FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

Gymnocalycium megatae ( メガタエ )

G. megatae
(= G. megatae ssp. megatae [AGG])
(= G. marsoneri ssp. megatae [G. Charles])

メガタエは成長期は濃い緑色です。
冬にに入り肌色が黒茶色になっています。
低温期に肌色が変わるギムノがいくつかあります。

大型のギムノで、円盤状に成長し、
径20㎝くらいになります。
多少弱光線での栽培でも背高くなることはありません。

パラグアイ、ボリビアに産します。
草原で、草の中にこの種があるのを、
少し離れたところから見ると、
陸亀が歩いているようだと書かれています。

種名の megatae は、レイテ島で戦死した、
目賀田守種氏に由来します。
ギムノの学名で、現在使われている名称で、
日本人の名前の入っているのはこの一種だけです。
伊藤芳夫氏の記載です。

目賀田守種氏は三高の学生の時に、(日本における三百年)を、
アメリカのカクタス協会誌に寄稿して、名誉副会長の称号を受け、
京大農学部ではサボテンの染色体をテーマに卒論を出し、
当時オランダ領のインドネシアに植物調査に行ったこともあり、
驚くべき才能を持った人物であったと伝えられています。
((日本サボテン史)他による)






190118--DSC_0115--megatae--VoS 06-234--VoS seed (2013)
190118--DSC_0116-mmegatae--VoS 06- 234
Gymnocalycium megatae     VoS 06-234
(V. Schedlich seed )
( メガタエ   VoS  06-234 )     










スポンサーサイト
2019.01.19 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. catamarcense f. ensispinum 〔AGG〕
(= G. pugyonacanthum 〔G. charles〕)

この冬の時期に新刺を出しているものがあり、
写真を撮りました。

この f. ensispinum (エンシスピナㇺ)は、黒い新刺が目立ちます。
平らな刺(刺の断面を見ると、幅が広く、厚みが薄い平板状)
が特徴です。

G. catamarcense(カタマルケンセ)は、
以前は G. hybopleurum とされ、 碧巌玉の和名で
栽培されてきた種です。

亜種に、 ssp. schmidianum(シュミディアナム),
ssp. acinacispinum (アキナアキスピナㇺ) があり,
変種の下のレベルの品種(fa.)として、 
f. belense (ベレンセ)、f. ensispinum (エンシスピナㇺ)、
f. montanum (モンタナム) があります。





190108--DSC_0104--catamarcense f ensispinum--OF 27-80--Las Chilas--ex Eden IB 14835(2008)
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum    OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
( (ex) Eden )
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)


190108a--DSC_0111--catamarcense fa ensispinum--OF 27-80--Piltz seed 2645
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum    OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
(Piltz seed 2645)
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)






2019.01.10 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
毎年のことですが、まだ1月というのに、
G. paraguayense ( パラグアイエンセ )に
ピンク色の蕾がついています。

パラグアイエンセは数株ありますが、
これだけが毎年早い時期に蕾をつけます。
開花するのは4月に入ってからになります。

パラグアイエンセにごく近いとみている、
旧来品のモンビー玉も数株ありますが、
まだまだ蕾は見られません。

この種に近い種に G. fleischerianum (蛇紋玉)がありますが、
これにも蕾は見られません。

この蛇紋玉は、G. Charles (チャ―ルス)氏のギムノの本では、
G. paraguayense (パラグアイエンセ)と一タイプとされ、
この種に含ませています。


190108--DSC_0143--paraguayense--P 447--Piltz seed190108cc--DSC_0143--paraguayense--P 447--Piltz seed
Gymnocalycium paraguayense    P447
Cerro Pero, Cordillera, Paraguay
(Piltz seed )
(パラグアイエンセ          P 447)







2019.01.09 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. monvillei v. steinerii [AGG])
(= G. monvillei ssp. monvillei [G. Charles])

本日の写真は G. monvillei ( モンビレイ )の変種の、
v. steineri ( ステイネリー)です。

基準種と比較して、この変種は、
根元まで黄色の、胴体から突き出した、
密生した長い刺が特徴とされています。

刺が胴体に密着気味のものもありますが
多くは刺が胴体に密着せず、離れて出ています。



190105--DSC_0082--monvillei v steineri--Tom 374a--10km from Nina Paula cordoba--Kulhanek seed (2010)
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    Tom 347a
Paraje Pierda  La Tortuga  10km from Nina Paula  Cordoba Arg.
(  Tomas Kulhanek seed (2010) )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         Tom 347a   )



190105--DSC_0090--monvillei v steineri--JPR 92-109-260--CCB seed(2006)--CB 01098
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    JPR 92-109-260
 Cumbre de Achala, Cordoba, Arg.
(  CCB seed (2006) )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         JPR 92-109-260  )



190105--DSC_0084--monvillei v grandiflorum--steineri--LF 95A--El Condor Cordoba--ex Eden 168332
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    LF 95A
 El Condor, Cordoba, Arg.
(  (ex) Eden )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         LF 95A )




190105--DSC_0086--monvillei v grandiflorum--steineri--LF 95A--El Condor Cordoba--ex Eden 168332
Gymnocalycium monvillei v. steinerii    LF 95A
 El Condor, Cordoba, Arg.
(  (ex) Eden )
(  モンビレイ (変種) ステイネリー         LF 95A )










2019.01.06 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. catamarcense [AGG]
(= G. hybopleurum)

謹賀新年
本年もよろしくお願いいたします。

年の初めということで、振り返って見ますと、
このブログも7年半になりました。

さて、本日はG. catamarcense ssp. elegans
( 碧巌玉 (亜種) エレガンス )を取り上げました。

このエレガンスは、チェコの Tomas Kulhanek(クルハネク)氏より
G. catamarcense の亜種として出されたものですが、
まだ一般的ではありません。

黒い肌に白い刺で、魅力的な外観になるかと期待しています。
ネットで写真をさがしてみると、
Gymnocalycium Galerie というフランスのサイトに、
G. catamarcense ssp. elegans の小さな実生苗が出ていました。
これとFN (フィールドNo.)が違いますが、同様に黒っぽい肌に白い刺です。

これを実生した時は、FN の違うもの3種を蒔きましたが、
発芽して育ったのはこれ一つだけです。

G. catamarcense は強刺のものが多いのですが、
これから強刺になるかどうかわかりません。
elegans という名称は細い刺のものにに多いようで,
あまり期待できないかもしれませんが。




181227c--DSC_0031--catamarcense sso elegans--Tom 529-1--noord Punta del Aqua--Bercht seed 2252(2011) 
Gymnocalycium catamarcense ssp. elegans   Tom 529.1
noord Punta del Aqua, Catamarca, Arg.
( Bercht seed 2252(2011))
( 碧巌玉 (亜種) エレガンス )       Tom 529.1 )


















2019.01.01 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |