FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. catamarcense f. ensispinum 〔AGG〕
(= G. pugyonacanthum 〔G. charles〕)

この冬の時期に新刺を出しているものがあり、
写真を撮りました。

この f. ensispinum (エンシスピナㇺ)は、黒い新刺が目立ちます。
平らな刺(刺の断面を見ると、幅が広く、厚みが薄い平板状)
が特徴です。

G. catamarcense(カタマルケンセ)は、
以前は G. hybopleurum とされ、 碧巌玉の和名で
栽培されてきた種です。

亜種に、 ssp. schmidianum(シュミディアナム),
ssp. acinacispinum (アキナアキスピナㇺ) があり,
変種の下のレベルの品種(fa.)として、 
f. belense (ベレンセ)、f. ensispinum (エンシスピナㇺ)、
f. montanum (モンタナム) があります。





190108--DSC_0104--catamarcense f ensispinum--OF 27-80--Las Chilas--ex Eden IB 14835(2008)
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum    OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
( (ex) Eden )
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)


190108a--DSC_0111--catamarcense fa ensispinum--OF 27-80--Piltz seed 2645
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum    OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
(Piltz seed 2645)
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)






スポンサーサイト
2019.01.10 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. monvillei v. steinerii [AGG])
(= G. monvillei ssp. monvillei [G. Charles])

本日の写真は G. monvillei ( モンビレイ )の変種の、
v. steineri ( ステイネリー)です。

基準種と比較して、この変種は、
根元まで黄色の、胴体から突き出した、
密生した長い刺が特徴とされています。

刺が胴体に密着気味のものもありますが
多くは刺が胴体に密着せず、離れて出ています。



190105--DSC_0082--monvillei v steineri--Tom 374a--10km from Nina Paula cordoba--Kulhanek seed (2010)
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    Tom 347a
Paraje Pierda  La Tortuga  10km from Nina Paula  Cordoba Arg.
(  Tomas Kulhanek seed (2010) )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         Tom 347a   )



190105--DSC_0090--monvillei v steineri--JPR 92-109-260--CCB seed(2006)--CB 01098
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    JPR 92-109-260
 Cumbre de Achala, Cordoba, Arg.
(  CCB seed (2006) )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         JPR 92-109-260  )



190105--DSC_0084--monvillei v grandiflorum--steineri--LF 95A--El Condor Cordoba--ex Eden 168332
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    LF 95A
 El Condor, Cordoba, Arg.
(  (ex) Eden )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         LF 95A )




190105--DSC_0086--monvillei v grandiflorum--steineri--LF 95A--El Condor Cordoba--ex Eden 168332
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    LF 95A
 El Condor, Cordoba, Arg.
(  (ex) Eden )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         LF 95A )










2019.01.06 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. catamarcense [AGG]
(= G. hybopleurum)

謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします。

年の初めということで、振り返って見ますと、
このブログも7年半になりました。

さて、本日はG. catamarcense ssp. elegans
( 碧巌玉 (亜種) エレガンス )を取り上げました。

このエレガンスは、チェコの Tomas Kulhanek(クルハネク)氏より
G. catamarcense の亜種として出されたものですが、
まだ一般的ではありません。

黒い肌に白い刺で、魅力的な外観になるかと期待しています。
ネットで写真をさがしてみると、
Gymnocalycium Galerie というフランスのサイトに、
G. catamarcense ssp. elegans の小さな実生苗が出ていました。
これとFN (フィールドNo.)が違いますが、同様に黒っぽい肌に白い刺です。

これを実生した時は、FN の違うもの3種を蒔きましたが、
発芽して育ったのはこれ一つだけです。

G. catamarcense は強刺のものが多いのですが、
これから強刺になるかどうかわかりません。
elegans という名称は細い刺のものにに多いようで,
あまり期待できないかもしれませんが。




181227c--DSC_0031--catamarcense sso elegans--Tom 529-1--noord Punta del Aqua--Bercht seed 2252(2011) 
Gymnocalycium catamarcense ssp. elegans   Tom 529.1
noord Punta del Aqua, Catamarca, Arg.
( Bercht seed 2252(2011))
( 碧巌玉 (亜種) エレガンス )       Tom 529.1 )


















2019.01.01 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. guanchinense 〔AGG〕
( = G. rhodantherum 〔G. Charles〕)


ガンキネンセは、国内でも古くから多くつくられてきた種です。

G. Charles (チャールス)のギムノの本では、
G. guanchinense ( ガンキネンセ )の種名は見当たりません。
この種を近い地域に産する、G. rhodantherum (ロダンテラム)
に含めています。

成球になるに従い、上向きにカーブした長刺を密生してきます。
葯が濃赤色の白花です。

アルゼンチンの、La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra Famatina(ファマチナ山脈)一帯に産します。

近い地域の G. rhodantherum(ロダンテラム) に似ますが、
G. rhodantherumが古くなっても扁平であるのに対して、
この種は球状から古くなると短円柱状になるとされます。




180607--Sany0039--guanchinense--VS 36--Los Tambillos Cuesta Miranda LR--ex Milena
Gymnocalycium guanchinense        VS 36
Los Tambilos , La Rioja, Arg. 1600 m
((ex) Milena (2012))
( ガンキネンセ          VS 36 )





181005--SANY0244--guanchinense mirandaense--tom 12-651-1--bercht seed(2014)
Gymnocalycium guanchinense         Tom 12-651.1
R 40  0.5km east Puerto Alegre, 1435m, La Rioja, Arg.
(Bercht seed 3127 (2014) )

( ガンキネンセ         Tom 12-651.1 )



160915--Sany0026--guanchinense v longispinum--LF 16B--no habitete data--Bercht seed 3685 (2013)
Gymnocalycium guanchinense     LF  16B
( Bercht seed 3685(2013) )
( ガンキネンセ         LF 16B )


181103_105928--hossei - guanchinense--P 79A--Chilecito - guanchin--CCB seed CB-012148
Gymnocalycium guanchinense       P 79A
Chilecito - guanchin, La Rioja, Argentina
(CCB seed  CB-012148 )

( ガンキネンセ         P 79A )


181012--Sany0155--guanchinense v longispinum-LF 16B--Bercht seed 3685(2013)-
Gymnocalycium guanchinense      LF 16B
Chilecito - Guanchin, La Rioja, Argentina
(Bercht seed  3685(2013) )

( ガンキネンセ         LF 16B )





2018.12.11 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

良寛の和名でよく普及している種です。
黄刺、黒刺、赤っぽい刺があります。

黄刺に強刺のタイプがあり、なかなか魅力的です。
7稜が一般的で、よく仔吹きします。
底紅のピンク花です。

G. paediophilum (パエディオフィラム)に近い種です。
種名は、産地のボリビアの Chiquitos に由来します。
和名の良寛の由来は不明です。





181205_140057--chiquitanum--STO 931--Piltz seed 5030 
Gymnocalycium chiquitanum  STO 94-931 
Serrania de San Jose, Santa Cruz, 630m, Bolivia
(  良寛    STO 94-931 )




181205_140431--chiquitanum--Mesa seed 460.9 
Gymnocalycium chiquitanum  
(Mesa seed 460.9 )
(  良寛    メサ種子実生)


161118--Sany0140---ryoukan--ex yms 
Gymnocalycium chiquitanum  
(  良寛    (旧来品))










2018.12.07 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |