるタイプが
一般的ですが、刺が突き出すタイプもあり、
長刺で光琳玉に近い外観のタイプもあります。

Tucuman(ツクマン)州から、 Salta(サルタ)州にかけて
広い地域に分布する G. spegazzinii (天平丸) に対して、
この種はTucuman(ツクマン)州東部のやや狭い地域で、
ごくわずかにSalta(サルタ)州に入ったところまでに
分布します。





Sany0025--bayrianum--Amerhauser seed(1998)--Sierra Ancasti bei El Alto--ex Tutiya--
Sany0122--bayrianum--Sierra Ancasti bei El Alto--Amerhauser seed(1998)--ex Tutiya
Sany0135--bayrianum--Sierra Ancasti bei El Alto--Amerhauser seed(1998)--Tutiy
Gymnocalycium bayrianum
Sierra Ancasti bei El Alto, Tucuman, Arg.
( H. Amerhauser seed (2009))
( バイリアナム            ( H. Amerhauser 種子実生))











2017.02.28 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

Gymnocalycium spegazzinii v. punillense
( 天平丸 (変種) プニレンセ )

G. spegazzinii v. punillense [AGG]
(= G. spegazzinii [G. Charles] )

稜が狭く、稜数が多いこと、
大抵短い刺が胴体に密着する、
花がパステル調のピンク色、
などが特徴とされています。

二番目の写真の VS 80 は刺が長いですが、
こういうタイプもあるようです。

Salta(サルタ)州の La Punilla (ラ・プニラ)で、
最初に発見された種で、 アルゼンチンの
Salta(サルタ)州の限られた地域に産します。



Sany0193--spegazzinii v punillense--JPR 95-171.527--ex Milena
Gymnocalycium spegazzinii v. punillense    JPR 95-171.527
El Obelisco, Salta, 1600 m, Arg.
( 天平丸(変種)プニレンセ        JPR 95-171.527 )




Sany0196--spegazzinii v punillense==VS 80--Succseed seed
Gymnocalycium spegazzinii v. punillense    VS 80
 Cerro Zorrito,  Salta, 1550m, Arg.
( 天平丸(変種)プニレンセ        VS 80 )






2017.02.17 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |