FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. gibbosum ssp. ferox 〔AGG〕
( = G. gibbosum ssp. gibbosum 〔G. Charles〕)


九紋竜の変種のフェロックスですが、白刺タイプです。
FNが JPR 54-121 ですが、白刺選抜品です。
ベルヒトの種子リストで、selection of white spined plants
のメモがついた種子No. の実生です。

一般に九紋竜の系統はグレイの刺が多く、
肌色もくすんだ青緑色で地味な存在です。
その中で白い刺のこの種は目立ちます。

この種は Chubut (チュブト)州の産で、
ギムノの中では一番南の産地です。






181212_095148--gibbosum ssp ferox f nobile--JPR 54-121--ex Eden 14484
Gymnocalycium gibbosum ssp. ferox      JPR 54-121
east of San Miguel, Chubut, Arg.
( Bercht seed 3084 (2014))
( 九紋竜 (亜種) フェロックス    JPR 54-121 )





スポンサーサイト
2018.12.22 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. berchtii [AGG][G. Charles]


写真は白い粉(ブルーム)を吹いたベルクティーです。
秋のこの時期に最も白くなります。
春になると、稜の間に新らしく成長した、
鮮やかな色の部分が現れます。

本種は径60mmまでの小型種で、仔吹きしません。
灰色の肌に黒い刺をつけます。
少数ですが、黒肌、緑肌もあり、黄白刺もあります。
白い粉の多いものもあり、少ないものもあり、
全くないものもあります。

根は長い棒状の杭状根です。
栽培ではある程度で切っていますが。

アルゼンチンの、 San luis(サンルイス)州北部の、
岩石の散在する草原に産します。



181026a--Sany0100--berchtii--VS 161--Koehres see --ex Kousen en
Gymnocalycium berchtii     VS 161
Chanares, San Luis, 800m, Arg.
(koehres seed)
( ベルクティー      VS 161)



181026--Sany0104--berchtii--JO 787-1--ex Een Ib 21966
Gymnocalycium berchtii     JO 787
Los Chanares, San Luis,  Arg.
((ex) Eden)
( ベルクティー     JO 787 )



181026--Sany0108-berchtii--Tom 07-229-1--ex Milena
Gymnocalycium berchtii     Tom 229.1
Los Draznitos, San Luis,  Arg.
((ex) Milena)
( ベルクティー     Tom 229.1)



181026--Sany0125--berchtii--LB 320--Los Chanares--ex Milena
Gymnocalycium berchtii     LB 320
Los Chanares, San Luis,  Arg.
((ex) Milena)
( ベルクティー   LB 320 )



181026-Sany0117--berchtii-JS 153--ex Milena-
Gymnocalycium berchtii     JS 153
 Chanares, San Luis,  Arg.
((ex) Milena)
( ベルクティー   JS 153 )









2018.11.22 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. nataliae [AGG]
(= G. berchtii [G. Charles]

写真の G. nataliae(ナタリアエ)は、
アルゼンチン、San Luis (サンルイス)州の,
岩石の散在する草原に産する、
一連の仔吹きしない小型種のひとつです。

径35mmまで、暗緑色から黒紫色の肌で、
しばしば灰色の粉(ブルーム、果粉)を吹きます。
アレオーレの白い綿毛が目を引きます。

近い種に、
G. berchtii(ベルクティー)、
G. morroense (モロエンセ)、
G. poeschlii(ポエシュリー)があります。

G. Charles(チャールス)の本で は
G. berchtii(ベルクティー)の一タイプ
とされています。



181107_111859--nataliae--STO 526--Piltz seed --jika
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )




180307--Sany0152--nataliae--STO 526--Piltz seed--mishou
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )



180307--Sany0162--nataliae--Tom 402.1--2km SE of Pozo del Espinillo SL 944m--ex Eden 22218
Gymnocalycium nataliae      Tom 402.1
2km south-east of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg.  944m
(ex)Eden
(ナタリアエ    Tom 402.1 )



170716a--Sany0057--nataliae--RER 211--2km SE of Pozo del Espinillo SL 940m--ex Eden IB 19141
GYmnocalycium nataliae             RER 211
2km SE of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg. 
(ex)Eden
(ナタリアエ     RER 211 )








2018.11.15 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
この種は径5cmまでの小型種ですが、単幹のままで、仔吹きしません。
底紅の白花です。

原産地では胴体の三分の二以上が地中にあり、
地上部だけを見ると短い円柱状とされます。

鉢植えの栽培では中にもぐらないため、
長い円柱状になります。

最初の写真は、長い間栽培して長い円柱状になったものです。
次の写真は、産地の状況を出すために、一度抜き上げて
全長の3分の2を土に埋めて撮った写真です。
またもとに戻して植え直します。

この種は、以前 G. papschii (パプシー) とされていましたが
ロシアの V. Gapon (ガポン)氏らの調査により分離されて、
G. gertii ( ゲルティー )として記載されました。

種名はAGG の主要メンバーである、オーストリアの
Gert Neuhuber(ノイフーバー)氏に由来します。

刺が毛髪状で、G. papschii に比べてより多く、より長い。
Cordoba (コルドバ)州の Loma Bola (ロマボーラ)の産です。



181007--Sany0010--papschii--gertii--LF 97--CCB seed CB 011752
Gymnocalycium gertii        LF 97
Loma Bola, Cordoba, Arg. 900m          ( CCB seed )
( ゲルティー            LF 97 )



181007--Sany0013--papschii--gertii-LF 97--CB 011752-
Gymnocalycium gertii        LF 97
Loma Bola, Cordoba, Arg. 900m          ( CCB seed )
( ゲルティー            LF 97 )








2018.10.09 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. fischeri ssp. suyuquense [AGG]
(= G. pseudoneuhuberi)

G. fischeri ( フィシェリー) は、
G. capillense( 桃冠玉 ) や G. sutterianum( 王冠玉 )
に近い種で、San Luis 州の灌木の多い草地に産します。
 灌木の陰に多いようです。

ssp. suyuquense ((亜種) スユクエンセ )は、
基本種に比べて胴体も花もより小型で、より鋭い稜、
根元が暗色でない明るい色の刺などで異なるとされます。

この亜種は、G. pseudoneuhuberi とされていることがあります。
G. neuhuberi( ネウフベリー ) に外観の似ていますが、
花の色や構造が異なります。

G. neuhuberi( ネウフベリー ) の花は赤紫色、
この亜種の花は赤茶色の入った白花です。




180914--Sany0003--fischeri v suyuquense--VS 8 --Mesa seed 476.423--ex Kousen en-
Gymnocalycium fischeri ssp. suyuquense       VS 8
Suyuque Nuevo, San Luis, Arg. 1550m
( フィシェリー (亜種) スユクエンセ         VS 8 )


次は4年前の写真です。
まだ仔が出始めたばかりです。

140922--Sany0131--fischeri v suyuquense--VS 8--Mesa seed 476.423
150527--Sany0154--fischerii v syuquense--VS 8--Mesa seed 476.423--ex kousen en
150527--Sany0155--fischrii v syuquense--VS 8
Gymnocalycium fischeri ssp. suyuquense       VS 8
Suyuque Nuevo, San Luis, Arg. 1550m
( フィシェリー (亜種) スユクエンセ         VS 8 )




2018.09.18 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |