ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. sanguiniflorum
(= G. baldianum ssp. sanguiniflorum [AGG])
(= G. baldianum [G. Charles])


ギムノの花は春咲きが多く、夏は少ないのですが、
秋らしくなっきて、ぽつぽつ咲くものがあります。

写真は G. baldianum ( バルディアナム, 緋花玉 )の亜種、
ssp. sanguiniflorum ( サングイニフローラム ) STO 135 です。
赤花です。

STO 135は、F. Strigl, H. Till, H. Amerhauser の三氏共通の
FN(フィールド No. )です。

G. sanguiniflorumは、1932年の Werdermann(ウェデルマン)氏の記載ですが、
その後の多くの研究者によるギムノの総説では、
G. baldianum ( バルディアナム, 緋花玉 )と同種とされてきました。

AGGは この種をG. baldianum (バルディアナム) の亜種 としています。
一方、G. Charles(チャールス) の本では、変種、品種を認めず、
G. baldianum (バルディアナム) と同種とされています。

手元にある、STO 135, STO 251, WR 765 から見ますと、
G. baldianum ( 緋花玉 )に比べて刺が長いように思います。

G. baldianum(バルディアナム) の産地の少し北、
Catamarca(カタマルカ)州、Andalgala(アンダルガラ)
の東の地域に産します。






Sany0108--baldianum sanguiniflorum--HA 135--ex Milena
Gymnocalycium sanguiniflorum   STO 135 
 Andalgala - Agua de las Palomas, Catamarca, Arg.
( サングイニフローラム       STO 135 )








スポンサーサイト
2017.09.17 09:30 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. sigelianum
(= G. capillense v. sigelianum [AGG])
(= G. capillaense [G. Charles])

この種は征冠玉 の和名で栽培されてきたものです。
Cordoba(コルドバ)州の Sierra Chica(チカ山地)東面
の産とされています。

G. capillense(= capiallense)(桃冠玉)の系統では、
この種の他に G. sutterianum(王冠玉)、
G. deeszianum(月冠玉) がありますが、
いずれもこの近辺に産します。

大きな分類法をとる G. Charles 氏は
これらの4種を区分せず、
すべて G. capillaense としています。





Sany0165--capllense v sigelianum--Tom 06-12-3--Tres cascades Sierra Chica--ex milena
Sany0138--capillense v sigelianum--Tom 06-12-3--Tres Cascades Sierra Chica--ex Milena
Gymnocalycium sigelianum      Tom 06-12.3
Tres Cascades,  Sierra Chica,  Cordoba, Arg.
(  征冠玉           (ケーレス種子実生))



SANY0084--sigelianum---Koehres seed --ex Kousen en
Gymnocalycium sigelianum
(Koehres seed)
(  征冠玉           (ケーレス種子実生))




2017.09.14 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
九紋竜の系統の G. striglianum (ストリグリアナム)
の亜種のssp. aeneum (アエネウム)です。
M. Mergalli (メルガリ)氏の2006 年の記載です。

アルゼンチン、San Luis (サンルイス)州の産です。

L. Bercht (ベルヒト)氏の種子リストを見ると、
beautiful buluish plant (青色がかった美しい植物)
のメモがついています。

写真の GN 120-893 も青っぽい肌で、
2枚目、3枚目の写真では白い粉を吹いています。
産地の写真にも白い肌のものが多く見られます。

3枚目の写真の株は、南米病なのか、
成長点を損傷してしまい、見苦しいですが。





Sany0099--striglianum ssp aeneum--GN 120-893--La Cafera SL 800m--Bercht seed 4217 (2014)
Gymnocalycium striglianum ssp. aeneum   GN 120-893
La Calera, San Luis, 800m, Arg. 
(Bercht seed 4217(2014)) 
( ストリグリアナム(亜種)アエネウム   GN 120-893 )




Sany0015--striglianum sssp aeneum--GN 120-893--La Cafera 800m SL-- Calera (MM)--Bercht seed 4217 (2014)-
Gymnocalycium striglianum ssp. aeneum   GN 120-893
La Calera, San Luis, 800m, Arg. 
 (Bercht seed 4217(2014)) 
( ストリグリアナム(亜種)アエネウム   GN 120-893 )




Sany0174--striglianum v aeneum--GN 120-893--La Calera SL--ex Milna
Gymnocalycium striglianum ssp. aeneum   GN 120-893
La Calera, San Luis, 800m, Arg. 
( ストリグリアナム(亜種)アエネウム   GN 120-893 )




Sany0047--striglianum ssp aeneum--GN 120-893--La Cafera SL 800m--Bercht seed 4217 (2014)
Gymnocalycium striglianum ssp. aeneum   GN 120-893
La Calera, San Luis, 800m, Arg. 
 (Bercht seed 4217(2014)) 

( ストリグリアナム(亜種)アエネウム   GN 120-893 )









2017.09.13 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
この種は九紋竜の系統です。
近い種に、G. striglianum (ストリグリアナム) 、
G. borthii(ボルシー)があります。

黒っぽい青緑肌に、黒っぽい細い刺の小型種です。
肌に白い粉(ブルーム、果粉) を吹くものがあります。
冬期に紫がかった色になるものもあります。

産地では仔吹きしないとされていますが、
栽培では仔吹きして群生になることがあります。
白花です。

アルゼンチンのコルドバ州、
Sierra Grande(グランデ山脈)の西側、
Taninga(タニンガ)の近辺に産します。





Sany0084--taningaense--STO 489.2--N of Salsacate Cordoba--ex Eden 13988
Gymnocalycium taningaense    STO 489-2

north of Salsacate, Cordoba, Arg.

( タニンガエンセ             STO 489-2   )




Sany0136--taningaense--STO 489-2--ex Eden IB 13988(2011)
Gymnocalycium taningaense    STO 489-2

north of Salsacate, Cordoba, Arg.

( タニンガエンセ             STO 489-2   )




Sany0090--taningaense--P 212--Salsacate to Taninga, Cordoba, Agg. --ex Kousen en
Gymnocalycium taningaense    P 212
Salsacate to Taninga, Cordoba, Agg.

( タニンガエンセ             P 212   )












2017.09.03 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. bruchii ssp. pawlovskyi [AGG]
(= G. bruchii [G. Charles])

花が終わった羅星丸の系統の中で、
ssp. pawlovskyi ( パウロフスキイ )を取り上げました。

この亜種は、刺座が長い楕円形で、
きれいに櫛状に並んだ縁刺が特徴です。

羅星丸系は胴体が球形で、側芽をたくさん出して
クッション状の大群生になることが多いのですが、
この亜種はやや柱状に成長し、側芽が少ないとされています。
径3㎝までで、小型の羅星丸系の中でも更に小型です。

種名はロシアの人名によります。




Sany0014--bruchii ssp pawlovskyi--VoS 05-152--San Pedro norte, Cordoba, 935m. --VoS seed (2011)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi   VoS 05-152
San Pedro norte, Cordoba, 935m. Arg.
( V.Schaedlich seed (2011))

 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ         VoS 05-152   )


Sany0017--bruchii ssp pawlovskyi--HGR 05-28--Inti Huasi - San Pedro bij afslage Tumbra 929m--Bercht seed 2072(2011)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi   HGR 05-28
Inti Huasi - San Pedro bij afslage Tumbra, Cordoba, 929m, Arg.

( Bercht seed 2072(2011) ) 
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ        HGR 05-28 )


Sany0026--bruchii ssp pawlovskyi--LB 3365--south San Pedro Norte, Cordoba 957m--Bercht seed 1984(2010)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi       LB 3365
south San Pedro Norte, Cordoba  957m, Arg.
( Bercht seed 1984(2010) )
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ          LB 3365 )


Sany0192--bruchii ssp pawlovskyi--RH 2939a--Santa Cruz Sobremento Cordoba 930m--ex Eden 18578(2012)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi      RH 2939a
Santa Cruz  Sobremento,  Cordoba , 930m, Arg.
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ       RH 2939a   )


Sany0194--bruchii ssp pawlovskyi--MM 830--R 18 to S Rosa Cordoba--ex Milena(2013)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi      MM 830
Route 18  to south Rosa,  Cordoba, Arg.
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ      MM 830 )





2017.07.18 11:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |