ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. bruchii ssp. pawlovskyi [AGG]
(= G. bruchii [G. Charles])

花が終わった羅星丸の系統の中で、
ssp. pawlovskyi ( パウロフスキイ )を取り上げました。

この亜種は、刺座が長い楕円形で、
きれいに櫛状に並んだ縁刺が特徴です。

羅星丸系は胴体が球形で、側芽をたくさん出して
クッション状の大群生になることが多いのですが、
この亜種はやや柱状に成長し、側芽が少ないとされています。
径3㎝までで、小型の羅星丸系の中でも更に小型です。

種名はロシアの人名によります。




Sany0014--bruchii ssp pawlovskyi--VoS 05-152--San Pedro norte, Cordoba, 935m. --VoS seed (2011)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi   VoS 05-152
San Pedro norte, Cordoba, 935m. Arg.
( V.Schaedlich seed (2011))

 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ         VoS 05-152   )


Sany0017--bruchii ssp pawlovskyi--HGR 05-28--Inti Huasi - San Pedro bij afslage Tumbra 929m--Bercht seed 2072(2011)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi   HGR 05-28
Inti Huasi - San Pedro bij afslage Tumbra, Cordoba, 929m, Arg.

( Bercht seed 2072(2011) ) 
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ        HGR 05-28 )


Sany0026--bruchii ssp pawlovskyi--LB 3365--south San Pedro Norte, Cordoba 957m--Bercht seed 1984(2010)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi       LB 3365
south San Pedro Norte, Cordoba  957m, Arg.
( Bercht seed 1984(2010) )
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ          LB 3365 )


Sany0192--bruchii ssp pawlovskyi--RH 2939a--Santa Cruz Sobremento Cordoba 930m--ex Eden 18578(2012)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi      RH 2939a
Santa Cruz  Sobremento,  Cordoba , 930m, Arg.
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ       RH 2939a   )


Sany0194--bruchii ssp pawlovskyi--MM 830--R 18 to S Rosa Cordoba--ex Milena(2013)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi      MM 830
Route 18  to south Rosa,  Cordoba, Arg.
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ      MM 830 )





スポンサーサイト
2017.07.18 11:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. chubutense v. dubniorum 〔AGG〕
(= G. gibbosum 〔G. Charles〕)
(= G. dubniorum )
(= G. kubesai)

九紋竜の系統の小型種です。
G. chubutense (チュブテンセ)の変種とされます。
G. kubesai (クベサイ)の別名があります。

径4cmまで小さな胴体で、
青灰色から灰色の肌色、
灰色の刺とされています。

球体が小さいうえに、
肌色も、刺の色もグレーで、
刺も弱く、地味な外観です。

花は、九紋系で一般的な白色の大輪ですが、
外弁にピンク色が入っています。

アルゼンチンの南部の Chubut (チュブト)州、
大西洋に面する海岸地帯、海抜 0m 近くに産します。





Sany0137--dubiniorum--JPR 68-154--Bercht seed 1562(2008)
Sany0139--dubniorum--JPR 18-154--Bercht seed
Gymnocalycium chubtense v. dubniorum          JPR 68-154
Puerto Madryn, Chubut, 0m, Argentina
(Bercht seed)
 ( ドウブニオラム           JPR 68-154  )



Sany0159--dubniorum--JPR 68-154--Puerto Madryn--Pilltz seed 4640 (2009)
Gymnocalycium chubtene v. dubniorum      JPR 68-154
Puerto Madryn、Chubut、Arg.
(Pilltz seed 4640 (2009))
 ( ドウブニオラム           JPR 68-154  )


Sany0155--kubesai--JPR 92-68-154--Dhonalik seed DS-012149
Gymnocalycium chubtene v. dubniorum  JPR 92-68-154
( Dhonalik seed DS-012149)
( ドウブニオラム           JPR 92-68-154  )



Sany0157--dubniorum--WP 154-241--Puerto Madtyn an Strand des Atlantik--Piltzz seed 1242(2010)
Gymnocalycium chubtene v. dubniorum      WP 154-241
Puerto Madtyn  an Strand des Atlantik, Chubut, Arg.
( Piltzz seed 1242(2010))
 ( ドウブニオラム          WP 154-241   )










2017.07.10 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(2) |

G. heidiae
(= G. xheidiae [AGG])
(= G. baldianum hybrid [G. Charles])

この種は、G. rosae(ロサエ)の自然交配種とされています。
種名の x は交配種を意味します。

G. Charles(チャールス)の本では
G. baldianum (緋花玉)の交配種とされています。

G. rosae(ロサエ)は、以前は
G. baldianum v. albiflorum(白花バルデイアナム)
とされていた種で、G. baldianum (緋花玉)に近い外観です。

花は赤、ピンク、オレンジ色などで、
赤色系のいろんな色が出ます。






Sany0131--heidiae--HV 871--hills east of Singuil Catamarca--Piltz seed 4891
Sany0134--heidiae--HV 871--piltz seed-ex Shimada
Gymnocalycium heidiae     HV 871
hills east of Singuil, Catamarca, Arg.
(Piltz seed 4891)
( ヘイディアエ          HV 871)








2017.07.08 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. chubutense [AGG]
(= G. gibbosum ssp. gibbosum [G. Charles])

写真は、九紋竜のグループのG. chubutense ( チュブテンセ )です。
青っぽい灰色、あるいは紫色を帯びた灰色の肌に、
灰色の刺で地味な外観です。

白い大きな花を咲かせます。
外弁に紫がかった色の中筋が入ったり、
花底が黄緑色であったりして、単純な白花ではありません。

主な産地はアルゼンチン ・ Chubut (チュブト) 州で、
ギムノの中では一番南に産します。

G. Charles(チャールス)は、 G. gibbosum (九紋竜)と区別せず、
その一タイプとしています。





Sany0064--chubutense--GN 279-921--Lihuel Calel--ex Eden 14467
Sany0066--Chubutense--GN 279-921--
Gymnocalycium chubutense   GN 279-921
Lihuel Calel, La Pampa, Arg.
 ( チュブテンセ             GN 279-921)


Sany0015--chubutense--JPR 35-86--iltz seed P 5043--ex milena
Sany0018--chubutense--JPR 35-86--Piltz seed 5043--ex Milena
Gymnocalycium chubutense   JPR 35-86
Sierra de Chancha, Rio Negro, Argentina 250m
(Piltz seed 5043)
 ( チュブテンセ            JPR 35-86  )



Sany0025--gibbosum v cubutense--JPR 40-93---Salinas Grande Peninsula Valdes--ex Eden 16140
Gymnocalycium chubutense    JPR 40-93
 Peninsula Valdes, Salinas Grande, Chubut,  0m,  Arg.
 ( チュブテンセ           JPR 40-93  )







2017.07.06 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. sanguiniflorum
(= G. baldianum f. sanguiniflorum [AGG])
(= G. baldianum [G. Charles])

写真はG. baldianum ( 緋花玉 )の品種、
f. sanguiniflorum ( サングイニフローラム ) WR 765 です。

G. sanguiniflorumは、1932年の Werdermann(ウェデルマン)氏の記載ですが、
その後の多くの研究者によるギムノの総説では、
G. baldianum(バルディアナム, 緋花玉)と同種とされてきました。

AGGは この種をG. baldianum (バルディアナム) の品種(f. ) としています。
一方、G. Charles(チャールス) は、変種、品種を認めず、
G. baldianum (バルディアナム) と同種としています。

この株は、一般的なG. baldianum (バルディアナム、緋花玉)
に比べて、根元まで白い長刺が目立ちます。

G. baldianum(バルディアナム) の産地の少し北、
Catamarca(カタマルカ)州、Andalgala(アンダルガラ)
の東の地域に産します。




Sany0031--baldianum sanguiiflorum--WR 765--Pilltz seed 3528--ex Milena--
Sany0033--baldianum sanguiniflorum--WR765--Piltz seed 3528
 Gymnocalycium sanguiniflorum   WR 765
( Piltz sede  3528 )
( サングイニフローラム       WR 765)







2017.07.03 11:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |