ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. prochazkianum
(= G. valnicekianum ssp. prochazkianum [AGG])
(= G. mostii ssp. valnicekianum [G. Charles])

本種は紅蛇丸の系統で、ビカラーに近い種です。
AGG は G. valnicekianum (バルニセキアナム)の亜種、
G. Charles は G. mostii (紅蛇丸)の亜種としています。

種名の ( prochazkianum) は、チェコのカクタス研究者の
Jaroslav prochazka (プロチャズカ) 氏に因ります。
JPR のFN(フィールドNo.)でよく知られています。

径 70mm までの小型種です。
球体の表皮に白い粉(ブルーム、果粉)を吹くことが多く、
産地の写真では真っ白な個体が多く見られます。

また、肌色が紫色を帯びるものも、実生から出現します。
同じFN〔フィールドNo.〕の中でも変化が見られます。
肌色は、成長により、季節により変わることもあります。






Sany0087--prochazkianum--LF 81--Quilino Cordoba 600m--Bercht seed 3642 (2014)
Gymnocalycium prochazkianum    LF 81
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Bercht seed 3642 (2014))
( プロチャズキアナム          LF 81 )




Sany0095--prochazkianum--VS 141--ex Milena
Gymnocalycium prochazkianum    VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Piltz seed 5212)
( プロチャズキアナム           VS 141)




Sany0091--prochazkianum--VS 141--Quilino Cordoba--ex Milena
Gymnocalycium prochazkianum    VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Piltz seed 5212)
( プロチャズキアナム           VS 141)



Sany0093--prochazkianum--VS 141
Gymnocalycium prochazkianum    VS 141
Quilino, Cordoba, Arg.     
(Piltz seed 5212)
( プロチャズキアナム           VS 141)











スポンサーサイト
2017.08.21 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium mesopotamicum ( メソポタミクム )

この種は外観はあまり似ませんが、
G. denudatum (デヌーダタム)や、
G. uruguayense (ウルグアイエンセ)に近い種です。
大きな種子で、Macrosemineum 亜属に属します。

径4cm までで、仔吹きして群生するとされます。

この種は、ブラジルに国境を接する、
アルゼンチン、 Corrientes (コリエンテス)州の、
Mercedes (メルセデス)近辺の、
岩石の散在する草地にに産します。

ギムノの少ない地域です。
産地の写真を見ると、芝生状に群生しています。
栽培では古くなると柱状になるようです。





SANY0003--mesopotamicum var--LB 2298--Bercht seed
Gymnocalycium mesopotamicum    LB 2298 
(Bercht seed )
( メソポタミクム            ベルヒト種子 実生    )


Sany0068--mesopotamicum--P 241--ex Houmei en
Gymnocalycium mesopotamicum   P 241
( メソポタミクム            P 241  )



Sany0004--mesopotamicum--P 241-ex Houmei en
Gymnocalycium mesopotamicum   P 241
( メソポタミクム            P 241  )




Sany0187--mesopotamicum--Mesa seed 470.2
Gymnocalycium mesopotamicum     
(Mesa seed 470.2)
( メソポタミクム            メサ種子 470.2 実生    )



Sany0156-mesopotamicum--LB 2299--Bercht seed
Sany0079--mesopotamicm--LB 2299--Bercht seed
Gymnocalycium mesopotamicum     LB 2299
between Paso and  Mercedes, Corrientes, Arg. 200 m
(Bercht seed )
( メソポタミクム                 LB 2299 )







2017.08.19 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. guanchinense 〔AGG〕
( = G. rhodantherum 〔G. Charles〕)


ガンキネンセは、国内でも古くからつくられてきた種です。

G. Charles (チャールス)の本では、
G. guanchinense ( ガンキネンセ )の種名は見当たりません。
この種を近い地域に産する、G. rhodantherum (ロダンテラム)
に含めています。

特に太くはありませんが、カーブした長刺を密生します。
葯が濃赤色の白花です。

アルゼンチンの、La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra Famatina(ファマチナ山脈)一帯に産します。

近い地域の G. rhodantherum(ロダンテラム) に似ますが、
G. rhodantherumが古くなっても扁平であるのに対して、
この種は球状から古くなると短円柱状になるとされます。





170815--Sany0080--guanchinense--VS 36--Los Tambillos Cuesta Milranda LR--ex milena
Gymnocalycium guanchinense        VS 36
Los Tambilos , La Rioja, Arg. 1600 m
( ガンキネンセ          VS 36 )



170815--Sany0085--guanchiinense v mirandaense--Tom 12-651-1--Bercht seed (2014)
Gymnocalycium guanchinense         Tom 12-651.1
Cuesta Miranda, La Rioja, Arg.
(Bercht seed )
( ガンキネンセ         Tom 12-651.1 )




170608--Sany0171--guanchinense--Cuesta Miranda LR 1310m--LB 1323--Piltz seed 3170
Gymnocalycium guanchinense         LB 1323
Cuesta Miranda , La Rioja, Arg.
(Piltz seed 3170)
( ガンキネンセ         LB 1323 )



170616--Sany0050--guanchinense--STO 088--Cuesta miranda--Eden 17505 
Gymnocalycium guanchinense         STO 088
Cuesta Miranda ,La Higueras, La Rioja, Arg.
( ガンキネンセ         STO 088 )





2017.08.17 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. mostii v. kurtzianum [AGG]
(= G. mostii [G. Charles])
(= G. kurtzianum)

G. mostii v. kurtzianum は、古くから黒豹玉の和名で
栽培されてきた種です。

AGG は G. mostii (紅蛇丸)の変種としていますが、
基準種の G. mostii(紅蛇丸)と比べて大きな差はないとも
云われています。

新刺が黒色で、やがて灰白色に変わっていきます。
より強い刺、より明るい胴体色、強いコブ状隆起などが
特徴とされています。




Sany0054--kurohyou gyoku--Ito-Morinoki
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum
( 黒豹玉         (旧来品) )



Sany0180--mostii v kurtzianum--P 84--Succseed seed 448(2002)
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum   P 84
(Succseed seed)
( 黒豹玉       P 84 )






2017.08.16 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. denudatum ssp. angulatum [AGG]
(= G. denudatum [G. Charles])

基準種のG. denudatum ( デヌータタム) の5稜に比較して、
本亜種は7~9稜、
基準種の5本刺に対して本亜種は7~9本刺、
コブ隆起のある稜、花底がピンクの白花、
より小さい胴体、などの違いがあるとされます。

写真の苗も、小型で、刺数の多いのが目立ちます。
白花ですが、花底がピンクのものは出ていません。

南ブラジルの Rio Grande do Sul (リオグランデドスル) 地区、
Cavera (カベラ) 近辺に産します。





Sany0013--denudatum ssp angulatum--GF 309--northen Dom Pedrito--Piltz seed 4946
Gymnocalyium denudatum ssp angulatum    GF 309
northen Dom Pedrito、Rio Grand do Sul, Brazil
(Piltz seed 4946)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム           GF 309 )



Sany0059--denudatum ssp angulatum--MM 418--Piltz seed 4604--ex Milena
Gymnocalyium denudatum ssp angulatum      MM 418
Road to Serra do Cavera, 25km from BR290,
Rio Grande do Sul, Brazil
(Piltz seed 4604)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム           MM 418 )



Sany0140--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G d Sul Brazil
Sany0048--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G d Sul--Piltz seed 3423

Gymnocalycium denudatum ssp. angulatum      GF 304 
Dom Pedrito, Rio Grande do Sul, Brazil
(Piltz seed 3423)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム         GF 304   )







2017.08.14 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |