FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主として
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。
-------------------------------------------------------------------------


Gymnocalycium mihanovichii v. filadelfiense
(= Gymnocalycium mihanovichi 〔AGG〕)

写真は G. mihanovichii ( 瑞雲丸 )の変種の、
v. filadelfiense ( フィラデルフィエンセ )の花です。

瑞雲丸の花は、全開しない茶緑花とされていますが、
茶色に近い花から、緑色に近いものまで幅があります。
写真の花は茶色に近い方です。

以前は v. filadelfiense((変種)フィラデルフィエンセ)
とされ、今もこの名称で流通しています。

ただ、AGGは最近では
G. mihanovichii (瑞雲丸)の異名同種としています。
G. mihanovichii (瑞雲丸)の一タイプとされ、
これに含めています。

この株は Rowland (ローランド)種子の実生で、
かなり古く、柱状になっています。

この Rowland (ローランド)は 2013 年に、
営業をやめています。
古くからある種を、古い名前のまま出していた業者が
消えていくのは寂しいことです。





DSC_2086--mihanovichii v filadelfienseーーRowland seed
190608--DSC_2084--mihanovichii v filadelfiense--Rowland seed 2084
190601--DSC_1882--mihanovichii v filadelfiense--Rowland seed 2084
Gymnocalycium mihanovichii v. filadelfiense
(Rowland seed)
( 瑞雲丸(変種) フィラデルフィエンセ   (Rowland 種子実生 ))








スポンサーサイト
2019.06.09 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
--------------------------------------------------------------------------

Gymnocalycium chacoense [AGG] [G. Charles]


写真はG. chacoense (チャコエンセ)の大株の開花です。
白い小さな花が 15 あります。
こういう花はギムノの中でも例がありません。

このG. chacoense (チャコエンセ)は、
Gymnocalycium chiquitanum (良寛)、
Gymnocalycium paediophillum (パエディオフィラム)
に近いギムノです。

明るい黄緑色の肌色、黄色の直刺も
ギムノの中でも珍しいと思います。。

原産地のボリビアのチャコ地方の写真では、
岩の間のわずかな隙間に根を張り、
側芽が盛り上がって群生しています。
周りが岩盤で、側芽が横に拡がらないようです。


190603--DSC_2001--chacoense--Piltz seed 4730
190603--DSC_2003--chacoense--.jpg
Gymnocalycium chacoense    
( Piltz seed 4730 )
( ギムノカリキウム属 チャコエンセ  ピルツ種子実生)






2019.06.05 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------


本日は旧来品の天平丸です。
どれも15年以上経過しています。

その割に大きくなっていませんが、
植え替えが滞りがちな中、
何かとか形を保っています。

天平丸はギムノの中で指折りの人気種です。
鑑賞上すぐれたタイプが選抜育成され、
よく普及しています。





190517--DSC_1604--tenpei--ex Houmei en (1995)
190524--DSC_1744--spegazzinii--ex houmei en
Gymnocalycium spegazzinii
( ギムノカリキウム属 天平丸   (旧来品) )



190517--DSC_1607--haage tempei--ex Isuzu en
Gymnocalycium spegazzinii
( ギムノカリキウム属 天平丸   (旧来品) )


190524--DSC_1740--spegazzinii--talomban--ex Isuzu en
Gymnocalycium spegazzinii
( ギムノカリキウム属 天平丸   (旧来品) )




2019.05.26 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------




翠晃冠 の多稜 ・ 多弁花のタイプで、
古くから栽培しているものです。

稜が24稜くらいあり、花も多弁花です。

最初に入手したものは、綴化だったと思いますが、
成長点付近から形がくずれてしまい、今はありません。
これはそのカキ仔を大きくしたものです。

最初の写真2枚は最近のもので、
8つの花が開いています。
この中6つは横長で、綴化花のようです。

3枚目は昨年秋にひとつだけ花をつけた時のものです。
多くの花で見えない部分を見るために付け加えました。



190524--DSC_1725--anisitsii--taryou-tabenka.jpg
190524--DSC_1728--anisitsii--taryou-tabenka--.jpg
180918--Sany0010--suikoukan-taryou_201905242052057ed.jpg
Gymnocalycium anisitsii
( ギムノカリキウム属 翆晃冠 (多稜多弁花タイプ)    (旧来品))







2019.05.25 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium achirasense
(= Gymnocalycium monvillei ssp. achirasense [AGG])
(= Gymnocalycium horridispinum ssp. achirasense [G. Charles])

G. achirasense (アチラセンセ)は、
G. monvillei(モンビレイ)、
G. horridispinum(ホリディスピナム)に近い種です。

G. monvillei(モンビレイ)の系統は、ほとんどがピンク花ですが、
特にこのG. achirasense (アチラセンセ)は、
花弁に濃いピンクの中筋の入った美花が多いようです。

このG. achirasense (アチラセンセ) の変種に、
v. chacrasense(チャクラセンセ), v. echinatum(エチナタム),
v. kainradliae ( カインラドリアエ )、v. orientale(オリエンターレ)
があります。

これらの種は、産地の写真を見ると刺の強弱は様々ですが、
時に強刺の素晴らしいものが見られます。



190513--DSC_1528--achirasense--.jpg
190513--DSC_1526--achirasense--.jpg
Gymnocalycium achirasense
( ギムノカリキウム属 アチラセンセ   (旧来品) ) 






2019.05.14 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |