FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium mostii v. kurtzianum [AGG]
(= Gymnocalycium mostii [G. Charles])
(= Gymnocalycium kurtzianum)

黒豹玉は、 ギムノの代表種のひとつの
紅蛇丸(Gymnocalycium mostii) の
強い刺のタイプです。

黒豹玉の和名で古くから栽培されてきた種です。
AGG は G. mostii (紅蛇丸)の変種としていますが、
基準種の G. mostii(紅蛇丸)と比べて大きな差はないとも
云われています。
Graham Charles の本ではG. mostii に含めています。

基準種のG. mostii (紅蛇丸)に比べて
より強い刺、より明るい胴体色、強いコブ状隆起などが
特徴とされています。

和名は黒色の新刺からきていますが、
新刺が茶色のものもあります。
やがて灰白色に変わっていきます。




190313--DSC_0469--kurohyou--.jpg
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum  
( 黒豹玉       (旧来品))


160307--Sany0180--mostii v kurtzianum--P 84--Succseed seed 448(2002)
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum   P 84
La Falda, Cordoba, Arg.
(Succseed seed 448)
( 黒豹玉       P 84 )



少し古い写真になりますが、
若い苗の黒い新刺です。


140515--Sany0132--kurtzianum--Sierra de orro--Piltz seed 2619
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum  
Sierra de Orro, Cordoba, Arg.
(Piltz seed 2619 )
( 黒豹玉     (ピルツ種子実生)) 






スポンサーサイト
2019.03.17 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium ritterianum 〔AGG〕
(= Gymnocalycium ritterianum 〔G. Charles〕)

この種は La Rioja (ラリオハ)州の
Sierra Famatina (ファマチナ山脈)の
3000m~3500m の高地に産します。
近い地域に産する、G. guanchinense(ガンキネンセ),
G. rhodantherum((ロダンセラム) に近い種です。

種名は光琳玉はじめ多くの南米カクタスの発見で有名な
F. Ritter (リッター)氏に由来します。

単幹または小群生で、扁平に育ち、
古くなっても縦長にならないとされます。


最初の写真は、黄刺のタイプで、
実生の小さな時から2頭できたものですが、
だいぶ大きくなり、二つに分けることにしました。
分けるまえに撮った写真です。

190308--DSC_0441--ritterianum--P 219--Piltz seed4306
Gymnocalycium ritterianum      P 219
Sierra Famatina, La Rioja Arg. 
(Piltz seed 4306)

(  リッテリアナム         P 219 )



次は新刺の出始めた茶色刺のタイプです。
扁平に育っています。
190313--DSC_0463--ritterianum--WR 126--Piltz seed 2846--ex mrk
Gymnocalycium ritterianum       WR 126
Famatina to Velasco,  La  R ioja , Arg.  3250m
( Piltz seed 2846)
 (  リッテリアナム         WR 126 )








2019.03.13 11:16 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の各種の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------



1月の初めにピンク色の蕾がついたと云っていた、
G. paraguayense ( パラグアイエンセ )ですが、
蕾がだいぶ大きくなりました。

近く開花しそうにも見えますが、
例年開花するのは4月に入ってからになります。

他のパラグアイエンセにも、
ピンク色の蕾が見えてきました。

三枚目の写真のパラグアイエンセは、
FN (フィールド No. )がありませんが、
ピルツの種子リストで (ex) Moser K  のメモが
ついていたもので、K.  Moser 由来です。

K.  Moser は、パラグアイから多くのギ ムノをヨーロッパに導入し、
(A. フリードリッヒと美しきパラグアイ)の著書があります。
K. Moser(モーゼル)氏に由来することを意味します。
G. friedrichii ( 牡丹玉 ) の種名はこの A. フリードリッヒに由来します。

パラグアイエンセにごく近いとされる種に、
G. fleischerianum (蛇紋玉)がありますが、
これにも蕾はまだ見られません。

この蛇紋玉は、G. Charles (チャ―ルス)氏のギムノの本では、
G. paraguayense (パラグアイエンセ)と一タイプとされ、
この種に含ませています。






190308--DSC_0429--paraguayense--P 447--Piltz seed
Gymnocalycium paraguayense    P447
Cerro Pero, Cordillera, Paraguay
(Piltz seed )
(パラグアイエンセ          P 447)




190308--DSC_0431--paraguayense--P 447--Piltz seed
Gymnocalycium paraguayense    P447
Cerro Pero, Cordillera, Paraguay
(Piltz seed )
(パラグアイエンセ          P 447)




190308--DSC_0427--paraguayense--ex Moser--Piltz seed 1286
Gymnocalycium paraguayense     (ex) Moser K.
( Piltz seed  1286 )
( パラグアイエンセ    (ex) Moser K. )







2019.03.09 10:36 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の各種の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium chacoense [AGG]G. Charles[]

G. chacoense (チャコエンセ)につぼみが見えたので、
写真を撮りました。

過去の開花の時期を調べると、早くて4月中旬です。

Gymnocalycium chiquitanum (良寛)、
Gymnocalycium paediophillum (パエディオフィラム)
に近いギムノです。

明るい黄緑色の肌色、黄色の直刺、小さな花は
ギムノの中でも他にあまり例がありません。
地味な外観の多いギムノの中では
めずらしく明るい色調です。

細いが硬くて曲がらない刺が多数突き出ていて、
取扱いに少し注意を要します。

原産地のボリビアのチャコ地方の写真では、
岩の間のわずかな隙間に根を張り、
側芽が盛り上がって群生しています。
周りが岩盤で、側芽が横に拡がらないようです。

鉢植えでは親株の周りにきれいに仔が並びます。
よく仔吹きします。
成長も早く、一般にだいぶ普及しています。





190225--DSC_0387--chacoense--STO 990--Amerhauser seed(2009)
190225--DSC_0384--chcoense--STO 990--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium chacoense    STO 990
Ravello, Cerro Miguel, 790 m., Santa Cruz, Bolivia
( H. Amerhauser seed (2009))
( ギムノカリキウム属 チャコエンセ    STO 990 )



190225--DSC_0393--chacoense--Cerro San Miguel--Piltz seed 4730--ex Shimada
Gymnocalycium chacoense    
Ravello, Cerro Miguel, 790 m., Santa Cruz, Bolivia
( Piltz seed 4730 )
( ギムノカリキウム属 チャコエンセ    ピルツ種子 4730 実生)


次の写真はピルツ種子 の実生から出た、束刺タイプです。
190226--DSC_0395-chacoense--Piltz seed 4730
190226--DSC_0396--chacoense--Piltz seed 4730
Gymnocalycium chacoense    
Ravello, Cerro Miguel, 790 m., Santa Cruz, Bolivia
( Piltz seed 4730 )
( ギムノカリキウム属 チャコエンセ    ピルツ種子 4730 実生)









2019.02.27 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の各種の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------

Gymnocalycium guanchinense 〔AGG〕
( = Gymnoclycium rhodantherum 〔G. Charles〕)


ガンキネンセは、国内でも古くから多くつくられてきたギムノです。

G. Charles (チャールス)のギムノの本では、
Gymnocalycium guanchinense ( ガンキネンセ )の種名は見当たりません。
この種を近い地域に産する、Gymnocalycium rhodantherum (ロダンテラム)
に含めています。

成球になるに従い、上向きにカーブした長刺を密生してきます。
葯が濃赤色の白花です。

アルゼンチンの、La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra Famatina(ファマチナ山脈)一帯に産します。

近い地域の Gymnocalycium rhodantherum(ロダンテラム) に似ますが、
Gymnocalycium rhodantherumが古くなっても扁平であるのに対して、
この種は球状から古くなると短円柱状になるとされます。




190218--DSC_0323--guanchinense--VS 36--ex Milena
Gymnocalycium guanchinense        VS 36
Los Tambilos , La Rioja, Arg. 1600 m
((ex) Milena (2012))
( ギムノカリキウム属 ガンキネンセ          VS 36 )



190209--DSC_0216--guanchinense v longispinum-- LF 16B--Bercht seed 3685 (2013)
Gymnocalycium guanchinense       LF 16B 
(Bercht seed 3685 (2013)
( ギムノカリキウム属 ガンキネンセ          LF 16B )



190209--DSC_0221--riojense ssp kozelskianum v mirandaense---guachinense--VS 035--Cuesta Miranda 1500m LR--ex Eden IB 15065 (2011)
190209--DSC_0222--guanchinense--VS 035--ex Eden
Gymnocalycium guanchinense        VS 35 
Cuesta Miranda, La Rioja, Arg. 1500 m
((ex) Eden )
( ギムノカリキウム属 ガンキネンセ          VS 35 )







2019.02.20 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |