ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. prochazkianum
(= G. valnicekianum ssp. prochazkianum [AGG])
(= G. mostii ssp. valnicekianum [G. Charles])

本種は紅蛇丸の系統で、ビカラーに近い種です。
AGG は G. valnicekianum (バルニセキアナム)の亜種、
G. Charles は G. mostii (紅蛇丸)の亜種としています。

種名の ( prochazkianum) は、チェコのカクタス研究者の
Jaroslav prochazka (プロチャズカ) 氏に因ります。
JPR のFN(フィールドNo.)でよく知られています。

径 70mm までの小型種です。
球体の表皮に白い粉(ブルーム、果粉)を吹くことが多く、
産地の写真では真っ白な個体が多く見られます。

また、肌色が紫色を帯びるものも、実生から出現します。
同じFN〔フィールドNo.〕の中でも変化が見られます。
肌色は、成長により、季節により変わることもあります。






Sany0087--prochazkianum--LF 81--Quilino Cordoba 600m--Bercht seed 3642 (2014)
Gymnocalycium prochazkianum    LF 81
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Bercht seed 3642 (2014))
( プロチャズキアナム          LF 81 )




Sany0095--prochazkianum--VS 141--ex Milena
Gymnocalycium prochazkianum    VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Piltz seed 5212)
( プロチャズキアナム           VS 141)




Sany0091--prochazkianum--VS 141--Quilino Cordoba--ex Milena
Gymnocalycium prochazkianum    VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Piltz seed 5212)
( プロチャズキアナム           VS 141)



Sany0093--prochazkianum--VS 141
Gymnocalycium prochazkianum    VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Piltz seed 5212)
( プロチャズキアナム           VS 141)











スポンサーサイト
2017.08.21 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. guanchinense 〔AGG〕
( = G. rhodantherum 〔G. Charles〕)


ガンキネンセは、国内でも古くからつくられてきた種です。

G. Charles (チャールス)の本では、
G. guanchinense ( ガンキネンセ )の種名は見当たりません。
この種を近い地域に産する、G. rhodantherum (ロダンテラム)
に含めています。

特に太くはありませんが、カーブした長刺を密生します。
葯が濃赤色の白花です。

アルゼンチンの、La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra Famatina(ファマチナ山脈)一帯に産します。

近い地域の G. rhodantherum(ロダンテラム) に似ますが、
G. rhodantherumが古くなっても扁平であるのに対して、
この種は球状から古くなると短円柱状になるとされます。





170815--Sany0080--guanchinense--VS 36--Los Tambillos Cuesta Milranda LR--ex milena
Gymnocalycium guanchinense        VS 36
Los Tambilos , La Rioja, Arg. 1600 m
( ガンキネンセ          VS 36 )



170815--Sany0085--guanchiinense v mirandaense--Tom 12-651-1--Bercht seed (2014)
Gymnocalycium guanchinense         Tom 12-651.1
Cuesta Miranda, La Rioja, Arg.
(Bercht seed )
( ガンキネンセ         Tom 12-651.1 )




170608--Sany0171--guanchinense--Cuesta Miranda LR 1310m--LB 1323--Piltz seed 3170
Gymnocalycium guanchinense         LB 1323
Cuesta Miranda , La Rioja, Arg.
(Piltz seed 3170)
( ガンキネンセ         LB 1323 )



170616--Sany0050--guanchinense--STO 088--Cuesta miranda--Eden 17505 
Gymnocalycium guanchinense         STO 088
Cuesta Miranda ,La Higueras, La Rioja, Arg.
( ガンキネンセ         STO 088 )





2017.08.17 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. mostii v. kurtzianum [AGG]
(= G. mostii [G. Charles])
(= G. kurtzianum)

G. mostii v. kurtzianum は、古くから黒豹玉の和名で
栽培されてきた種です。

AGG は G. mostii (紅蛇丸)の変種としていますが、
基準種の G. mostii(紅蛇丸)と比べて大きな差はないとも
云われています。

新刺が黒色で、やがて灰白色に変わっていきます。
より強い刺、より明るい胴体色、強いコブ状隆起などが
特徴とされています。




Sany0054--kurohyou gyoku--Ito-Morinoki
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum
( 黒豹玉         (旧来品) )



Sany0180--mostii v kurtzianum--P 84--Succseed seed 448(2002)
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum   P 84
(Succseed seed)
( 黒豹玉       P 84 )






2017.08.16 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. mostii v. immemoratum [AGG]
(= G. mostii ssp. valnicekianum [G. Charles])
(= G. immemoratum )

この種は古くから活火山の和名で栽培されてきた種です。

以前から G. valnicekianum(バルニセキアナム、活火山)
と呼ばれて来たた種がありますが、
AGG はG. valnicekianumの原記載は別の種であるとし、
この種をG. mostii v. immemoratum (インメモラタム)
としています。

一方、G. Charles の本では、この種は従来通りの名称で
ssp. valnicekianum (バルニセキアナム)とされています。

種子リストや小苗の販売リストを見ると、この同じ種に対して、
G. immemoratum と G. valnicekianum の両方の名前が
使われているのが現状です。

G. mostii (紅蛇丸)に近く、かなり大きくなります。



Sany0057--immeoratum--P 83--Bercht seed
Gymnocalycium mostii v. immemoratum   P 83
Capilla del Monte, 1000m, Cordoba, Arg.
( Bercht seed )
(  活火山              P 83 )



Sany0120--immemoratum--p 83--Capilla del Monte 1000m Cordoba--Bercht seed
Gymnocalycium mostii v. immemoratum   P 83
Capilla del Monte, 1000m, Cordoba, Arg.
( Bercht seed )
(  活火山              P 83 )







Sany0181--valnicekianum--P 83--Mesa seed 493.5
Gymnocalycium mostii v. immemoratum   P 83
Capilla del Monte, 1000m, Cordoba, Arg.
( Mesa seed 493.5)
(  活火山              P 83 )










2017.08.13 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. catamarcense(カタマルケンセ)は、
以前は G. hybopleurum とされ、 碧巌玉の和名で
栽培されてきた種です。

亜種に、 ssp. schmidianum(シュミディアナム),
ssp. acinacispinum (アキナアキスピナㇺ) があり,
変種の下のレベルの品種として、 
f. belense (ベレンセ)、f. ensispinum (エンシスピナㇺ)、
f. montanum (モンタナム) があります。

この f. ensispinum (エンシスピナㇺ)は、剣形状の強刺で、
平らな刺(刺の断面を見ると、幅が広く、厚みが薄い平板状)
が特徴です。

最後の写真の LB 1256 の刺はまだあまり平板状ではありませんが、
成長と共に特徴が出てくるのではないかと思います。

新刺は黒茶色で目立ちますが、やがて灰色に変わります。





Sany0159--catamarcense fa ensispinum--OF 27-80--ex Eden 14835
Sany0161--cataamarcense fa ensispinum--OF 27-80--ex Eden
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum     OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)




Sany0218--catamarcense ensispinum--OF 27-80--Piltz seed 2645
Sany0223--catamarcense f ensispinum--OF 27-80--
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum    OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
(Piltz seed 2645)
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)




Sany0139--catamarcense v ensispinum--LB 1256--Bercht seed 2827 (2014)
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum     LB 1256
Cuesta de Chilcas, Catamarca, Arg.  1790 m
( Bercht seed 2827 (2014))
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  LB 1256 )










2017.08.11 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |