FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の各種の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium bruchii ( 羅星丸 )


羅星丸系の開花は、過去の記録を見ると4月初めです。
また少し暖かくなって、
ピンクのつぼみが目立つようになりました。

ギムノの一番花は、この羅星丸か、黄蛇丸、
ウルグアイエンセのあたりです。

羅星丸系は白花とピンク花があります。
これはピンク色のつぼみですが、これはピンク花です。
緑色のつぼみの場合は白花です。





190305--DSC_0413--bruchii ssp lafaldene--LB 1093--ex Eden 14416
Gymnocalycium brucii ssp. lafaldense   LB 1093
((ex) Eden )
(ギムノカリキウム属  羅星丸(亜種)ラファルデンセ  LB 1093 )


190305--DSC_0412--bruchii v niveum--WP 244-517--Bercht seed 2808 (2015)
Gymnocalycium brucii v. nveum   WP 244-517
(Bercht seed 2808(2015) )
(ギムノカリキウム属  羅星丸(変種)ニベウム  WP 244-517 )


190305--DSC_0417--bruchii v pawlovskii--MM 830--ex Milena
Gymnocalycium brucii v. pawlovskii   MM 830
((ex) Milena )
(ギムノカリキウム属  羅星丸(変種)パウロフスキイ  MM 830 )






スポンサーサイト
2019.03.08 09:16 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium borthii ssp. nogolense [AGG]
(= Gymnocalycium gibbosum ssp. borthii [G. Charles])

写真はギムノのボルシー (亜種) ノゴレンセです。

この亜種は, 紫褐色、あるいは灰青色の肌で
多くの場合白い粉(ブルーム、果粉)を吹きます。
刺も白っぽい色です。

この株は今年の成長部な白い粉が出ていません。
一般的には春夏に成長した部分(濃い色の部分)は
秋には白くなるのですが。

G. borthii (ボルシー) はギムノの代表種である
G. gibbosum (九紋竜)に近い種で、
G. Charles (チャールス)のギムノの本では
G. gibbosum (九紋竜) の亜種としています。

G. striglianum (ストリグリアナム)や、
G. taningaense (タニンガエンセ)にも近い種で、
同様にアルゼンチンのSan Luis (サンルイス)州に産します。

G. borthii (ボルシー) は亜種として
このノゴレンセ (ssp. nogolense)の他に,
ココリ(ssp. kokori)があり、
変種としてビリディス(v. viridis)があります。
ビリディス(v. viridis)は花底が緑色の花を咲かせます。

なお、Tom はチェコの Tomas Kulhanek 〔クルハネク〕氏の
フィールドNo. です。2005年頃よりアルゼンチンの産地に
出かけ、ギムノに関する多くのレポートを出しています。
特にサンルイス州産の小型のギムノについては、
多くのTom のフィールドNo. が見られます。






190129--DSC_0158--borthii ssp nogolense--Tom 07-219-1-ex Milena (2011)
190129--DSC_0160--borthii ssp nogolense--Tom
Gymnocalycium borthii ssp nogolense    Tom 07-219.1
North of Sanpedro, San Luis, Arg.
(ex) Milenaudisio
( ギムノカリキウム属 ボルシー (亜種) ノゴレンセ          Tom 07-219.1 )







2019.02.04 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. gibbosum ssp. ferox 〔AGG〕
( = G. gibbosum ssp. gibbosum 〔G. Charles〕)


九紋竜の変種のフェロックスですが、白刺タイプです。
FNが JPR 54-121 ですが、白刺選抜品です。
ベルヒトの種子リストで、selection of white spined plants
のメモがついた種子No. の実生です。

一般に九紋竜の系統はグレイの刺が多く、
肌色もくすんだ青緑色で地味な存在です。
その中で白い刺のこの種は目立ちます。

この種は Chubut (チュブト)州の産で、
ギムノの中では一番南の産地です。






181212_095148--gibbosum ssp ferox f nobile--JPR 54-121--ex Eden 14484
Gymnocalycium gibbosum ssp. ferox      JPR 54-121
east of San Miguel, Chubut, Arg.
( Bercht seed 3084 (2014))
( 九紋竜 (亜種) フェロックス    JPR 54-121 )





2018.12.22 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. berchtii [AGG][G. Charles]


写真は白い粉(ブルーム)を吹いたベルクティーです。
秋のこの時期に最も白くなります。
春になると、稜の間に新らしく成長した、
鮮やかな色の部分が現れます。

本種は径60mmまでの小型種で、仔吹きしません。
灰色の肌に黒い刺をつけます。
少数ですが、黒肌、緑肌もあり、黄白刺もあります。
白い粉の多いものもあり、少ないものもあり、
全くないものもあります。

根は長い棒状の杭状根です。
栽培ではある程度で切っていますが。

アルゼンチンの、 San luis(サンルイス)州北部の、
岩石の散在する草原に産します。



181026a--Sany0100--berchtii--VS 161--Koehres see --ex Kousen en
Gymnocalycium berchtii     VS 161
Chanares, San Luis, 800m, Arg.
(koehres seed)
( ベルクティー      VS 161)



181026--Sany0104--berchtii--JO 787-1--ex Een Ib 21966
Gymnocalycium berchtii     JO 787
Los Chanares, San Luis,  Arg.
((ex) Eden)
( ベルクティー     JO 787 )



181026--Sany0108-berchtii--Tom 07-229-1--ex Milena
Gymnocalycium berchtii     Tom 229.1
Los Draznitos, San Luis,  Arg.
((ex) Milena)
( ベルクティー     Tom 229.1)



181026--Sany0125--berchtii--LB 320--Los Chanares--ex Milena
Gymnocalycium berchtii     LB 320
Los Chanares, San Luis,  Arg.
((ex) Milena)
( ベルクティー   LB 320 )



181026-Sany0117--berchtii-JS 153--ex Milena-
Gymnocalycium berchtii     JS 153
 Chanares, San Luis,  Arg.
((ex) Milena)
( ベルクティー   JS 153 )









2018.11.22 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. nataliae [AGG]
(= G. berchtii [G. Charles]

写真の G. nataliae(ナタリアエ)は、
アルゼンチン、San Luis (サンルイス)州の,
岩石の散在する草原に産する、
一連の仔吹きしない小型種のひとつです。

径35mmまで、暗緑色から黒紫色の肌で、
しばしば灰色の粉(ブルーム、果粉)を吹きます。
アレオーレの白い綿毛が目を引きます。

近い種に、
G. berchtii(ベルクティー)、
G. morroense (モロエンセ)、
G. poeschlii(ポエシュリー)があります。

G. Charles(チャールス)の本で は
G. berchtii(ベルクティー)の一タイプ
とされています。



181107_111859--nataliae--STO 526--Piltz seed --jika
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )




180307--Sany0152--nataliae--STO 526--Piltz seed--mishou
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )



180307--Sany0162--nataliae--Tom 402.1--2km SE of Pozo del Espinillo SL 944m--ex Eden 22218
Gymnocalycium nataliae      Tom 402.1
2km south-east of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg.  944m
(ex)Eden
(ナタリアエ    Tom 402.1 )



170716a--Sany0057--nataliae--RER 211--2km SE of Pozo del Espinillo SL 940m--ex Eden IB 19141
GYmnocalycium nataliae             RER 211
2km SE of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg. 
(ex)Eden
(ナタリアエ     RER 211 )








2018.11.15 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |