ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

タイから入った G. friedrichii LB 2178 ( 牡丹玉 )を
入手しました。
まだ径 3cm の小さなものですが。

この牡丹玉は数年前からタイで大量に実生生産されています。
Googl の画像検索で ( Gymnocalycium friedrichii ) を見ると、
LB 2178 の多くの写真が出ています。
成球の写真はこちらで見てください。

ebay の販売サイトでも、この LB 2178 が 数件販売されています。
タイ産とウクライナ産があります。

LB 2178 の特徴としては、白い横縞隆起がはっきりしていること、
横縞隆起が稜付近で下に曲がること、一本刺であることが
挙げられます。 確かに目立った外観の牡丹玉です。

産地は Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay です。
Volker Schaedlich (シェードリヒ) 氏によると、
G. friedrichii としては最も東の産地で、
パラグアイのブラジル国境に近い地域です。

Agua Dulce 近辺の産の G. friedrichii ( 牡丹玉 )としては、
LB 2178 の他に、VoS 01-14a, VoS 12-1241
があります。 同様の外観ではないかと思います。




Sany0138--friedrichii--LB 2178--ex Thailand--Mrk
Gymnocalycium friedrihii     LB 2178
Agua Dulce, Alto Paraguay, Paraguay 
 ( 牡丹玉         LB 2178 )









スポンサーサイト
2017.06.27 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. borthii ssp. nogolense [AGG]
(= G. gibbosum ssp. borthii [G. Charles])

ボルシー (亜種) のノゴレンセですが、
グレーの肌に青白い粉を吹き、刺も白っぽい色です。

2年ほど前の写真を見ると、肌色は紫色です。
さらに前の写真をみると茶色っぽいものもあり、
成長により、季節により変わるようです。

G. borthii (ボルシー) はG. gibbosum (九紋竜)に近い種で、
G. Charles (チャールス)は G. gibbosum の亜種としています。

G. striglianum (ストリグリアナム)や、
G. taningaense (タニンガエンセ)にも近い種で、
同様にSan Luis (サンルイス)州に産します。





Sany0070--borthii ssp nogolense--Tom 07-219.1--ex Milena
Sany0072--borthii ssp nogolense--
Gymocalycium borthii ssp. nogolense    Tom 06-146.1
North of Sanpedro, San Luis, Arg.
( ボルシー (亜種)ノゴレンセ          Tom 06-146.1 )



Sany0203--borthii ssp nogolense--Tom 07-219-1--ex Milena
Gymocalycium borthii ssp. nogolense    Tom 06-146.1
North of Sanpedro, San Luis, Arg.
( ボルシー (亜種)ノゴレンセ          Tom 06-146.1 )









2017.06.25 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. sp. Sierra Medina
(= G. delaetii aff. 〔AGG〕)

G. sp. Sierra Medina ( sp. シエラメディナ)の開花です。

G. schickentdantzii(波光竜)の系統は
球体の肩から側面に花が付きますが、
この種は特に側面から地際にかけて多くの花をつけます。

この種は国内でこの名称で苗が流通しており、
だいぶ以前にかなり大きなものがありました。

ツクマン州のメディナ山地産の不明種ということですが、
外観と花から G. delaetii (= G. schickentdantzii v. delaetii)(天主丸)
の近縁種と考えられています。




Sany0106--sp sierra Medina
Sany0104--sp Sierra Medina
Sany0109--sp Sierra Medina--ex Nishi
Sany0131--sp Sierra Medina--
Gymnocalycium sp. Sierra Medina     
Sierra de Medina, Tucman, Arg.
( sp. シエラメディナ            (旧来品) )





2017.06.23 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. friedrichii v. piraretaense
(= G. mihanovichii v. piraretaense )
(= G. friedrichii v. pazoutianum )
(= G. friedrichii [AGG] )

写真は国内の古くからの栽培品のピラレタエンセです。
欧州でもv. piraretaense の名称で種子、苗が販売
されています。

この種は1960年代に、チェコの Pzout (パゾウト)氏が
G. friedrichii(牡丹玉)の関連の 栽培品,、交配品に対して
与えた名称と云われており、いろんな疑問も出されていて、
種としては認められていません。
G. friedrichii(牡丹玉)の一タイプか、その交配種と見られています。

多くはピンク花ですが、白花もあります。
もとは同じものでもいろんな因子を含んでいたのか、
名前がつけられた後で近縁の種と交配されたのか、
よくわかりませんが、肌色も緑色、紫褐色など
多くのタイプが見られます。

写真は、紫褐色の肌でアレオーレの綿毛の多いタイプで、
ピンク花です。









Sany0182--friedrichii v piraretaense--ex Kikakusha
Sany0183--piraretaense--ex Kikakusha
Sany0175--piraretaense--.jpg
Gymnocalycium friedrichii v. piraretaense
( ピラレタエンセ             (旧来品) )











2017.06.22 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. hamatum [ AGG ]
(= G. marsoneri ssp. megatae [ G. Charles ] )


G. megatae(メガタエ)の系統は、
単幹で仔吹きせず、円盤状に成長し、
径15~20㎝くらいまで大きくなります。

この種は肩部から側面に白い花がつき、
果実は赤紫色です。

写真の株は、旧来品ですが、
ハマツムの中では刺の多いタイプです。

ボリビアの Tarija(タリハ)地区、木の根や枯れ枝、
草の散在する泥の多い平地に自生します。





170613a--Sany0164--hamatum--ex kameyama
Gymnocalycium hamatum
( ハマツム      (旧来品 )






2017.06.20 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |