ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. neuhuberi [AGG, G.Charles]

ネウフベリの今春の花です。
花の色はごく淡いピンクから濃いピンク、紫紅色まであります。
同じFN(フィールドNo.)でも刺色、花色に幅があるようです。

刺の色は黄色が一般的ですが、褐色、灰色の刺もあります。

この種は、九紋竜の系統の小型ギムノで、
G. reductum (リダクタム)に近い種です。

G. reductum (リダクタム)の産地から少し北に離れた、
San Luis(サンルイス)州に産します。
九紋竜の系統の中では一番北の産地です。

種名は AGGの主なメンバーの一人である、
G. Neuhuber (ノイフーバー)氏に由来します。







18514a--Sany0012--neuhuberi--Sucseed seed 366
180514--Sany0015--neuhuberi--sucseed seed
Gynocalycium neuhuberi
( Succseed seed 366)
( ネウフベリ  サクシード種子実生 )


180427a--Sany0169--neuhuber--GN 77-0186i--ex Eden 15979 180427--Sany0171--neuhuberi--GN 77-0186--ex Eden
Gymnocalycium neuhuber GN 77-0186
Suyuque Nuevo、San Luis, Arg.
( ネウフベリ    GN 77-0186  )



180429--Sany0032-neuhuberi--GN 77--
180429--Sany0035--neuhuberi--GN 77--G.Neuhuber seed
Gymnocalycium neuhuber GN 77
Suyuque Nuevo、San Luis, Arg.
( G. Neuhuber seed)
( ネウフベリ       GN 77)










スポンサーサイト
2018.05.18 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. nataliae [AGG]
(= G. berchtii [G. Charles]

G. nataliae(ナタリアエ) STO 526 の開花です。
2枚目は4月の、蕾がやっとついた頃の写真です。
3枚目は冬期で紫肌になっていた、3月頃の写真です。

この G. nataliae(ナタリアエ)は、
アルゼンチン、San Luis (サンルイス)州の,
岩石の散在する草原に産する
一連の仔吹きしない小型種のひとつです。

近い種に、
G. berchtii(ベルクティー)、
G. morroense (モロエンセ)、
G. poeschlii(ポエシュリー)があります。

G. Charles(チャールス)の本で は
G. berchtii(ベルクティー)の一タイプ
とされています。






180511--Sany0090--nataliae--STO 526--Piltz seed--jika mishou(2013)
180414--Sany0022--nataliae--STO 526--piltz seed--jika mishou
180307--Sany0152--nataliae--STO 526--Piltz seed--mishou
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )


Sany0006--nataliae--RER 211--2km SE of Pozo del Espinillo ---Eden IB 22218
GYmnocalycium nataliae             RER 211
2km SE of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg. 
(ex)Eden
(ナタリアエ     RER 211 )


180428--Sany0004--nataliae--Tom 402.1--2km SE of Poz del Espinillo SL 944m--ex Eden IB22218
Gymnocalycium nataliae      Tom 402.1
2km south-east of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg.  944m
(ex)Eden
(ナタリアエ    Tom 402.1 )




2018.05.15 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
写真はタニンガエンセの群生の開花です。

この種は九紋竜の系統で、
近い種に、G. striglianum (ストリグリアナム) 、
G. borthii(ボルシー)があります。

黒っぽい青緑肌に、黒っぽい細い刺の小型種です。
肌に白い粉(ブルーム、果粉) を吹くものがあります。
冬期に紫がかった色になるものもあります。

産地では仔吹きしないとされていますが、
栽培では仔吹きして群生になることがあります。
白花です。

アルゼンチンのコルドバ州、
Sierra Grande(グランデ山脈)の西側、
Taninga(タニンガ)の近辺に産します。





180420--Sany0144a--taningaense--P 22--Mesa seed 490.37180504--Sany0163--taningaense--P 212--Mesa seed 490.37
Gymnocalycium taningaense    P 212

Salsacate to Taninga, Cordoba, Agg. 950m
( Mesa seed 490.37 )

( タニンガエンセ            P 212   )



180430--Sany0075--taningaense--sTO 489-2--N of Salsacate Cordoba--Eden 13988
170824--Sany0136--taningaense--STO 489-2--ex Eden IB 13988(2011)
Gymnocalycium taningaense    STO 489-2

north of Salsacate, Cordoba, Arg.

( タニンガエンセ             STO 489-2   )






2018.05.08 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. carolinense ssp. ludwigii [AGG]
(= G. carolinense [G. Chales] )
(= G. andreae ssp. carolinense )

G. carolinense v. eltrevolense [AGG]

写真は G. carolinense (カロリネンセ)の亜種とされる
ssp. ludwigii ( ルドウィヒー) と、
その変種とされる v. eltrevolense ( エルトレボレンセ ) の開花です。

G. carolinense (カロリネンセ) は、
G. andreae(黄蛇丸)、G. bruchii ( 羅星丸 )に近い種です。

この亜種( ルドウィヒー)は、産地では径 2㎝ までで、仔吹きしないが、
栽培では大きくなり群生すると、書かれています。

この他、基本種に対して、刺が多い(11~14本)、花が大きい、
子房部が長い、カブラ状の根が極端に長い、
種子形態が異なる、などの説明があります。

変種の ( エルトレボレンセ ) は、下向きの長い刺が特徴で、
栽培でも径2㎝以上にならないようです。




Sany0181--carolinense ssp ludwigii--GN 162-442--ex Eden iB 22226
carolinense ssp ludwigii--GN 162-442--Sierra Portezuelo SL--ex Eden IB22226
Gymnocalycium carolinense ssp. ludwigii    GN 162-442
Sierra de Portezuelo , San Luis, Arg.
(ex) Eden
( カロリネンセ(亜種)ルドウィヒー  GN 162-442 )


Sany0154-carolinense ssp ludwigii--STO 879--Sierra El Portezuelo SL-ex Eden IB16319
Sany0157--carolinense ssp ludwigii--STO 879--ex Eden
Sany0141--carolinense ssp ludwigii- STO 879--ex Eden IB 16319
Gymnocalycium carolinense ssp. ludwigii    STO 879
Sierra El Portezuelo , San Luis, Arg.
(ex) Eden
( カロリネンセ(亜種)ルドウィヒー  STO 879 )



Sany0061--carolinense ssp ludwigii--LB 1423--Sierra de Poltezuela 7km W of --ex Eden
Sany0142--carolinense ssp ludwigii--LB 1423--ex Eden IB19454
Gymnocalycium carolinense ssp. ludwigii    LB 1423
Sierra El Portezuelo , San Luis, Arg.
(ex) Eden
( カロリネンセ(亜種)ルドウィヒー  LB 1423 )



Sany0199--carolinense sso luwigii v eletrevolense--JPR 103-248--Villa del Carmen--Bercht seed 3181 (2013)
Sany0145--carolinense ssp Ludwigii v eltrevolense--JPR 103-248--Bercht seed 3181 (2013)
Gymnocalycium carolinense v. eltrevolense   JPR 103-248
south of Villa Carmen , San Luis, Arg.
Bercht seed 3181(2013)
( カロリネンセ(変種)エルトレボレンセ JPR 103-248 )




Sany0203--carolinense ssp ludwigii v eletrevolense--JPR 103-248--S of Villa Carmen Sierra Gomechingones SL 1010m--ex Eden 16124
Sany0147--carolinense ssp ludwigii v eltrevolense--ex Eden IB16124
Gymnocalycium carolinense v. eltrevolense   JPR 103-248
S of Villa Carmen , Sierra Gomechingones, San Luis, Arg.
(ex) Eden
( カロリネンセ(変種)エルトレボレンセ  JPR 103-248 )









2018.05.05 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. lukasikii
(= G. taningaense v. lukasikii [AGG])
(= G. taningaense [G. Charles])

この種は九紋竜系の小型種です。
AGGは G. taningaense (タニンガエンセ) の変種としています。
G. Charles (チャールス)はタニンガエンセの一タイプとしています。
G. borthii (ボルシー)にも近い種です。

アルゼンチンのCordoba (コルドバ)州の、
G. taningaense (タニンガエンセ) の産地から
南へ少し離れて、 San Luis(サンルイス)州に入ったところに産します。

青緑色から灰緑色の胴体、白色から淡ピンク色の花とされています。

このJPR 100-237はだいぶ大きくなって、
今年は4個のピンク花がつきました。





Sany0054--lkasikii--jPR 100-237--Becht seed GYM 249 (2004)
Gymnocalycium lukasikii        JPR 100-237
( Becht seed GYM-249 (2004))
( ルカシキ-                  JPR 100-237 )




2018.05.03 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |