FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ



------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。
-------------------------------------------------------------


Gymnocalycium armatum
(= Gymnocalycium cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= Gymnocalycium cardenasianum [G. Charles])
(= Gymnocalycium cardenasianum fa. armatum )
(= Gymnocalycium spegazzinii ssp. armatum)

本日はRio Paichu (リオパイチュ)産の
直刺が突き出すタイプのアルマツムです。

新刺が黒刺のタイプが魅力的ですが、
実生からなかなか出てくれません。

最初の写真が黒刺に近いタイプです。

ネットで見ると、チェコの販売サイトに、
黒刺のタイプが出ています。
チェコの種子販売リストに、黒刺のメモのついた
G. armatum の種子が出ています。

ebayの販売サイトには黒い新刺のアルマツムを
時々見かけるのですが。

アルマツムはギムノの人気種である光琳玉の亜種
とされています。

発見されたの光琳玉の少し後で古いのですが、
多くの人が探索に行ったにもかかわらず、
長い間再発見できずに数10年が経過し、
2002年になって再発見されて注目されました。

光琳玉の産地に近く、同様にボリビアの高地に産します。
標高 2500m~ 2700m になります。

Rio Paichu 産の直刺が突き出すタイプが代表的なアルマツムですが、
少し離れた地域(Tomapayo 他)にやや曲がった刺のタイプがあります。
これらは研究者によっては光琳玉との中間タイプとされています。
光琳玉の一タイプとされることもあります。





200125--DSC_4192--armatum--VoS 074--Bercht seed 2358 (2014)
Gymnocalycium armatum  VoS 074
Paichu Centrro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2358 (2014))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    VoS 074 )






200125--DSC_4198--armatum--VS 579--Eden IB 19655 (2018)
Gymnocalycium armatum  VS 579
Paichu Centrro, Tarija, Bolivia
( (ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 アルマツム    VS 579 )





200125--DSC_4204--armatum--HTH 143--Pilz seed 7100
Gymnocalycium armatum  HTH 143
Tmapayo, Tarija, Bolivia
( Piltz seed 7100 (2016))

( ギムノカリキウム属 アルマツム    HTH 143)






200125--DSC_4203--armatum--JO 129.1--Bercht seed
Gymnocalycium armatum  JO 129.1
Paichu Centro, Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2356 (2014))
( ギムノカリキウム属 アルマツム    JO 129.1) 




次の写真はカクタス・モラビアの昨年の種子の実生で、
まだキリンウチワ接ぎの状態ですが、黒い新刺が出ています。
種子リストに(black)のメモのついている分です。
200128a--DSC_4228--armatum--VS 579--w of Paichu Centro Tarija--Cactus Moravia seed (2020)
Gymnocalycium armatum  VS 579  (grafted)
west of Paichu Centro, Tarija, Bolivia
( Cactus Moravia seed  (2019))
( ギムノカリキウム属 アルマツム  VS 579  ) 















スポンサーサイト



2020.01.26 09:09 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |


------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。
-------------------------------------------------------------


Gymnocalycium saglionis v. australe 〔AGG〕,
( = Gymnocalycium saglione 〔G. Charles〕)

写真は新天地 (変種 )のアウストラーレです。
昨年はよく成長し、だいぶ新天地らしくなりました。

新天地はギムノの中で最大の球径に達する大型種です。
産地では径50㎝ になるものが見られます。
1980年代には径 80㎝ の大球があったという話が出ています。
土地利用のため、今は消滅したようです。

国内の栽培場にも径30cmくらいの見事な大球が多く見られます。

アルゼンチンの北西部の広大な地域、
南の La Rioja (ラ・リオハ)州から北へ、
Catamarca (カタマルカ)、Tucuman(ツクマン)、
Salta(サルタ)、Jujui(フフイ)の各州に自生します。

変種の v. australe (アウストラーレ )は
この中で南の地域、 La Rioja (ラ・リオハ)州などに産します。
変名種の australe は(南の)を意味します。

新天地の広い産地の中では南の方に産します。
もっともこの変種が記録された後に、
さらに南に産地が見つかったようで、
この変種がもっとも南ではなくなっていますが。

密度高 く密生する刺、大きなつぼみ、大型になることが
特徴とされています


200112--DSC_4165--saglionis v australe--HV 517--Ulapes LR--Bercht seed 3906 (2014)
200117--DSC_4178--saglionis v australe--
Gymnocalycium saglionis v. australe HV 517
Ulapes, La Rioja, Arg.
( Bercht seed 3906(2014))
( ギムノカリキウム属  新天地 (変種)アウストラーレ HV 517)









2020.01.20 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。
-------------------------------------------------------------



Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till
(= Gymnocalycium hossei v. nidulans  (AGG))
(= Gymnocalycium nidulans)
(= Gymnocalycium hossei (G. Charles))

G. pugionacanthum sensu Till
の名称で種子の販売リストに出ているものがあります。
これはG. pugionacanthum aff. とされていることもあり、
G. pugionacanthum - polycepharum intermediate
とされていることもあります。

G. pugionacanthum sensu Till は( H. Till 氏の意味での
G. pugionacanthum (プギオナカンサム)) を意味します。

H. Till (ティル) 氏が G. pugionacanthum として発表した、
Anillaco(アニラコ)産のギムノです。

これは幼苗のうちは G. pugionacanthum のような刺ですが、
成球のようになるとGymnocalycium hossei v. nidulans (猛鷲玉である
という指摘があり、H. Till 氏がこれを認めて
G. hossei v. nidulans (猛鷲玉)と訂正したものです。

もっとも 既に G. pugionacanthum の名称で、
種子、小苗が販売された後であり、
G. pugionacanthum sensu Till などの名称で流通しています。

写真はその小苗と思われる VS 52 と LF 27a です。
櫛状の刺が球体に密着していて、 G. pugionacanthum のように見えますが、
これから v. nidulans (猛鷲玉)の刺になっていくものと思われます。




200112--DSC_4160--pugionacanthum - polycepharum intermediate--VS 52--DS 013077--
Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till   VS 52
( = Gymnocalycium hossei v. nidulans)
Anillaco, La Rioja, Argentina
( Cactus Hobby seed DS-013077 )
( ギムノカリキウム属 猛鷲玉   VS 52 )






200112--DSC_4158--catamarcense aff--pugyonacanthum sensu Till--VS 52--Anillaco LR 1500m--ex Eden IB 18854 (2012)
Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till VS 52
( = Gymnocalycium hossei v. nidulans)
Anillaco, La Rioja, Argentina, 1500m
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム属 猛鷲玉   VS 52 )


200113--DSC_4169--pugionacanthum sensu Till--nidlans--LF 27a--Anillaco 1800m--Berccht seed 3405 (2016)
Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till   LF 27a
( = Gymnocalycium hossei v. nidulans)
Anillaco, La Rioja, Argentina, 1800m
( Bercht seed 3405 (2016) )
( ギムノカリキウム属 猛鷲玉   LF 27a )











2020.01.17 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。
-------------------------------------------------------------


Gymnocalycium monvillei v. safronovii [AGG]

写真はモンビレイの比較的新しい変種のサフロノフィーです。

モンビレイはギムノの中でも指折り大きくなる種です。
これはまだ小苗ですが、
根元の赤い黄色の強い刺が目立ち、
また写真を撮りました。

2014年の Bercht (ベルヒト)種子の実生です。

この変種はロシアの Gapon (ガポン)氏の2009年の記載です。
種名はモスクワのカクタス研究家 Safronov(サフロノフ)氏に因ります。

扁平な胴体、根元の赤い、琥珀色の強い刺、
淡ピンクから濃ピンクの花、頭頂部は刺で覆われない、
などが特徴とされます。

自生地は、アルゼンチン、Cordoba(コルドバ) 州、
Sierra Grande (グランデ山地)の西側斜面とされています。






200112--DSC_4152--monvillei ssp saflonovii--Tom 12-560-1--W Salsacate S of Los Chacras Cordoba--Bercht seed 3399(2014)
200112cc--DSC_4153--monvillei ssp saflonovii--Tom 12-560-1--Bercht seed

Gymnocalycium monvillei v. safronovii Tom 12-560.1
west Salsacate, south of Las Chacras, 1250m, Cordoba, Argentine
( Bercht seed 3399(2014))
( ギムノカリキウム属 モンビレイ(変種)サフロノフィー Tom 12-560.1 )








2020.01.16 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

--------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。
--------------------------------------------------------------------------





本日ははアレオーレの白い綿毛が特徴の
G. alboareolatum (アルボアレオラータム)です。
種名は白いアレオーレ(刺座)を意味します。

種名のとおり、ギムノの中では白い綿毛の
最も目立つ種です。

G. guanchinense (ガンキネンセ)
G. rhodantherum (ロダンテラㇺ)に近い種で、
アルゼンチンの La Rioja (ラリオハ)州、
Sierra de Velasco (ベラスコ山地)の産です。

近縁のG. guanchinense (ガンキネンセ)
G. rhodantherum (ロダンテラㇺ)などの葯は濃赤色ですが、
本種の P 221 の葯は淡紅色でした。

この種の変種に、より小型の v. ramosum (ラモサム)があります。



191231--DSC_4053--alboareolatum--P 221-koehres seed
191231---DSC_4059--alboareolatum--P 221--Koehres seed
Gymnocalycium alboareolatum  P221 
Sanagasta, La Rioja, Argentine 
(Koehres seed)
( ギムノカリキウム属 アルボアレオラタム   P221 )



191231--DSC_4058--alboareolatum--P 221--Koehres seed
191231--DSC_4055--alboareolatum--Koehres seed
Gymnocalycium alboareolatum  P221 
Sanagasta, La Rioja, Argentine 
(Koehres seed)
( ギムノカリキウム属 アルボアレオラタム   P221 )


次の写真は、同じケーレス種子の P 221 ですが、
明るい黄緑肌のものが出ました。
なかなか大きくなりません。
200102--DSC_4098--alboareolatum --P 221--Koehres seed--Sanagasta LR 1100m
Gymnocalycium alboareolatum  P221 
Sanagasta, La Rioja, Argentine 
(Koehres seed)
( ギムノカリキウム属 アルボアレオラタム   P221 )

 





2020.01.03 09:27 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |