ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真はG. chacoense (チャコエンセ)です。
G. chiquitanum (良寛)、
G. paediophillum (パエディオフィラム)
に近い種です。。

黄緑色の肌色、小さな花はギムノの中でも
他にあまり例がありません。

細いが硬くて曲がらない刺が多数突き出ていて、
取扱いに苦労します。

原産地のボリビアのチャコ地方の写真では、
岩の間のわずかな隙間に根を張り、
側芽が盛り上がって群生しています。
周りが岩板で、側芽が横に拡がらないようです。

鉢植えでは親株の周りにきれいに仔が並びます。

1枚目の写真は、ピルツ種子の実生から出た、
束刺の特異タイプです。
刺が横に広がらず、束状に突き出ます。




Sany0192--chacoense--piltz seed 4730
Gymnocalycium chacoense    
Cerro San Miguel, Santa Cruz, Bolivia     
(Piltz seed 4730)
( チャコエンセ       (Piltz 種子 4730 実生)   )



Sany0145--chacoense--piltz seed 4730
Gymnocalycium chacoense    
Cerro San Miguel, Santa Cruz, Bolivia     
(Piltz seed 4730)
( チャコエンセ       (Piltz 種子 4730 実生)   )



Sany0058--chacoense--STO 990--Amerhauser seed (2009)
Gymnocalycium chacoense        STO 990
Charagua - San Antonio del Parapeti, Santa Cruz, Bolivia
(H. Amerhauser seed )
( チャコエンセ          STO 990)





スポンサーサイト
2017.07.24 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. obductum
(= G. stellatum v. obductum [AGG]) 
(= G. quehlianum [G. Charles]) 

最初の写真は G. obductum P 121 の今年の開花です。
この株はピル種子の実生で15年くらい経っています。
扁平に大きくなりました。

3枚目以降は同じ P 121 の少し古い写真です。

この種はG. stellatum (= G. quehlianum [G. Charles, J. Piltz))
の変種で、国内の竜頭に近い種です。

肌色は、グレ-、あるいは茶色がかったグレ-、あるいは
緑色がかったグレ-で、くすんだ色の地味な外観です。
円盤状に育ちます。

種名は(覆われた、人目に付かない)の意です。
産地では扁平な球体が砂地の地面にめり込んでいて、
見つけるのがむつかしいと云われています。




Sany0086-obductum--.P 121--Piltz seed
Sany0087--obductum--P 121--piltz seed
Gymnocalycium obductum      P 121
Salinas Grandes, Cordoba, Arg.
(Piltz seed 4262)
( オブダクタム             P 121  )


Sany0032--obductum--P 121--Piltz seed 4262
Gymnocalycium obductum      P 121
Salinas Grandes, Cordoba, Arg.
(Piltz seed 4262)
( オブダクタム             P 121  )



R0014002a-obductum-P121-KPiltz.jpg
Gymnocalycium obductum      P 121
Salinas Grandes, Cordoba, Arg.
(Piltz seed 4262)
( オブダクタム             P 121  )



Sany0115-obductum-P121-Koehres seed-Kousenen
Gymnocalycium obductum      P 121
Salinas Grandes, Cordoba, Arg.
(Koehres seed )
( オブダクタム             P 121  )




Sany0095-obductum-P121-Koehres4063-kousenen.jpg
Gymnocalycium obductum      P 121
Salinas Grandes, Cordoba, Arg.
(Koehres seed )
( オブダクタム             P 121  )










2017.07.22 09:40 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |
Gymnocalycium quehlianum v. nigrispinum
(= G. stellaum . [AGG] )
(= G. quehlianum [G. Charles] )

Gymnocalycium stellatum v. nigrispinum
(= G. stellaum . [AGG] )
(= G. quehlianum [G. Charles] )

G. stellatum (ステラツム)は、
和名の竜頭が相当する種で、
AGGはこれをG. stellatum (ステラツム)とし、
G. Charles (チャールス)、J. Piltz (ピルツ)は
G, quehlianum (クエーリアナム)としています。

 v. nigrispinum は正式の変種名ではなく、
販売上の名称と思われます。

実生では茶色刺が多く、なかなか黒い刺が出ませんが、
1枚目の写真は、明るい青緑肌に黒刺で、大事にしているタイプです。
2枚目の写真は、根元が黒茶色の刺です。



Sany0080--quehlianum v nigrispinum--Koehres seed
Gymnocalycium quehlianum v. nigrispinum
(Koehres seed )
( クエーリアナム(変種)二グリスピナム         ケーレス種子実生)



Sany0083--stellatum v nigrispinum--Bercht seed 3289(2011)
Gymnocalycium stellatum v. nigrispinum
(Bercht seed 3289(2011))
( ステラツム(変種)二グリスピナム         ベルヒト種子実生)












2017.07.20 10:15 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. bruchii ssp. pawlovskyi [AGG]
(= G. bruchii [G. Charles])

花が終わった羅星丸の系統の中で、
ssp. pawlovskyi ( パウロフスキイ )を取り上げました。

この亜種は、刺座が長い楕円形で、
きれいに櫛状に並んだ縁刺が特徴です。

羅星丸系は胴体が球形で、側芽をたくさん出して
クッション状の大群生になることが多いのですが、
この亜種はやや柱状に成長し、側芽が少ないとされています。
径3㎝までで、小型の羅星丸系の中でも更に小型です。

種名はロシアの人名によります。




Sany0014--bruchii ssp pawlovskyi--VoS 05-152--San Pedro norte, Cordoba, 935m. --VoS seed (2011)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi   VoS 05-152
San Pedro norte, Cordoba, 935m. Arg.
( V.Schaedlich seed (2011))

 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ         VoS 05-152   )


Sany0017--bruchii ssp pawlovskyi--HGR 05-28--Inti Huasi - San Pedro bij afslage Tumbra 929m--Bercht seed 2072(2011)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi   HGR 05-28
Inti Huasi - San Pedro bij afslage Tumbra, Cordoba, 929m, Arg.

( Bercht seed 2072(2011) ) 
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ        HGR 05-28 )


Sany0026--bruchii ssp pawlovskyi--LB 3365--south San Pedro Norte, Cordoba 957m--Bercht seed 1984(2010)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi       LB 3365
south San Pedro Norte, Cordoba  957m, Arg.
( Bercht seed 1984(2010) )
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ          LB 3365 )


Sany0192--bruchii ssp pawlovskyi--RH 2939a--Santa Cruz Sobremento Cordoba 930m--ex Eden 18578(2012)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi      RH 2939a
Santa Cruz  Sobremento,  Cordoba , 930m, Arg.
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ       RH 2939a   )


Sany0194--bruchii ssp pawlovskyi--MM 830--R 18 to S Rosa Cordoba--ex Milena(2013)
Gymnocalycium bruchii ssp pawlovskyi      MM 830
Route 18  to south Rosa,  Cordoba, Arg.
 ( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ      MM 830 )





2017.07.18 11:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
チョコレート色の肌のG. ochoterenae (武勲丸)が
初めて開花しました。
少し緑色がかった白花です。

このG. ochoterenae (武勲丸) Tom 07-233.1 は、
チェコの Tomas Kulhanek (クルハネク)氏の
2011年の種子販売リストに出ていたもので、
(chocolate body(チョコレート色の胴体))
のメモがついていたものです。

メモのとおり、チョコレート色の肌に育っています。
刺も黒っぽい色です。



Sany0080-ochoterenae var--Tom 07-233.1-chocolate body--Las Chilcas fro IMP Junin--kulhanek seed (2011)
ochoterenae var--Chocolate body--Tom 07-233-1--Los Chilcas--Kulhanek seed (2011)
Gymnocalycium ochoterenae   Tom 07-233.1
Los Chilcas, San Luis, Arg.
(T. Kulhanek seed (2011))
(  武勲丸    Tom 07-233.1 )






2017.07.16 09:40 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(2) |