ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真は、旧来品の G. griseo-pallidum ( グリセオパリダム)です

G. griseo-pallidum は古くバッケベルグの記載(無効とされる)ですが、
H. Till (ティル)氏がこれに該当するとして新たに記載した
G. anisitsii v. griseo-pallidum があります。

ただ、これは古くからヨーッロパ、日本で栽培されてきた旧来品とは
全く異なることが V.Schaedlich (シェ―ドリヒi) 氏らにより、
指摘されています。
原種では、G. sp. VoS 01-015 が該当するとしています。

A. Lau 氏の 1970 年の採集品 L 368 があり、
G. griseo-pallidum (sensu) Lau と呼ばれることがあります。


G. griseo-pallidum L 368
Salinas de san Jose, Cordillera, 400m, Santa Cruz, Bolivia

最初の写真はピルツ種子の実生です。
二、三枚目は国内の旧来品です。






Sany0118--griseopallidum--Chaco Bolivia--Piltz seed 2178
Gymnocalycium griseo-pallidum
Chaco,  Bolivia
( Piltz seed 2178 )
( グリセオパリダム   (ピルツ種子 2178 実生 ))


R3086664-griseopallidum.jpg
Gymnocalycium griseo-pallidum
( グリセオパリダム   (旧来品 ))



Sany0146--griseopallidum--ex Moriyama
Gymnocalycium griseo-pallidum
( グリセオパリダム   (旧来品 ))




スポンサーサイト
2017.10.03 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. pseudo-malacocarpus
(= G. anisitsii ssp. anisitsii v. pseudomalacocarpum [AGG])
(= G. marsoneri ssp. megatae [G. Charles] )

最初の写真は、フィールド No. が VoS 03-051 の、
G. pseudo-malacocarpus ( プセウドマラコカルプス ) で、
Volker Schaedlich(シェードリヒ)氏の販売する種子の実生です。
VoS はV. Schaedlich(シェードリヒ)氏のフィールド No. です。

二番目、三番目の写真は、チェコの種子の実生で、
フィールド No. のない旧来品です。
濃い肌色で、ピンク花ですが、外観、形状はよく似ています。

国内で販売されていた ( プセウドマラコカルプス )も、
これと似た外観のものが多かったように思います。






Sany0013-pseudomalacocarpus--VoS 03-051--Santa Ana Santa Cruz 160m Boilivia--VoS seed --ex Shimada
Sany0189--pseudomalacocarpus--VoS 03-051--Santa Ana Santa Cruz Bolivia 160m--VoS seed--ex Shimada
Gymnocalycium pseudomalacocarpus  VoS 03-051
Santa Ana, Santa Cruz, Bolivia, 160m
(V. Schaedlich seed )
( プセウドマラコカルプス   VoS 03-051 )



Sany0070--pseudomalacocarpus--Jecminek seed
Sany0156--pseudomalacocarpus--Jecminek seed 0-10154 (2009)
Gymnocalycium pseudomalacocarpus
(J. Jecminek seed)
( プセウドマラコカルプス      (旧来品))









2017.09.21 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. sp. Sierra Medina
(= G. delaetii aff. 〔AGG〕)

G. sp. Sierra Medina ( sp. シエラメディナ)の開花です。

G. schickentdantzii(波光竜)の系統は
球体の肩から側面に花が付きますが、
この種は特に側面から地際にかけて多くの花をつけます。

この種は国内でこの名称で苗が流通しており、
だいぶ以前にかなり大きなものがありました。

ツクマン州のメディナ山地産の不明種ということですが、
外観と花から G. delaetii (= G. schickentdantzii v. delaetii)(天主丸)
の近縁種と考えられています。




Sany0106--sp sierra Medina
Sany0104--sp Sierra Medina
Sany0109--sp Sierra Medina--ex Nishi
Sany0131--sp Sierra Medina--
Gymnocalycium sp. Sierra Medina     
Sierra de Medina, Tucman, Arg.
( sp. シエラメディナ            (旧来品) )





2017.06.23 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. hamatum [ AGG ]
(= G. marsoneri ssp. megatae [ G. Charles ] )


G. megatae(メガタエ)の系統は、
単幹で仔吹きせず、円盤状に成長し、
径15~20㎝くらいまで大きくなります。

この種は肩部から側面に白い花がつき、
果実は赤紫色です。

写真の株は、旧来品ですが、
ハマツムの中では刺の多いタイプです。

ボリビアの Tarija(タリハ)地区、木の根や枯れ枝、
草の散在する泥の多い平地に自生します。





170613a--Sany0164--hamatum--ex kameyama
Gymnocalycium hamatum
( ハマツム      (旧来品 )






2017.06.20 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. rotundicarpum
(= G. megatae [AGG])
(= G. marsoneri ssp. megatae[G.Charles])

ピルツ種子実生のロツンディカルプムが、
今年も開花しました。

ロツンディカルプムは数は少ないですが、
国内でも古くからつくられてきた種です。

分類上は G. megatae (メガタエ)に含まれ、
メガタエの一タイプとされています。

古い時代にヨーロッパに入ったもので、
FN(フィールドNo.)の付いたものはありません。

メガタエ系の各種はあくまで扁平に育ちます。
この株は径16cmです。

花が肩部につきます。
白花です。





Sany0176--rotundicarpum--Piltz seed 3293
Sany0179--rotundicarpum.jpg
Gymnocalycium rotundicarpum      
(PIltz seed 3293)
( ロツンディカルプム (PIltz 種子 3293 実生) )






2017.05.31 10:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |