ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


この種は、 牡丹玉、瑞雲丸、麗蛇丸に近い種です。
古くからよく栽培されています。

学名は幅広い稜を意味します。
パラグアイの北部、落葉樹の林の下などに自生します。
日射のあまり強くない環境に育ちます。
単幹で、径160mm まで、古くなると短円筒状になります。



下の写真は FR 1178 ですが、
FR は Friedrich Ritter (フリードリヒ リッター)のフィールドNo. で、
1963年の古い採集品です。
長い曲刺が目立つタイプです。

Sany0050--eurypleurum--FR 1178--Koehres seed
G. eurypleurum FR 1178
At foot of Cerro Leon, Alto Paraguay,
(Koehres seed)
( 勇将丸      FR 1178 )



次は p 434 ですが、標準的な外観のタイプと思います。

Sany0035--eurypleurum--P 434--ex uhlig (2007)
Gymnocalycium eurypleurum    P 434
Cerro Leon, Nueva Asuncion, Paraguay  
(ex Uhlig)
(勇将丸      P 434 )




はだいぶ長く栽培しいる、曲刺のタイプです。
国内の購入品でのすが、ラベルに de Herdt seed とあり、
 de Herdt の種子実生です。
 de Herdt は古くからあるベルギーの業者です。

Sany0065--eurypleurum--de Herdt seed--ex Houmei en (1997)
Gymnocalycium eurypleurum   
(de Herdt seed)
(勇将丸    (デヘルト種子i実生))





次は、国内の購入品です。
これも標準的なタイプと思います。

Sany0042--eruharamu--ex Isuzu en
Gymnocalycium eurypleurum  
(勇将丸     (旧来品) )




次は旧来品で、短刺タイプとしていただいたものです。
白っぽい、太い目の刺です。

Sany0054--yuushou tanshi--ex Mrk
Gymnocalycium eurypleurum  
(勇将丸     (旧来品) )


短刺タイプと曲刺タイプの交配の実生です。
Sany0051--yuushou--tankyoku toge--mishou
Gymnocalycium eurypleurum  
(勇将丸     (旧来品) )


まだ小さいですが、曲刺タイプ同志の実生です。
Sany0062--yuushou--kyokusi kakeru kyokusi
Gymnocalycium eurypleurum  
(勇将丸     (旧来品) )







スポンサーサイト
2017.11.25 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
瑞雲丸は茶緑色の独特の花を咲かせるため、
春期の開花の写真が多いのですが、
この晩秋の時期で少し黒っぽい肌色になったところを
撮りました。

瑞雲丸は滑らかな肌で、少しツヤがあります。
これに対して、近縁の牡丹玉の肌はつぶつぶのある、
ツヤのない肌です。

近縁の G. friedrichii (牡丹玉)が、
白色からピンク色の花で全開するのに対して、
瑞雲丸の花は、茶緑色で半開の花です。
非常に高温の時以外は内弁が開かないとされています。

(変種)フィラデルフィエンセは最近の分類では、
瑞雲丸の一タイプとされ、瑞雲丸に含まれています。







Sany0034--mihanovichii--STO 1224--Mariscal Paraguay--Amerhauser seed--ex Tutiya
Gymnocalycium mihanovichii      STO 1224
Mariscal,  Paraguay
(H. Amerhauser seed)
 (瑞雲丸            STO 1224  )



Sany0033--mihanovichii--Mesa seed 470.62
Gymnocalycium mihanovichii     
Mariscal,  Paraguay
(Mesa seed  470.62)
 (瑞雲丸            メサ種子 470.62 実生)



171121--Sany0031--mihanovichii v filadelfiense--P 430--Mariscal Estigarribia Buqueron Paraguay--ex Eden 14832--
Gymnocalycium mihanovichii v. filadelfiense   P 430
Mariscal Estigarribia,  Buquero,n  Paraguay
 (瑞雲丸 (変種)フィラデルフィエンセ   P 430 )
  




17121--Sany0032--filadelfiense--Rowland seed 2084
Gymnocalycium mihanovichii v. filadelfiense   
(Rowland seed )
 (瑞雲丸 (変種)フィラデルフィエンセ   ローランド種子実生)
  








2017.11.23 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. meregallii [ AGG ]

この種は比較的新しい種で、2012 年の記載です。

径 8cm まで、高さ 6cm までのやや小型の種で、
緑色の肌に白い刺をつけます。

G. parvulum (唐子丸)に近い種です。
単幹で群生しないとされています。
アルゼンチンのコルドバ州に産します。

写真は 2015 年のベルヒト種子の実生で,
長い中刺が目立ちます。
まだ未開花です。







Sany0070--meregallii--r. Merlo-La Cruz 10km e of Los Vallcitos 1430m--Bercht seed 3591(2015) 
Gymnocalycium meregallii
r. Merlo-La Cruz, 10km east of Los Vallcitos, Coedoba, Arg.  1430m
(Bercht seed 3591(2015))
( メレガリ―   MM 1200 )









2017.11.21 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. obductum
(= G. stellatum v. obductum [AGG]) 
(= G. quehlianum [G. Charles]) 

写真は、ピルツ種子の実生の G. obductum P 121 です。
この株はで実生から15年くらい経っています。
扁平な円盤状に大きくなりました。

3枚目の花の写真は今年の夏のものです。

この種はG. stellatum (= G. quehlianum [G. Charles, J. Piltz))
の変種で、国内の竜頭に近い種です。

肌色は、グレ-、あるいは茶色がかったグレ-、あるいは
緑色がかったグレ-で、刺の色もグレーで、
くすんだ色の地味な外観です。
円盤状に育ちます。

種名は(覆われた、人目に付かない)の意です。
産地では扁平な球体が砂地の地面にめり込んでいて、
肌の色も土の色に近く、見つけるのがむつかしいと
云われています。





Sany0050--obductum--P 121--Piltz seed
Sany0049--obductum--P 121--piltz seed
Sany0086-obductum--P 121--Piltz seed
Gymnocalycium obductum      P 121
Salinas Grandes, Cordoba, Arg.
(Piltz seed 4262)
( オブダクタム             P 121  )










2017.11.19 09:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
写真はG. alboareolatum (アルボアレオラータム) LB 1296 ですが、
原種の実生から薄い黄斑が出ました。

余り良い斑色ではないのですが、
斑の出ることは滅多にないので、
斑の入った仔を取ろうと、
斑の部分にビ―エー液剤をぬりました。

結果は斑の部分からは仔が出ず、
斑の無いところから仔がたくさん出ています。
おまけに斑の部分が茶色に汚れてしまい、
失敗でした。
来春、濃度を変えて再トライするか思案中です。


G. alboareolatum (アルボアレオラータム)は
白い綿毛が特徴の小型種です。
種名は白いアレオーレ(刺座)を意味します。

この種は以前 G. albiareolatum とされていた
ことがありますが、ラテン語の文法上の理由から、
G. alboareolatum に変更されています。

G. guanchinense (ガンキネンセ)
G. rhodantherum (ロダンテラㇺ)に近い種で、
La Rioja (ラリオハ)、Sierra de Velasco (ベラスコ山地)
の産です。





Sany0182--alboareolatum--varieg--LB 1296--Piltz seed 3164
Gymnocalycium alboareolatum   LB 1296
South of Villa Sanagasta,  La Rioja, 1010m, Arg.
(Piltz seed 3164)
( アルボアレオラタム     LB 1296 )











2017.11.17 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |