ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. borthii ssp. nogolense [AGG]
(= G. gibbosum ssp. borthii [G. Charles])

ボルシー (亜種) のノゴレンセですが、
グレーの肌に青白い粉を吹き、刺も白っぽい色です。

2年ほど前の写真を見ると、肌色は紫色です。
さらに前の写真をみると茶色っぽいものもあり、
成長により、季節により変わるようです。

G. borthii (ボルシー) はG. gibbosum (九紋竜)に近い種で、
G. Charles (チャールス)は G. gibbosum の亜種としています。

G. striglianum (ストリグリアナム)や、
G. taningaense (タニンガエンセ)にも近い種で、
同様にSan Luis (サンルイス)州に産します。





Sany0070--borthii ssp nogolense--Tom 07-219.1--ex Milena
Sany0072--borthii ssp nogolense--
Gymocalycium borthii ssp. nogolense    Tom 06-146.1
North of Sanpedro, San Luis, Arg.
( ボルシー (亜種)ノゴレンセ          Tom 06-146.1 )



Sany0203--borthii ssp nogolense--Tom 07-219-1--ex Milena
Gymocalycium borthii ssp. nogolense    Tom 06-146.1
North of Sanpedro, San Luis, Arg.
( ボルシー (亜種)ノゴレンセ          Tom 06-146.1 )









スポンサーサイト
2017.06.25 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. papschii (パプシー)は、
G. parvulum (パルブラム)に近い種ですが、
G. parvulum が仔吹きして群生するのに対して、
この種は単幹で全く仔吹きしません。

径 65mm までの小型の種で、
産地では地上部だけを見ると扁平球状に見えるが、
円柱状の球体の3分の2以上が地中に潜っている
とされています。

鉢栽培では地中にもぐることはなく、
柱状になってきます。

コルドバ州のSan Javier 近辺に産します。
G. parvulum (パルブラム)の産地の少し南です。

なお、種名はこの種の発見者であり、
以前にオーストリア・カクタス協会の会長であった、
Woifgang Papsch(パプシュ) 氏に因ります。
WP はこの人のフィールド No. です。





Sany0035--papschii--HV 671--Bercht seed GYM-342 (2004)
Sany0038--papschii HV 671--bercht seed
Gymnocalycium papschii      HV 671
San Javier , Cordoba, Arg.
(パプシー            HV 671 )





2017.06.12 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. schroedrianum ssp. paucicostatum [AGG]
(= G. schroedrianum ssp. schroedrianum [G. charles])

paucicostatum(パウキコスタタム)は少ない稜の意で、
この亜種は基本種に比べて稜が少ないのが一つの特徴です。

Y字型の刺が球体から上方向に突き出し湾曲するのも
一つの魅力ですが、同じ LB 960 の中でも
こういう長い刺が出ないものもあります。

花首の長い白花が一般的ですが、
黄緑がかった花も出ています。

九紋竜の系統の中では一番北の方で、
ブラジルに近い、Corrient(コリエント)州の産です。
あまりギムノのない地域です。






Sany0115--schroederianum v paucicostatum--LB 960--Mesa seed 488.62
Sany0114--schroederiaanum v paucicostatum--LB 960--Mesa seed 488.62
Gymnocalycium schroedrianum ssp. paucicostatum     LB 960
Curuzu Cuatia, Corrientes, Arg.
( Mesa seed 488.62 )
( シュロエデリアナム (亜種) パウキコスタタム    LB 960 )



Sany0149--schroederianum v paucicostatum--Coll Hermut Amerhauser--Monte Caseros Corrient--Cactus Hobby seed DS-011560 (2009)
Sany0151--schroederianum v paucicostatum--Cactus ahobby seed
Gymnocalycium schroedrianum ssp. paucicostatum    
Monte Caseros,  Corrientes, Arg.
ex Coll. Hermut Amerhauser
(Cactus Hobby seed  DS-011560 (2009))
( シュロエデリアナム (亜種) パウキコスタタム   )






2017.06.11 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. parvulum [AGG]
(= G. calochlorum [G. Charles])
(= G. calochlorum v. proliferum )

以前に G. calochlorum v. proliferum
とされていたものが、この種に該当します。

国内で古くから栽培されてきた唐子丸は、
G. calochlorum v. proliferum とされて来ましたが、
その多くが 交配により外観が変り、
黄色がかった刺で、かつ 大型になっています。

この種は、白刺、小型で仔吹きし群生します。
Cordoba(コルドバ)州の Sierra Grande (グランデ山脈)
の南側に産します。

羅星丸に外観が少し似ますが、こちらは花がひと月以上遅く、
5月末から6月の開花になります。

花も羅星丸系と異なり、花首の長い、底紅の白花です。
羅星丸系も白花がありますが、花首が短く、底紅ではありません。



Sany0086-parvulum---DJF 366--NE of Nina Cllavero Cordoba--ex Eden 14395
Gymnocalycium parvulum     DJF 366
north-east of Nina Cllavero, Cordoba, Arg.
( パルブラム        DJF 366  )



Sany0045--calchlorum parvulum--Tom 06-010.2--Tanti Coldoba--ex Milena
Gymnocalycium parvulum     Tom 06-10.2
Tanti, Cordoba, Arg.
( パルブラム       Tom 06-10.2   )


Sany0077--parvulum sensu Till--BKS 171--Piltz seed 3424
Gymnocalycium parvulum     BKS 171
Cienaga de Allende, Cordoba, Arg.
(Piltz seed 3424)
( パルブラム        BKS 171  )



Sany0040--parvulum sensu Till--HV 664--panaholma Cordoba--Bercht seed
Gymnocalycium parvulum     HV 664
Panaholma, Cordoba, Arg.
(Bercht seed )
( パルブラム        HV 664 )












2017.06.08 09:30 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. schreiteri 〔AGG〕


赤花のギムノの代表に G. baldianum (緋花玉)があります。
アルゼンチン、Catamarca (カタマルカ)州の産です。

古い時代に、これに似た外観の赤花のギムノが数件発表されていますが、
これらの種はその後の多くの研究者により 、
G. baldianum (緋花玉)の異名同種とされてきました。

最近になって文献調査、産地調査の結果、
G. baldianum (緋花玉)とは別の種と認定されたものに、
G. schreiteri ( シュレイテリ )、G. raineri (ライネリ),
G. marianae(マリアナエ) があります。

G. schreiteri ( シュレイテリ )は、
1931年、C. R. Schreter (シュライター)氏の
Salta(サルタ)州産の発表があり、
その後 1970年になって、A. Lau(ラウ)氏による Lau 439  
 の採取、(Salta (サルタ)州~Tucman〔ツクマン)州)
境界付近があります。

G. baldianum の産地(Catamarca)州から 100km 以上離れています。
花の構造、つぼみの形状などに差異があるとされています。

写真は Lau 439 で、 L. Bercht (ベルヒト)氏の種子の実生ですが、
キリンウチワ接ぎを経てやっと開花しました。

G. raineri (ライネリ), G. marianae(マリアナエ) についても、
手に入れたいのですが、種子の入手、実生でまだ難行しています。









Sany0052--schreiteri--Lau 439--Sierra Medina Salta 1400m--Bercht seed 4498(2013)
Sany0054--schreiteri--Bercht seed 4498(2013)
Gymnocalycium schreiteri    Lau 439
Sierra Medina, Salta ~Tucman, Arg.  1400m
(Bercht seed 4498(2013))
( シュレイテリ       Lau 439 )






2017.06.06 12:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |