ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. nigriareolatum v. densispinum [AGG]
(= G. nigriareolatum [G. Charles])

変種名は(高密度の刺の)の意で、
刺が密につくところから来ています。

若い苗では刺が密生した感はありませんが、
古くなると長い刺が胴体に沿って伸び、
刺が密生した感になります。

胴体が扁平で、仔吹きし横に広がるとされます。
自生地の写真では、広く群生したものが見られます。
栽培品は扁平に育っていますが、今のところ仔が出ていません。

国内で凄装玉の和名で栽培されてきたギムノがあり、
この学名を当てられてきましたが、
この変種には該当しないと思われます。

なお、 (曛装玉) の (曛) はあまり使われない漢字で、
(くん装玉)とした方がよいかも知れません。






180628--Sany0124--nigriareolatum v densispinum--P 024--ex Eden IB13234
180628--Sany0126--nigriareolatum v densispinum--P 024--ex Eden 13234
Gymnocalycium nigriareolatum v. densispinum       P24
Dique de Catamarca, 600-800m, Catamarca, Arg.
(ex) Eden
( 曛装玉(変種) デンシスピナム        P24 )



少し古い写真なりますが、刺が密になる前の若い株
の写真を上げておきます。

110819--Sany0161-- nigriareolatum v densispinum-P 24-Eden 13234
Gymnocalycium nigriareolatum v. densispinum P24
Dique de Catamarca, 600-800m, Catamarca, Arg.
(ex) Eden
( 曛装玉(変種) デンシスピナム P24 )



071102-Sany0081-nigriareolatum-v-densispinum-P24-mesa476 47-okada-morinoki
Gymnocalycium nigriareolatum v. densispinum         P24
Dique de Catamarca, 600-800m, Catamarca, Arg.
(Mesa seed 476.47)
( 曛装玉(変種) デンシスピナム         P24 )






スポンサーサイト
2018.07.15 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. armatum
(= G. cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= G. cardenasianum [G. Charles])
(= G. cardenasianum fa. armatum )
(= G. spegazzinii ssp. armatum)

光琳玉の亜種とされるアルマツムです。

接木で早く大きくしたものは別にあるのですが、
実生から正木で来たものにだいぶ強い刺が出るようになり、
うれしくなって黒バックで写真を撮りました。

ブログを見直してみると、一月ちょっと前に
取り上げたばかりでした。

ボリビアの Tarija (タリハ)州の Pichu (パイチュ)産が
ssp. armatum (アルマツム)とされています。

今回の写真は全て Paichu 産で、
直刺があまり曲がらずに突き出す感じのものです。






180712--Sany0126--armatum--VoS 074--Paichu Centro--Bercht seed 2358 (2014)
Gymnocalycium armatum  VoS 074
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2358 (2014))
( アルマツム    VoS 074 )



Sany0136--armatum--HTH 105--Paichu Piltz seed 5811 (2015)
Gymnocalycium armatum  HTH 105
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Piltz seed 5811 ))
( アルマツム    HTH 105)


180712--Sany0134--armatum--LB 3466--Paicu Centro--Bercht seed 2357(2014)
Gymnocalycium armatum  LB 3466
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2357 (2014))
( アルマツム    LB 3466 )







2018.07.13 09:20 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. carminanthum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum [AGG])
(= G. oenanthemum [G. Charles])

写真はは赤花の G. carminanthum ( カルミナンサム )です。
近い種にG. oenanthemum (純緋玉)、G. tillianum (チリアナム)
があります。

AGGはこの種を G. oenanthemum (純緋玉)の亜種としています。
大きな分類をする G. Charles はG. oenanthemum のみを種と認めて、
G. carminanthum, G. tillianum はこれに含めています。

G. carminanthum ( カルミナンサム )は赤い花が魅力ですが、
刺も強いものが多く、この点でも楽しめます。

アルゼンチンのCatamarca (カタマルカ)洲、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)の産です。







180617a--Sany0205--carminanthum--STO 89-259-1--Piltz seed 2949
Gymnocalycium carminanthum   STO 89-259.1
 El Rodeo, Catamarca, Arg.

( Piltz seed 2949.)
(カルミナンサム    STO 89-259.1 ) 


180617--Sany0198--carminanthum v sp--SL 37a--Koehres seed 9464
Gymnocalycium carminanthum   SL 37a
Paso, south-west of  El Rodeo, Catamarca, Arg.

(Koehres seed )
(カルミナンサム   SL 37a ) 





180617--Sany0196--carminanthum--Tom 06-128.1--Los Angels Lato sx--ex Milena
Gymnocalycium carminanthum   Tom 06-128.1
Los Angels, Catamarca, Arg.
( カルミナンサム   Tom 06-128.1 ) 






2018.07.11 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. stellatum v. zantnerianum [AGG]
(= G. quehlianum [G. Charles])
(= G. quehlianum v. zantnerianum )

黒蝶玉の和名で戦前から栽培されて来た種が、
この種に該当すると考えられます。
従来から竜頭(G. stellatum )の系統と見られて来ました。

和名は、根元の黒い5本刺を黒い蝶と見たものと
思います。 先まで黒い刺のものもあります。
小型で、稜の多いのも特徴です。

写真はLB 1137 で、
原種の G. stellautum v. zantnerianum
( = G. quehlianum v. zantnerianum)です。

ピンク色のつぼみが見えます。



180628--Sany0106--quhelianum v zantnerianum--LB 1137--ex Kikakushau
Gymnocalycium quehlianum.v. zantnerianum   LB 1137
Sierra de Macha, 600 m, Cordoba、Arg.
 (  ザントネリアナム        LB 1137   )








2018.07.09 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. parvulum [AGG]
(= G. calochlorum [G. Charles])
(= G. calochlorum v. proliferum )


最初が parvulum ( パルブラム )の青い果実の写真で、
二番目が同じ株の花の写真です。

花の色、形状、構造は種の判別に重要なポイントですが、
果実の色、形状、割れ方も種の判別に用いられます。

以前に G. calochlorum v. proliferum
とされていたものが、この種に該当します。

国内で古くから栽培されてきた唐子丸は、
G. calochlorum v. proliferum とされて来ましたが、
その多くが 交配により外観が変り、
黄色がかった刺で、かつ 大型になっています。

この種は、白刺、小型で仔吹きし群生します。
Cordoba(コルドバ)州の Sierra Grande (グランデ山脈)
の南側に産します。





Sany0162--calochlorum--JPR 108-258--Mesa seed 459.2--ex Kousen en
Sany0107--calochlorum--JPR 108-258--Mesa dseed 459.2--ex kousenen
Gymnocalycium parvulum      JPR 108-258
Mina Clavero  Cordoba, Arg. 
( Mesa seed 459.2)
(パルブラム   JPR 108-258 )








2018.07.07 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |