ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. achirasense
(= G. monvillei ssp. achirasense [AGG])
(= G. horridispinum ssp. achirasense [G. Charles])

G. achirasense (アチラセンセ)は、
G. monvillei(モンビレイ)、
G. horridispinum(ホリディスピナム)に近い種です。

このG. achirasense (アチラセンセ) の変種に、
v. chacrasense(チャクラセンセ), v. echinatum(エチナタム),
v. kainradliae ( カインラドリアエ )、v. orientale(オリエンターレ)
があります。

これらの種は、産地の写真を見ると刺の強弱は様々ですが、
時に強刺の素晴らしいものが見られます。

写真は、比較的強い刺のタイプを選んで取り上げています。






Sany0185--achirasense v echinatum--LB 278--Piltz seed3129
Gymnocalycium achirasense  v. echinatum       LB 278A
Estancia Grande, San Luis, Arg.

(Pilltz seed 3129)
(アチラセンセ(変種)エチナタム   LB 278A



Sany0189--achirasense v kainradliae--GN 270-866--Piltz seed 3772
Gymnocalycium achirasense v. kainradliae     GN 270-866 
Piedra Blanca, San Luis, Arg.
(Piltz seed 3772)
(  アチラセンセ (変種) カインラドリアエ        GN 270-866   )


Sany0187--achirasense v kainradliae--LB 285--Bercht seed 1253 (2007)
Gymnocalycium achirasense v. kainradliae    LB 285
south of Los Tapiales, San Luis, Arg.

(Bercht seed 1253 (2007))
(  アチラセンセ (変種) カインラドリアエ       LB 285 )






スポンサーサイト
2017.06.04 09:00 | その他 | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. rotundicarpum
(= G. megatae [AGG])
(= G. marsoneri ssp. megatae[G.Charles])

ピルツ種子実生のロツンディカルプムが、
今年も開花しました。

ロツンディカルプムは数は少ないですが、
国内でも古くからつくられてきた種です。

分類上は G. megatae (メガタエ)に含まれ、
メガタエの一タイプとされています。

古い時代にヨーロッパに入ったもので、
FN(フィールドNo.)の付いたものはありません。

メガタエ系の各種はあくまで扁平に育ちます。
この株は径16cmです。

花が肩部につきます。
白花です。





Sany0176--rotundicarpum--Piltz seed 3293
Sany0179--rotundicarpum.jpg
Gymnocalycium rotundicarpum      
(PIltz seed 3293)
( ロツンディカルプム (PIltz 種子 3293 実生) )






2017.05.31 10:00 | その他 | トラックバック(-) | コメント(0) |
| ホーム |