FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. armatum
(= G. cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= G. cardenasianum [G. Charles])
(= G. cardenasianum fa. armatum )
(= G. spegazzinii ssp. armatum)

光琳玉の亜種とされるアルマツムです。

光琳玉に比べてやや小型で、産地では扁平です。
産地では長くて黒っぽい直刺を出しています。

ボリビアの Tarija (タリハ)州の Pichu (パイチュ)産が
ssp. armatum (アルマツム)とされています。

今回の写真は全て Paichu 産で、
直刺があまり曲がらずに突き出す感じのものです。

一方、 Pichu (パイチュ)から少し離れた、
Tomapayo, Rio Tarija Puno などに産するものは、
少し刺の形状が異なり、
ssp. armatum (アルマツム)とされることもありますが、
光琳玉との中間タイプとされることがあります。



181031--Sany0091--armatum--VoS 74--Paichu Centro--Bercht seed 2358(2014) 
Gymnocalycium armatum  VoS 074
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2358 (2014))
( アルマツム    VoS 074 )



181031a--Sany0093--armatum--VS 579--Paichu Centro Tarija Bolivia--ex Eden IB 19655 (2018)
Gymnocalycium armatum  VS 579
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( (ex) Eden)
( アルマツム    VS 579 )



Sany0136--armatum--HTH 105--Paichu Piltz seed 5811 (2015)
Gymnocalycium armatum  HTH 105
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Piltz seed 5811 ))
( アルマツム    HTH 105)




180607--Sany0031--armatum--LB 3466--Paichu Centro--Bercht seed 2357(2014)
Gymnocalycium armatum  LB 3466
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2357 (2014))
( アルマツム    LB 3466 )



スポンサーサイト
2018.11.21 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. mazanense v. polycephalum
(= G. polycehalum)
(= G. weissianum [AGG])
(= G. hossei [G. Charles])

AGGは, この種を G. weissianum (ウエイシアナム)
としています。

大きな分類をする G. Charles(チャールス) は
この種を G. hossei の一タイプとしています。

ただ、ヨーロッパの業者の種子、小苗の販売リストでは、
G. mazanense v. polycephalum とされていることが多く、
今のところ栽培の場ではこの名称が多く使われています。

変種名は多頭を意味し、
G. mazanense(魔天竜)の多頭の変種ということですが、
栽培品では仔吹きしていません。
産地で大きな株に多頭のものが散見されるようです。

長い刺を密生するものが多いようです。
La Rioja (ラリオハ)州、 Sierra de Velasco (ベラスコ山脈)の
北部に産します。


181012--Sany0167--mazanense v polycephalum--LF 21--Scaqui LR--ex Milena (2012)
Gymnocalycium mazanense v. polycephalum         LF 21
Scaqui, La Rioja, Arg. 
((ex) Milena) 
( 魔天竜 (変種) ポリセファラム             LF 21 )



180404--Sany0034--mazanense v polycephalum--P 223--Piltz seed 4310
Gymnocalycium mazanense v. polycephalum         P 223
Sierra de Velasco, La Rioja, Arg. 1500 m
(Piltz seed 4310) 
( 魔天竜 (変種) ポリセファラム             P 223   )






181102_110524--mazanense v polycephalum--VS 46--Cupan1100m--Piltz seed 7047
Gymnocalycium mazanense v. polycephalum         VS 46
Cupan, La Rioja, Arg.
(Piltz seed 7047) 
( 魔天竜 (変種) ポリセファラム            VS 46 )





181029--Sany0208--polycephalum--Tom 07-283-1--Kulhanek seed (2010)
Gymnocalycium mazanense v. polycephalum        Tom 07-283.1
Quebrada de Huales, La Rioja, Arg.
( Kulhanek  seed (2010)) 
( 魔天竜 (変種) ポリセファラム            Tom 07-283.1)







2018.11.19 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. nataliae [AGG]
(= G. berchtii [G. Charles]

写真の G. nataliae(ナタリアエ)は、
アルゼンチン、San Luis (サンルイス)州の,
岩石の散在する草原に産する、
一連の仔吹きしない小型種のひとつです。

径35mmまで、暗緑色から黒紫色の肌で、
しばしば灰色の粉(ブルーム、果粉)を吹きます。
アレオーレの白い綿毛が目を引きます。

近い種に、
G. berchtii(ベルクティー)、
G. morroense (モロエンセ)、
G. poeschlii(ポエシュリー)があります。

G. Charles(チャールス)の本で は
G. berchtii(ベルクティー)の一タイプ
とされています。



181107_111859--nataliae--STO 526--Piltz seed --jika
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )




180307--Sany0152--nataliae--STO 526--Piltz seed--mishou
Gymnocalycium nataliae      STO 526
Asticione de Fomento Ganadero, San Luis, Arg.
(Piltz seed 4870)
( ナタリアエ           STO 526 )



180307--Sany0162--nataliae--Tom 402.1--2km SE of Pozo del Espinillo SL 944m--ex Eden 22218
Gymnocalycium nataliae      Tom 402.1
2km south-east of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg.  944m
(ex)Eden
(ナタリアエ    Tom 402.1 )



170716a--Sany0057--nataliae--RER 211--2km SE of Pozo del Espinillo SL 940m--ex Eden IB 19141
GYmnocalycium nataliae             RER 211
2km SE of Pozo del Espinillo, San Luis, Arg. 
(ex)Eden
(ナタリアエ     RER 211 )








2018.11.15 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
本種は国内では曛装玉(くんそうぎょく)
の和名で栽培されて来ました。

(曛)の字は滅多に使わない漢字で、
くん装玉 とした方が良いように思います。

(曛)は夕日の光、夕暮れの微妙な明るさを
意味するようですが。

この種は青緑色のツヤ消しの羅紗地肌が きれいです。
写真ではもう一つ表現できませんが。
アレオーレの白い綿毛の多いものもよく見かけます。

産地は Catamarca (カタマルカ)州で、
近い種の G. catamarcense (カタマルケンセ、碧巌玉)
の産地から南に少し離れた地域になります。

種名は黒いアレオーレ(nigriareolatum)を意味します。
確かに自生地の写真を見ると、黒いアレオーレの個体が
多数見られます。 これは黒いカビに起因するとされます。
普通の栽培環境で黒くなることはありません。

v. carmineum(カルミネウム) は赤花の変種です。
v. simoi (シモイ)は白い刺が特徴です。
v. densispinum (デンシスピナム)は、刺が密で、
仔吹きして横に拡がり、群生します。



181108_144321--nigriareolatum --LB 1235--Route 1 10km N of Las Pilquitas Catamarca--ex Eden IB 14393 (2008)
G. nigriareolatum   LB 1235
Pirquitas, Route 1, Catamarca,  870m, Arg.
( くん装玉            LB 1235  )






101006a-Sany0174a-kunsou-Houmeien.jpg
G. nigriareolatum   
(くん装玉            (旧来品))





181031--Sany0080--nigriareolatum--STO 268--Jecminek seed 02718B (2009)
Gymnocalycium nigriareolatum         STO 268
(Jecminek seed 02718B (2009))
(くん装玉            STO 268 )


140914--Sany0125--igriareolatum v simoi--La Merced--Bercht seed GYM 318(2004)
Gymnocalycium nigriareolatum v. simoi      
La Merced,  Catamarca, Arg.
( Bercht seed )   
( くん装玉 (変種) シモイ        ( Bercht 種子実生) )




181005--Sany0201--nigriareolatum v simoi--P 161--
Gymnocalycium nigriareolatum v. simoi     P 161
south of Palo Labrado, Catamarca, Arg.
( くん装玉 (変種) シモイ    P 161 )




181005--Sany0214-nigriareolatum v simoi--P 39--Piltz seed
Gymnocalycium nigriareolatum v. simoi     P 39
Sierra Graciana, Catamarca, Arg.
( Piltz seed )
( くん装玉 (変種) シモイ      P 39 )






2018.11.13 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium pflanzii ( 天賜玉 )

秋になって天賜玉が盛んに新刺を出しており、
鮮やかな赤い色が目立っています。

G. pflanzii ( 天賜玉 )の基準種はボリビア産です。
亜種、変種として、
アルゼンチン産の ssp. argentinense(アルゼンティネンセ)、
ボリビアの高地産の ssp. dorisiae(ドリシアエ)、
パラグアイ産の v. paraguayense(パラグアイエンセ)
があります。


最初の写真は、旧来品の天賜玉ですが、
小型で仔を吹くタイプです。
181105_105328--tensi gyoku---ex kameyama
181105_105357--tensi gyoku--ex kameyama
Gymnocalycium pflanzii
( 天賜玉               ( 旧来品 ) )




次は変種のパラグアイエンセです。
実生から7年になり、やっと成球らしい形になってきました。
181105_110025--pflanzii v praguayense--Pilcomayo Paraguay--Piltz seed1123 (2011)
181105_110118--pflanzii v paaraguayense--Piltz seed
Gymnocalycium pflanzii v. paraguayense     
Pilcomayo  Paraguay
( Piltz seed 1123 (2011))

( 天賜玉 ( 変種 ) パラグアイエンセ    (ピルツ種子実生 ))





2018.11.07 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |