ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. parvulum [AGG]
(= G. calochlorum [G. Charles])
(= G. calochlorum v. proliferum )


最初が parvulum ( パルブラム )の青い果実の写真で、
二番目が同じ株の花の写真です。

花の色、形状、構造は種の判別に重要なポイントですが、
果実の色、形状、割れ方も種の判別に用いられます。

以前に G. calochlorum v. proliferum
とされていたものが、この種に該当します。

国内で古くから栽培されてきた唐子丸は、
G. calochlorum v. proliferum とされて来ましたが、
その多くが 交配により外観が変り、
黄色がかった刺で、かつ 大型になっています。

この種は、白刺、小型で仔吹きし群生します。
Cordoba(コルドバ)州の Sierra Grande (グランデ山脈)
の南側に産します。





Sany0162--calochlorum--JPR 108-258--Mesa seed 459.2--ex Kousen en
Sany0107--calochlorum--JPR 108-258--Mesa dseed 459.2--ex kousenen
Gymnocalycium parvulum      JPR 108-258
Mina Clavero  Cordoba, Arg. 
( Mesa seed 459.2)
(パルブラム   JPR 108-258 )








スポンサーサイト
2018.07.07 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. gibbosum ssp. ferox 〔AGG〕
( = G. gibbosum ssp. gibbosum 〔G. Charles〕)


写真は九紋竜の変種のフェロックスで、白刺タイプです。
三番目の写真は同じ株で、この春、四月初めに
新刺が出てきた時のものです。
白い新刺が珍しいかと思って撮った写真です。

FNが JPR 54-121 ですが、白刺選抜品です。
ベルヒトの種子リストで、
selection of white spined plants
のメモがついた種子No. の実生です。




180628--Sany0120--gibbosum ssp ferox--JPR 054-121--Bercht seed 3084 (2014)
180628--Sany0121--gibbosum ssp ferox--Bercht seed 3084 (2014)
180412--Sany0175--gibbosum ssp ferox--selection of white spined plants--JPR 054-121--Bercht seed 3084(2014)
Gymnocalycium gibbosum ssp. ferox JPR 54-121
east of San Miguel, Chubut, Arg.
( Bercht seed 3084 (2014))
( 九紋竜 (亜種) フェロックス  JPR 54-121 )




次の写真は同じFN(フィールドNo.)で白刺でないものです。
こちらの方が少し刺が太いようです。

この種は Chubut (チュブト)州の産で、
ギムノの中では一番南の産地で、寒さに強い種です。


180408--Sany0099--gibbosum ssp ferox fa nobile--JPR 054-121--E of San Miguel Chubut--ex Eden 16143
180408--Sany0101--gibbosum ssp ferox fa nobile--JPR
Gymnocalycium gibbosum ssp. ferox      JPR 54-121
east of San Miguel, Chubut, Arg.
( (ex) Eden)
( 九紋竜 (亜種) フェロックス  JPR 54-121 )








2018.07.05 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. calochlorum
(= G. quehlianum ssp. leptanthum v. calochlorum [AGG])
(= G. calochlorum [G. Charles])

この種はギムノの盛んなころにはよく見かけましたが、
地味な小型種のせいか最近はあまり見ません。

G. calochlorum (火星丸)のラベルで栽培されているものには、
外観の比較的近い G. parvulum
(= G. calochlorum v. proliferum) (= 唐子丸)が
G. calochlorum とされていることがあります。

最近の T. Strub(ストラブ) 氏の詳細なレポートでは、
コルドバ州の Sierra Grande (グランデ山地)
の東側の限られた地域(Carlos Paz ~Tanti)
に産する種とされています。




Sany0075--calochlorum--LB 1357--E of Fozo del Algarrobo Cordoba--ex Eden IB14401
Gymnocalycium calochlorum       LB 1357
east of Fozo del Algarrobo, Cordoba,  Arg.
(ex ) Eden
( 火星丸     LB 1357 ) 





Sany0130--calochlorum--Tom 06-10-2--Tanti Cordoba--ex Milena
Gymnocalycium calochlorum        Tom 06-10.2
Tanti, Cordoba, 700m, Arg.
(ex ) Milena
( 火星丸     Tom 06-10.2 ) 
 



Sany0044--calochlorum--P 203--villa Carlos Paz Cordoba 700m--Pitz seed 4296--ex Shimada
Gymnocalycium calochlorum        P 203    
Villa Carlos Paz, Cordoba, 700m, Arg.
(Piltz seed 4296 )
( 火星丸     P 203 ) ) 
 





2018.06.09 09:20 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. chubutense [AGG]
(= G. gibbosum ssp. gibbosum [G. Charles])
(= G. gibbosum v. chubutense])

写真は、九紋竜のグループのG. chubutense ( チュブテンセ )です。
紫色を帯びた灰色の肌に、灰色の刺で地味な外観です。
わずかに黒い新刺が出ています。

白い大きな花が咲きました。
花底が黄色で、花弁の先にピンク色が入り、
きれいな花です。

この種の産地はアルゼンチン ・ Chubut (チュブト) 州で、
ギムノの中では一番南になります。

この JPR 40-93 の産地データを見ると、
( Peninsula Valdes, Salinas Grande, Chubut, 0m )
チャブト州、大塩砂漠、バルデス半島、海抜 0m
とあり、大西洋の海岸にごく近い場所のようです。




Sany0045--gibbosum v chubutense--JPR 40-93--Peninsula Valdes Salinas Grane Chubut om--ex Een IB 20004
Sany0047a--gibbosum v chubutense--JPR 40-93--

Sany0182--gibbosum v chubutense--JPR 40-93--Peninsula Valdes--Salinas Grande Chubut 0m--ex Eden IB 20004
Gymnocalycium chubutense  JPR 40-93
Peninsula Valdes, Salinas Grande, Chubut, 0m, Arg.
(ex) Eden
( チュブテンセ   JPR 40-93 )





2018.06.01 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. borthii ssp. nogolense [AGG]
(= G. gibbosum ssp. borthii [G. Charles])

ボルシー の(亜種) のノゴレンセの開花です。

この亜種は, 紫褐色、あるいは灰青色の肌で
多くの場合白い粉(ブルーム)を吹き、
刺も白っぽい色です。

G. borthii (ボルシー) はG. gibbosum (九紋竜)に近い種で、
G. Charles (チャールス)は G. gibbosum の亜種としています。

G. striglianum (ストリグリアナム)や、
G. taningaense (タニンガエンセ)にも近い種で、
同様にSan Luis (サンルイス)州に産します。

G. borthii (ボルシー) は亜種として
このノゴレンセ (ssp. nogolense), ココリ(ssp. kokori),
変種としてビリディス(v. viridis)があります。



Sany0013--borthii ssp nogolense--NW of San Antonio R 147 SL 794m--ex Eden IB18598
Sany0016--borthii ssp nogolense--VoS 188--ex Eden
Sany0086--borthi ssp nogolense--VoS 188-NW of San Antonio R147 SL 794m--ex Eden IB18598 (2018)
Gymnocalycium borthii ssp nogolense  VoS  05-188
NW of San Antonio,  R 147,  San Luis.  794m, Arg.
(ex) Eden
( ボルシー (亜種) ノゴレンセ          VoS 05-188 )



Sany0071--borthii ssp nogolense--Tom 07-219.1--ex Milena
Sany0070--borthii ssp nogolense--Tom 07-219.1--ex Milena
Gymnocalycium borthii ssp nogolense   Tom 07-219.1
North of Sanpedro, San Luis, Arg.
(ex) Milenaudisio
( ボルシー (亜種) ノゴレンセ          Tom 07-219.1 )




Sany0108--borthii ssp nogolense--Tom 07-219-1--ex Milena
Gymnocalycium borthii ssp nogolense     Tom 07-219.1

North of Sanpedro, San Luis, Arg.
(ex) Milenaudisio
( ボルシー (亜種) ノゴレンセ          Tom 07-219.1 )






2018.05.30 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |