FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



この種は、2010 年に発表された新しい種で、
Agg. Castellnosiana ( 剣魔玉の集合体 )に属します。

産地の写真を見ると、怪竜丸に似た球体で、
多くが灰白色の肌に黒い刺をつけ、
コピの黒王丸に似た色合いです。

今までのギムノに見られない外観の新種で、
発表時は注目されました。

栽培してみると、期待したほど
白い粉(ブルーム、果粉)を吹くことが少なく、
ほぼ茶色系統の肌色です。

白い粉を吹くギムノに、 G. berchtii(ベルクティー)、
G. prochazkianum (プロチャズキアナム)がありますが、
この二種の栽培では、多くが白い肌になっています。

白くなるようにいろいろ工夫していますが
このG. esperanzae ( エスペランザエ )はうまくいきません。

産地のレポートでは、灌木の下にあるものが白く、
日射のよく当たる場所のものがあまり白くないということも
書かれています。

産地の写真では、白い個体ばかりですが、
これは白いものを選んで写真を撮った結果で、
全体としてはいろんなものがあるのかも知れません。

ネットでヨーロッパの栽培品の写真を見ていますが、
同様な傾向です。
ただ、少ないですが、チェコやロシアの栽培品に
白いものが見られます。
これが個体差なのか、特別な環境を与えたせいか、
よくわかりません。

なお、産地の白い肌の個体の写真は、
著作権の関係で載せませんが、
Google の画像検索で、
(Gymnocalycium esperanzae)で検索して、見てください。


最初の写真3枚は、実生から自根できたもので、
なかなか大きくなりませんが、少し白くなっています。

データ数が少なく、て何とも言えませんが、
接木することなく、3年以上自根できたものが
少し白くなっているように見えます。

190613a--DSC_2159--esperanzae--Tom 09-436-1--W of Nuevo Esperanza LR--ex Milena (2015)
190613--DSC_2162--esperanzae--Tom 09-436-1--ex milena
Gymnocalycium esperanzae    Tom 436.1
west of Nuevo Esperanza, La Rioja,  Arg.
(Bercht seed  3549(2013))
( ギムノカリキウム属 エスペランザエ          Tom 436.1 )



190613a--DSC_2166--esperanzae--Tom 436-1--Bercht seed 3549 (2013)
Gymnocalycium esperanzae    Tom 436.1
west of Nuevo Esperanza, La Rioja,  Arg.
(Bercht seed  3549(2013))
( ギムノカリキウム属 エスペランザエ          Tom 436.1 )


次の写真は、小苗の接木で入ったものを自根にしものです。
淡茶色の肌ですが、少しだけ白い粉が出ています。
190616--DSC_2248--esperanzae--CH 1417--Nueva Esperanza LR 519m--Dohnalik seed
Gymnocalycium esperanzae    CH 1417
 Nuevo Esperanza, La Rioja, 519 m, Arg.
(ex) Cactus Hobby
( ギムノカリキウム属 エスペランザエ          CH 1417 )



次の写真は、実生苗を朝霧閣(白い粉を吹く柱サボテン)に接木して、
大きくしたものですが、全く効果がなく、
あきらめて接ぎ下ろし、発根中で、自根にして様子を見るつもりです。
これが白くなれば、しろはだに黒刺で素晴らしいと思います。
190616--DSC_2234--esperanzae--MM 1257--east of Corral de Isaac LR 515m--Bercht seed 3547 (2013)
Gymnocalycium esperanzae    MM 1257  
east of Corral de Isaac, La Rioja, 515m, Arg.
(Bercht seed  3547(2013))
( ギムノカリキウム属 エスペランザエ          MM 1257 )


次の写真は、キリンウチワ実生接ぎの苗で、
台木のキリンを数センチ残したまま下ろしています。
このままでは白い粉のでる気配がなく、
キリンをカットして自根にする予定です。
180621--Sany0016--esperanzae--HV 1665--Bercht seed 2620 (2016)
190506--DSC_1376--esperanzae--HV 1665--Bercht seed 2628(2016)
Gymnocalycium esperanzae    HV 1665
(Bercht seed  2620(2016))
( ギムノカリキウム属 エスペランザエ          HV 1665)





スポンサーサイト
2019.07.14 09:00 | Castellanosiana(剣魔玉他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium coloradense 〔AGG〕
(= Gymnocalycium rhodantherum 〔G. Charles〕)

この種は アルゼンチンのLa Rioja (ラリオハ)州、
Sierra de Los Colorados (コロラドス山地)の産で、
産地の写真を見ると、白っぽい長刺を密生した
魅力的なものが多数あります。

今回はまだ小さな苗で、
成球の姿には程遠いですが、
黒い新刺を出したところの写真を並べました。

AGGは種子の形態などから、
この種をG.castellanosii(剣魔玉) の類縁種と考え、
(Castellanosii 集合体)に属する種としています。

一方、W. Papsch(パプシュ)氏は、
少し北に産する、G.rhodantherum (ロダンテラㇺ)に近いとし、
これと同種としています。
G. Charles (チャールス)氏のギムノの本はこれに従っています。




190510--DSC_1471--coloradense--HV 1680--Sierra de la Punta Negra LR--Bercht seed 2510(2016)
Gymnocalycium coloradense    HV 1680
Sierra de la Punta Negra  La Rioja, Arg.
(Bercht seed 72510 (2016) )

( ギムノカリキウム属  コロラデンセ  HV 1680)





190510--DSC_1475--coloradense--STO 0011--Bercht seed (2014)
Gymnocalycium coloradense    STO 011
Sierra de la Punta Negra  La Rioja, Arg.
(Bercht seed 2897 (2014) )

(  ギムノカリキウム属  コロラデンセ  STO 011)



170620--Sany0128--coloradense--VS 809--Piltz seed 7038(2012)
Gymnocalycium coloradense    VS 809
Los Colorados, La Rioja, Arg.
(Piltz seed 7038 )
( ギムノカリキウム属   コロラデンセ  VS 809 )





2019.05.22 09:00 | Castellanosiana(剣魔玉他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium castellanosii v. rigidum 〔AGG〕
(= Gymnocalycium castellanosii 〔G. Charles〕)


 本日は G. castellanosii ( 剣魔玉) の強刺の変種の
v. rigidum( リジダム)です。

大きな分類をする、Graham Charles (チャールス)は、
G. castellanosii ( 剣魔玉)の一タイプとしています。

変種名の(rigidum) は(硬直した)の意で、
曲がりにくく硬い刺が密生するのが特徴です。
刺の色は明るい茶色からグレーです。

ネットで、ギムノの産地の写真や、
ヨーロッパのギムノの栽培品の写真を見ると、
強刺の素晴らしいタイプのリジダムが出ています。

写真の実生苗がこういう形になるには
まだだいぶ時間がかかりそうですが、
期待できそうな雰囲気になってきました。

産地はアルゼンチンの La Rioja (ラリオハ)州、
剣魔玉(G. castellanosii)の仲間の中では、
最も北になります。




190313--DSC_0479--castellanosii v rigidum--Tama LR--Mesa seed 460.82 (2009)
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum
Tama, La Rioja, Arg.
( Mesa seed 460.82 )
( ギムノカリキウム 剣魔玉(変種)リジダム      (メサ種子 460.82 実生))


190316--DSC_0490--castellanosii v rigidum-Tama LR--Mesa seed 460.82(2009)
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum
Tama, La Rioja, Arg.
( Mesa seed 460.82 )
( ギムノカリキウム属 剣魔玉(変種)リジダム      (メサ種子 460.82 実生))



190316--DSC_0489--castellanosii v rigidum--JO 1425--Chila RL--ex Eden IB 18622
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum    JO 1425
Chilaa, La Rioja, Arg.
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム属 剣魔玉(変種)リジダム          JO 1425 )


190316--DSC_0494-castellanosii v rigidum-JO 1425--ex Eden 18622(2012)-
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum    JO 1425
Chilaa, La Rioja, Arg.
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム属 剣魔玉(変種)リジダム          JO 1425 )



190316--DSC_0481--castellanosii v rigidum--Tom 07-445-1--T Kulhanek seed (2010)
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum   Tom 07-445.1
( T. Kulhanek seed (2010). )
( ギムノカリキウム属 剣魔玉(変種)リジダム       Tom 07-445.1 )












2019.03.19 10:30 | Castellanosiana(剣魔玉他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

Gymnocalycium castellanosii v. rigidum 〔AGG〕
(= Gymnocalycium castellanosii 〔G. Charles〕)

この低温の時期に新刺を出しているギムノを
見つけて写真を撮っていますが、
本日は G. castellanosii ( 剣魔玉) の変種の
v. rigidum( リジダム)です。

変種名の(rigidum) は(硬直した)の意で、
曲がりにくく硬い刺が密生するのが特徴です。
刺の色は明るい茶色からグレーです。

ネットで、ギムノの産地の写真や、
ヨーロッパのギムノの栽培品の写真を見ると、
強刺の素晴らしいタイプのリジダムが出ています。

写真の実生苗がこういう形になるには
まだだいぶ時間がかかりそうです。

産地はアルゼンチンの La Rioja (ラリオハ)州、
剣魔玉(G. castellanosii)の仲間の中では、
最も北になります。






190108--DSC_0106--castellanosii v rigidum--Tama LR--Mesa seed 460.82
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum
Tama, La Rioja, Arg.
( Mesa seed 460.82 )
( ギムノカリキウム 剣魔玉(変種)リジダム      (メサ種子 460.82 実生))



190118--DSC_0117--castellanosii v rigidum--JO 1425--Chila LR--ex Eden 18622
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum    JO 1425
Chilaa, La Rioja, Arg.
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム 剣魔玉(変種)リジダム          JO 1425 )


190108--DSC_0123--castellanosii v rigidum--JO 1425--Chila LR--ex Eden IB 18622-(2012)
Gymnocalycium castellanosii v. rigidum    JO 1425
Chilaa, La Rioja, Arg.
( (ex) Eden )
( ギムノカリキウム 剣魔玉(変種)リジダム          JO 1425 )







2019.01.21 09:20 | Castellanosiana(剣魔玉他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. coloradense 〔AGG〕
(= G. rhodantherum 〔G. Charles〕)

この種は Sierra de Los Colorados (コロラドス山地)の産で、
産地の写真を見ると、白っぽい長刺を密生した
魅力的なものが多数あります。

これから普及する新しいギムノとして、
鑑賞の点で人気の出る種と期待しており、
FN の異なる数種を実生してみています。
実生苗はまだ小さく、将来有望とまでは言えませんが。


AGGは種子の形態などから、
この種をG.castellanosii(剣魔玉) の類縁種と考え、
(Castellanosii 集合体)に属する種としています。

一方、W. Papsch(パプシュ)氏は、
少し北に産する、G.rhodantherum (ロダンテラㇺ)に近いとし、
これと同種としています。
G. Charles (チャールス)氏の本はこれに従っています。





181008--Sany0024--coloraense--VS 809--Los Colorados--Piltz seed 7038 (2012)
181008--Sany0026--coloradense--VS 809--Piltz seed 7038
Gymnocalycium coloradense    VS 809
Los Colorados, La Rioja, Arg.
(Piltz seed 7038 )
(コロラデンセ  VS 809 )



181010--Sany0074--coloraense-- HV1680--Sierra de la Punta Negra LR--Bercht see 2510 (2016)
Gymnocalycium coloradense    HV 1680
Sierra de la Punta Negra  La Rioja, Arg.
(Bercht seed 72510 (2016) )

(コロラデンセ  HV 1680)





180512c--Sany0131--coloradense--STO 0011--Sierra de La Punta Negra LR--Bercht seed 2897 (2014)
Gymnocalycium coloradense    STO 011
Sierra de la Punta Negra  La Rioja, Arg.
(Bercht seed 2897 (2014) )

(コロラデンセ  STO 011)














2018.10.12 09:00 | Castellanosiana(剣魔玉他) | トラックバック(-) | コメント(0) |