FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 


Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till
(= Gymnocalycium hossei v. nidulans  (AGG))
(= Gymnocalycium nidulans)
(= Gymnocalycium hossei (G. Charles))

G. pugionacanthum sensu Till
の名称で種子の販売リストに出ているものがあります。
これはG. pugionacanthum aff. とされていることもあり、
G. pugionacanthum - polycepharum intermediate
とされていることもあります。

G. pugionacanthum sensu Till は( H. Till 氏の意味での
G. pugionacanthum (プギオナカンサム)) を意味します。

H. Till 氏が G. pugionacanthum として発表した、Anillaco 産の
ギムノです。これは幼苗のうちは G. pugionacanthum のような刺ですが、
成球ではGymnocalycium hossei v. nidulans (猛鷲玉)のようにになる
という指摘があり、v. nidulans (猛鷲玉)とされるようになりました。

写真はその幼苗と思われる VS 52 と LF 27a です。
櫛状の刺が球体に密着していて、 G. pugionacanthum に見えますが、
これから v. nidulans (猛鷲玉)の刺にになっていくものと思われます。

なお、ここで云う G. pugionacanthum は
Backeberg(バッケベルグ) が記載し、H. Till (ティル)氏が有効化した
G. pugionacanthum です。
G. Charles(チャールス) のG. pugionacanthum とは少し違います。




190926--DSC_3278--pugionacanthum - polycepharum--intermediate--VS 52--Dhonalik seed DS-013077
Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till        VS 52
( = Gymnocalycium hossei v. nidulans)
Anillaco, La Rioja, Argentina
( Cactus Hobby seed  DS-013077 )
( ギムノカリキウム属  猛鷲玉   VS 52 )


190926--DSC_3276--pugyonacanthum aff--VS 52--Anillaco LR 1500m--ex Eden 18884 (2012)
Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till        VS 52
( = Gymnocalycium hossei v. nidulans)
Anillaco, La Rioja, Argentina, 1500m
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム属  猛鷲玉   VS 52 )


190927--DSC_3296--pugyonacanthum sensu Till--LF 027a--Anillaco 1800m--Bercht seed 3405(2016)
Gymnocalycium pugionacanthum sensu Till        LF 27a
( = Gymnocalycium hossei v. nidulans)
Anillaco, La Rioja, Argentina, 1800m
( Bercht seed 3405 (2016) )
( ギムノカリキウム属  猛鷲玉   LF 27a )




次の2点は通常の G. hossei v nidulans ( 猛鷲玉 )で、
長く栽培しているものです。

161016--Sany0019--nidulans--STO 28--Udpinango LR--Mesa seed 476.428
Gymnocalycium hossei v. nidulans   STO 28
Udpinango  La Rioja, Argentina
( Mesa seed 476.428 )

( ギムノカリキウム属  猛鷲玉   STO 28 )


181012--Sany0165--hossei v niulans--L 487--Poman Catsamarca 1600m--ex Eden 18344 (2012)
Gymnocalycium hossei v. nidulans     Lau 487
Poman, Catamarca, Argentina, 1600m
( (ex) Eden (2012) )

( ギムノカリキウム属  猛鷲玉    Lau 487 )














スポンサーサイト



2019.10.07 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 


G. carminanthum v. montanum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum v. montanum [AGG] )
(= G. oenanthemum [G. Charles] )
(= G. tillianum ssp. montanum )

この時期のギムノとしては珍しく、赤い花が咲きました。
写真はカルミナンサム(変種)モンタナムです。

これはKoehres(ケーレス)種子の
G. carminanthum v. minimum の実生ですが、
G. carminanthum v. montanum
( カルミナンサム(変種)モンタナム )と考えています。

基準種の G. carminanthum (カルミナンサム)に対して、
より小さな胴体、より青い肌色、より小さな花、
胴体から突き出す刺 などが特徴とされます。

アルゼンチン、Catamarca (カタマルカ)州の、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)の産で、
基準種に比べて高地に自生します。
変種名の( montanum) は(山地性の)を意味します。





190929--DSC_3336--carminanthum minimum-Koehres seed
Gymocalycium carminanthum v. montanum   
(Koehres seed )
(カルミナンサム(変種)モンタナム     (ケーレス種子実生) )






2019.10.04 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
 --------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 



Gymnocalycium monvillei v. steinerii [AGG])
(= Gymnocalycium monvillei ssp. monvillei [G. Charles])

写真はG. monvillei ( モンビレイ )の変種の
v. steineri ( ステイネリー)ですが、
根元まで黄色の、胴体から突き出した、
密生した長い刺が特徴とされています。

G. monvillei ( モンビレイ )の基準種や他の変種は、
大抵刺が胴体に密接しています。
このv. steineri ( ステイネリー)は、
多くは刺が胴体に密着せず、突き出てきます。


写真の JPR 92-109-260 は、
種子リストに(type form)のメモがついていて、
記載時の基準タイプかと思います。

v. steineri ( ステイネリー)は、数本ありますが、
これほど特徴のはっきりしたものは少なく、
典型的な v. steineri として大事にしています。

古い実生ですが、小苗を寄せ植えにしたまま、
植え替えが滞っていたせいで大きくなっておらず、
最近になって頻繁に植え替えし、
やっとそれらしくなってきました。


190925--DSC_3269--monvillei v steineri--type form--JPR 92-109-260--Cumbre de Achala Cordoba--CB 010698 (CCB seed (2006))
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    JPR 92-109-260
 Cumbre de Achala, Cordoba, Arg.
(  CCB seed (2006) )
( ギムノカリキウム属 モンビレイ (変種) ステイネリー   JPR 92-109-260 )






2019.09.27 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 



写真はG. alboareolatum (アルボアレオラータム)の黄斑です。

原種の実生から斑が出ることは滅多にありません。
きれいな色の斑はこれが初めてかと思います。

実生から出たものは、ごく一部の斑のため、
斑の部分にホルモン剤を塗って仔を出させ、
竜神木接ぎで育成中です。
いい斑廻りになるか、まだわかりませんが。

G. alboareolatum (アルボアレオラータム)は
アレオーレの白い綿毛が特徴の小型種です。
種名は白いアレオーレ(刺座)を意味します。

G. guanchinense (ガンキネンセ)
G. rhodantherum (ロダンテラㇺ)に近い種で、
アルゼンチンの La Rioja (ラリオハ)州、
Sierra de Velasco (ベラスコ山地)の産です。




190921--DSC_3222--alboareolatum varieg--LB 1296--Piltz seed 3164
Gymnocalcium alboareolatum  LB 1296 varieg.
( Piltz seed 3164 )
(ギムノカリキウム属 アルボアレオラタム  LB 1296 )






2019.09.23 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium. glaucum [AGG, G. Charles]
(= Gymnocalycium mucidum [Piltz, Metzing])

本日は古くから栽培されている G. glaucum (グラウカム)です。

種名の glaucum は灰青色を意味します。
強い灰色の肌で、青色、紫色を帯びます。
この肌色が魅力で旧来品も数本つくっています。

魔天竜( G. hossei, G. mazanense) に近い種ですが、
灰色の肌色、細長い刺座、カブ形状の根などの点で
異なるとされます。

アルゼンチン、La Rioja (ラリオハ)州から
Catamarca(カタマルカ)州 にかけて、
Sierra de Velasco (ベラスコ山脈)の北部にに産します。





190921--DSC_3216---glaucum--.jpg
Gymnocalycium glaucum
( ギムノカリキウム属 グラウカム  (旧来品))



190921--DSC_3218--glaucum--.jpg
Gymnocalycium glaucum
( ギムノカリキウム属 グラウカム  (旧来品))



190921c--DSC_3214--glaucum--Mesa seed 468.3
Gymnocalycium glaucum
(Mesa seed 468.3)
( ギムノカリキウム属 グラウカム  メサ種子468.3 実生)


190921--DSC_3226--glaucum--MT 07-244--Alpasinche 973m--Bercht seed 2735 (2016)
Gymnocalycium glaucum   MT 07-244
Alpaschinche, Catamarca, Argentine, 973m
(Bercht seed 2735(2016))
( ギムノカリキウム属 グラウカム  MT 07-244)


190921--DSC_3227--glaucum--jika jusei
Gymnocalycium glaucum
( ギムノカリキウム属 グラウカム  (旧来品))


140724a--Sany0041--glauum --VS 48--San Blas LR 1050m--Mesa seed 468.34
Gymnocalycium glaucum      VS 48
San Blas, La Rioja, 1050m, Arg.
(Mesa seed 468.34)
( ギムノカリキウム属 グラウカム  VS 48 )



170504a--Sany0079--glaucum--HV 0787-2km S of Salicas Arg--ex Eden 19971 
Gymnocalycium glaucum      HV 787
2km south of Salicas, La Rioja,  Arg.
((ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 グラウカム  HV 787 )



180806c--Sany0164--glaucum--Tom 07-282.1--Alpasinche San Blas de Los Sauces LR 973m --ex Milena (2011) 
Gymnocalycium glaucum      Tom 07-282.1
Alpasinche , San Blas de Los Sauces , La Rioja,  Arg. 973m
((ex) Milenaudisio)
( ギムノカリキウム属 グラウカム 
    Tom 07-282.1 )



180922--Sany0035--mucidum--glaucum--P 36A--Piltz seed 
Gymnocalycium glaucum   P 36A
Salicas, La Rioja, Arg. 1600m
( Piltz seed 4205)
( ギムノカリキウム属 グラウカム  P 36A )








2019.09.22 10:30 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |