ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真はギムノカリキウム属の代表種 G. gibbosum (九紋竜)です。
Sany4374-fennellii-P95--Rio Colorado, Buenos Aires--mesa465.9
Gymnocalycium gibbosum    P 95
Rio Colorado, Buenos Aires, Arg. 300m
(Mesa seed 465.9 )
( 九紋竜     P 95 )



G. gibbosum はGymnocalycium 属の各種の中で、
最も古く記載された種で、1812年の記載です。
Cereus gibbosum Haworth (1812)

K. Pfeiffer により Gymnocalycium (ギムノカリキウム)属が
提案されたのが 1843 年ですが、この記載はこれより古く、
Cereun(ケレウス)属として記載されています。

Gymnocalycium (ギムノカリキウム)属が広く認められるようになるのは、
1922年発刊の有名な本、 
Briton & Rose : The Cactaceae  Volume Ⅲ
から後になります。

Gymnocalycium (ギムノカリキウム)属の産地地図を作りました、
主に Argentina (アルゼンチン)産ですが、他に国境を接する、
Boliviia (ボリビア)、Paraguay (パラグアイ)、Uruguay (ウルグアイ)、
Brazil (ブラジル)の各国に産します。
171231c--Sany0111--Gymno habitat map


次の地図は、G. gibbosum ( 九紋竜 )(亜種、変種を含む)の産地を示しています。
Buenos Aires (ブエノスアイレス州)から南へ、
La Pampa (ラパンパ州)、Rio Negro (リオネグロ州)、Chubut (チュブート州)で、
アルゼンチン南部の、ギムノの中で最も南の産地になります。
171231aaa--Sany0108--habitate map--gibbosum









スポンサーサイト
2018.01.03 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(2) |
謹賀新年Sany0153--neuhuberi--LB 289--Villa de la Quebrada  SL--ex Eden 11591x
Gymnocalycium neuhuberi     LB 289
Villa de la Quebrada, San Luis, Arg.
(ネウフベリ      LB 289 )


これは今年の年賀状に使った( G. neuhuberi  LB 289 ) の写真で、
昨春の開花写真です。
例年、一年の開花写真の中から、ピンク花、赤花のものを選んでいます。

ネウフベリは黄色の刺にピンクの花のイメージですが、
刺の色は黄色の他に、淡褐色、グレーがあります。
花の色はごく淡いピンクから濃いピンクまで変化があります。
同じFN(フィールドNo.)でも刺色、花色に幅があるようです。

この種は、九紋竜の系統の小型ギムノで、
G. reductum (リダクタム)に近い種です。
産地はSan Luis(サンルイス)州で、
九紋竜系では最も北になります。






2018.01.01 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. chubutense v. dubniorum 〔AGG〕
(= G. gibbosum 〔G. Charles〕)
(= G. dubniorum )
(= G. kubesai)

九紋竜の系統の小型種です。
AGGはG. chubutense (チュブテンセ)の変種としています。
G. Charles はG. gibbosum (九紋竜)に含めています。
G. kubesai (クベサイ)の別名があります。

径4cmまで小さな胴体で、
青灰色から灰色の肌色、灰色の刺とされています。

球体が小さい上に、肌色も、刺の色もグレーで、
弱い刺が出たり出なかったりで、地味な外観です。

花は、九紋系では一般的な白色の大輪です。
外弁にピンク色が入り、花底が黄色のきれいな花です。

産地はアルゼンチンの南部の Chubut (チュブト)州で、
ギムノの中では一番南の地域になります。
大西洋に面する海岸地帯に産します。
種子リストの産地データで、海抜 0m、 5m となっています。



Sany0045--dubiniorum--JPR 68-154--Puerto Madryn, Chubut, 0m, Arg--Piltz seed 4640(2009)
Gymnocalycium  dubniorum    WP 154-241
( Puerto Madryn, am Strand des Atlantik, Chubut, Arg.
( Piltz seed 1242 (2010))
( ドウブニオラム        WP 154-241 )


Sany0055--dubniorum--WP 154-241--Puerto Madryn, am Strand des Atlantik, Chubut, Arg.--Piltz seed 1242 (2010)
Gymnocalycium  dubniorum    JPR 68-154
( Puerto Madryn, Chubut, 0m. Arg.
( Piltz seed 4640 (2009))
( ドウブニオラム           JPR 68-154  )








2017.12.16 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. meregallii [ AGG ]

この種は比較的新しい種で、2012 年の記載です。

径 8cm まで、高さ 6cm までのやや小型の種で、
緑色の肌に白い刺をつけます。

G. parvulum (唐子丸)に近い種です。
単幹で群生しないとされています。
アルゼンチンのコルドバ州に産します。

写真は 2015 年のベルヒト種子の実生で,
長い中刺が目立ちます。
まだ未開花です。







Sany0070--meregallii--r. Merlo-La Cruz 10km e of Los Vallcitos 1430m--Bercht seed 3591(2015) 
Gymnocalycium meregallii
r. Merlo-La Cruz, 10km east of Los Vallcitos, Coedoba, Arg.  1430m
(Bercht seed 3591(2015))
( メレガリ―   MM 1200 )









2017.11.21 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. berchtii [AGG][G. Charles]

本種は径60mmまでの小型種です。
小型種ですが、羅星丸のように仔吹きすることはありません。

灰色の肌に黒い刺をつけます。
灰色の肌は、青味の強いもの、紫がかったもの、
緑色に近いもの、黒色に近いものなど、変化があります。
同じFN(フィールド No,)の中でも肌色の変化が見られます。

また、白い粉(ブルーム、果粉)を吹くことが多く、
その量の多少にも変化もあります。

アルゼンチンの、 San luis(サンルイス)州北部の、
岩石の散在する草原に産します。







Sany0141--berchtii--VS 161--Chanares, San Luis 800m--Koehres seed--Kousen en
Gymnocalycium berchtii     VS 161
Los Chanares, San Luis, Arg.   
(Koehres seed)
( ベルクティー     VS 161 )



Sany0146--berchtii-LB 320--Los Chanares SL--ex Milena
Gymnocalycium berchtii     LB 320
Los Chanares, San Luis, Arg.   
( ベルクティー     LB 320)



Sany0031--berchtii--Tom 12-147-1--R5 3km SE Los Chanares 720m SL--Bercht seed 2476(2014)
Gymnocalycium berchtii     Tom 12-147.1
R5, 3km south-east Los Chanares, San Luis, Arg.
Bercht seed  2476 (2014)  
( ベルクティー     Tom 12-147.1 )








2017.11.15 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |