FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

この寒い時期に、新刺を出しているギムノを見つけて
写真を撮っていますが、
本日は、緑色の梨地肌と、赤黒い新刺が魅力の
G. pflanzii ( 天賜玉 )です。

写真は特に刺座の綿毛の多いタイプです。
ギムノの盛んな頃には、
この多綿毛タイプのみごとな大球をよく見かけました.。

この株は周りに出た仔を育てて、群生の形にしてみようと
育成中です。 まだだいぶかかりそうですが。


この種はボリビア産ですが、
少し離れてパラグアイに変種の(v. paraguayense),
アルゼンチン北部に亜種の(ssp. argentinense)
を産します。

190108--DSC_0135--pflanzii--ex yms
Gymnocalycium pflanzii
( 天賜玉     (旧来品) )




パラグアイ産の変種 (v. paraguayense)の写真を追加しました。
ピルツ種子の実生で5年になります。
190118--DSC_0131--pflanzii v paraguayense--Pilcomayo Paraguay--Piltz seed 1123 (2014)
190118--DSC_0133--pflanzzii v paraguayense--Piltz seed
Gymnocalycium pflanzii v. paraguayense
Pilcomayo, Paraguay
( Piltz seed 1123 )
( 天賜玉(変種)パラグアイエンセ    (ピルツ種子実生) )



スポンサーサイト
2019.01.18 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium weissianum v. atroroseum [AGG]

この冬の時期に、鮮やかな色の新刺を出している
ギムノの写真を撮って紹介していますが、
本日はアトロロセウムです。

古くからあるギムノで、Backeberg (バッケベルグ)が 1935 年に
G. weissianum (ウェイシアナム)の変種として発表しています。

古い時代に趣味家のバイブルであった、
Backeberg (バッケベルグ)の本に出ている関係で、
国内でも赤花の魔天竜として、
鎧武者の和名で古くから知られていますが、
ものはあまりなかったように思います。

写真はケーレス種子の実生ですが、
FN(フィールド No. )がついていません。
古い時代に欧州に入ったものを
実生を繰り返して伝えられてきたもので、
もとの種と同じかどうか、疑問はあります。

花は多くの場合白花ですが、
花弁の中筋に赤い色の入ることがあり、
花弁全体に薄い赤色になることもあります。




190108--DSC_0114--weissianum v atroroseum--Koehres seed (2009)
Gymnocalycium weissianum v. atroroseum
(Koehres seed (2009))
( アトロロセウム    〔ケーレス種子実生) )





2019.01.16 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. rhodantherum v. cinerascens [AGG]
(= G. weissianum v. cinerascens )

この時期ギムノは大抵休眠中で動いていませんが、
鮮やかな色の新刺を出しているものがいくつかあり、
写真を撮ってみました。

このギムノは、以前はG. weissianum v. cinerascens
とされていたものですが、
AGGは G. rhodantherum ( ロダンセラム )の変種としています。

古くからある種で、Backeberg (バッケベルグ)が 1935 年に
G. weissianum (ウェイシアナム)の変種として発表しています。
(命名規則からすると不十分で無効とされる)

後に、これを AGG のH. Till (ティル)氏がG. rhodantherum ( ロダンセラム )
の変種として2004年に記載したものです。
花、種子の構造はG. rhodantherum と変わらないとしています。

古い時代に趣味家のバイブルであった、Backeberg (バッケベルグ)の本に
出ている関係で、国内でもギムノの愛好家には古くから知られていますが、
ものはあまりなかったように思います。

胴体に近接した櫛状の刺、灰色がかった緑色の胴体とされます。
種名のcinerascens は灰色を意味します。
コピの黒王丸の Cpiapoa cinerea と同系統の形容詞です。

アルゼンチン、La Rioja( ラリオハ )州、Carizal (カリザル)、
Famatina(ファマチナ)の近くに産します。

写真はケーレス種子の実生ですが、
FN(フィールド No. )がついていません。
古い時代に欧州に入ったものを
実生を繰り返して伝えられてきたもので、
もとの種と同じかどうか、疑問はあります。

胴体に近接した櫛状の刺ーーという点では、
合っているように思いますが。



190108a--DSC_0119--weissianum v cinerascens--Koehres seed
Gymnocalycium weissianum v. cinerascens
( Koehres seed )
( シネラセンス    〔ケーレス種子実生〕 )







2019.01.14 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

本日は、緑色の梨地肌と、赤黒い新刺が魅力の
G. pflanzii ( 天賜玉 )を取り上げました。

写真は特に刺座の綿毛の多いタイプです。
これは周りに出た仔を育てて、群生の形に育成中です。
まだ2年くらいかかりそうですが。


181111_110501--pflanzii--wooly areole
Gymnocalycium pflanzii
( 天賜玉     (旧来品) )



次の2枚は、少し古い写真ですが、
同じく、刺座の綿毛の多いタイプです。
101018-Sany0034-tensigyoku-yms_20181118100436ebb.jpg
Gymnocalycium pflanzii
( 天賜玉     (旧来品) )




101003-Sany0131-tensigyoku-Yms.jpg
Gymnocalycium pflanzii
( 天賜玉     (旧来品) )

2018.11.18 09:30 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. mazanense v. ferox
(= G. hossei 〔 AGG 〕 )

この種は( G. hossei (= G. mazanense ) )の強刺の変種
とされていたものですが、現在では( G. hossei (= G. mazanense ) )
に含まれ、その一タイプとされています。

国内では ( 闘鷲玉 ) の和名で多く栽培されていました。



161006--Sany0144--mazanense v ferox--LB 1271--east Mazan LR--ex Eden 16829
Gymnocalycium mazanense v. ferox    LB 1271
east Mazan  La Rioja, Arg.
( (ex) Eden )
( 闘鷲玉     LB 1271 )



181108_144240-maznense v ferox--P 30A--piltz seed--ex Houmei en
Gymnocalycium mazanense v. ferox    P 30A
( Piltz seed 4201 )
( 闘鷲玉     P 30A )



次の写真は、ウィンター種子の実生の闘鷲玉です。
著名な栽培家であったK氏(故人)の実生品として入手したものです。


111030--Sany0193-G. mazanense v. ferox-Winter seed-Himeji cactus-Kojima germination
Gymnocalycium mazanense v. ferox
(Winter seed)
( 闘鷲玉     ( ウインター種子実生))



次の写真は旧来品の闘鷲玉 です。
秋に入ってから濃い褐色の新刺を盛んに出しています。
長く栽培しており、柱状になっていますが。

国内で闘鷲玉 とされるものには、
太い曲がった刺の (守金魔天) との交配と思われるものを

よく見かけますが、少し外観が違います。


181108_145043--toushuu gyoku--ex isuzu en
181108_144922--toushuu gyoku--ex Isuzu en
Gymnocalycium mazanense v. ferox
( 闘鷲玉     ( 旧来品 ))






2018.11.11 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |