ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. mostii v. kurtzianum [AGG]
(= G. mostii [G. Charles])
(= G. kurtzianum)

G. mostii v. kurtzianum は、古くから黒豹玉の和名で
栽培されてきた種です。

AGG は G. mostii (紅蛇丸)の変種としていますが、
基準種の G. mostii(紅蛇丸)と比べて大きな差はないとも
云われています。

新刺が黒色で、やがて灰白色に変わっていきます。
より強い刺、より明るい胴体色、強いコブ状隆起などが
特徴とされています。




Sany0054--kurohyou gyoku--Ito-Morinoki
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum
( 黒豹玉         (旧来品) )



Sany0180--mostii v kurtzianum--P 84--Succseed seed 448(2002)
Gymnocalycium mostii var. kurtzianum   P 84
(Succseed seed)
( 黒豹玉       P 84 )






スポンサーサイト
2017.08.16 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. denudatum ssp. angulatum [AGG]
(= G. denudatum [G. Charles])

基準種のG. denudatum ( デヌータタム) の5稜に比較して、
本亜種は7~9稜、
基準種の5本刺に対して本亜種は7~9本刺、
コブ隆起のある稜、花底がピンクの白花、
より小さい胴体、などの違いがあるとされます。

写真の苗も、小型で、刺数の多いのが目立ちます。
白花ですが、花底がピンクのものは出ていません。

南ブラジルの Rio Grande do Sul (リオグランデドスル) 地区、
Cavera (カベラ) 近辺に産します。





Sany0013--denudatum ssp angulatum--GF 309--northen Dom Pedrito--Piltz seed 4946
Gymnocalyium denudatum ssp angulatum    GF 309
northen Dom Pedrito、Rio Grand do Sul, Brazil
(Piltz seed 4946)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム           GF 309 )



Sany0059--denudatum ssp angulatum--MM 418--Piltz seed 4604--ex Milena
Gymnocalyium denudatum ssp angulatum      MM 418
Road to Serra do Cavera, 25km from BR290,
Rio Grande do Sul, Brazil
(Piltz seed 4604)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム           MM 418 )



Sany0140--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G d Sul Brazil
Sany0048--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G d Sul--Piltz seed 3423

Gymnocalycium denudatum ssp. angulatum      GF 304 
Dom Pedrito, Rio Grande do Sul, Brazil
(Piltz seed 3423)
( デヌータタム (亜種) アンギュラータム         GF 304   )







2017.08.14 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. mostii v. immemoratum [AGG]
(= G. mostii ssp. valnicekianum [G. Charles])
(= G. immemoratum )

この種は古くから活火山の和名で栽培されてきた種です。

以前から G. valnicekianum(バルニセキアナム、活火山)
と呼ばれて来たた種がありますが、
AGG はG. valnicekianumの原記載は別の種であるとし、
この種をG. mostii v. immemoratum (インメモラタム)
としています。

一方、G. Charles の本では、この種は従来通りの名称で
ssp. valnicekianum (バルニセキアナム)とされています。

種子リストや小苗の販売リストを見ると、この同じ種に対して、
G. immemoratum と G. valnicekianum の両方の名前が
使われているのが現状です。

G. mostii (紅蛇丸)に近く、かなり大きくなります。



Sany0057--immeoratum--P 83--Bercht seed
Gymnocalycium mostii v. immemoratum   P 83
Capilla del Monte, 1000m, Cordoba, Arg.
( Bercht seed )
(  活火山              P 83 )



Sany0120--immemoratum--p 83--Capilla del Monte 1000m Cordoba--Bercht seed
Gymnocalycium mostii v. immemoratum   P 83
Capilla del Monte, 1000m, Cordoba, Arg.
( Bercht seed )
(  活火山              P 83 )







Sany0181--valnicekianum--P 83--Mesa seed 493.5
Gymnocalycium mostii v. immemoratum   P 83
Capilla del Monte, 1000m, Cordoba, Arg.
( Mesa seed 493.5)
(  活火山              P 83 )










2017.08.13 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. catamarcense(カタマルケンセ)は、
以前は G. hybopleurum とされ、 碧巌玉の和名で
栽培されてきた種です。

亜種に、 ssp. schmidianum(シュミディアナム),
ssp. acinacispinum (アキナアキスピナㇺ) があり,
変種の下のレベルの品種として、 
f. belense (ベレンセ)、f. ensispinum (エンシスピナㇺ)、
f. montanum (モンタナム) があります。

この f. ensispinum (エンシスピナㇺ)は、剣形状の強刺で、
平らな刺(刺の断面を見ると、幅が広く、厚みが薄い平板状)
が特徴です。

最後の写真の LB 1256 の刺はまだあまり平板状ではありませんが、
成長と共に特徴が出てくるのではないかと思います。

新刺は黒茶色で目立ちますが、やがて灰色に変わります。





Sany0159--catamarcense fa ensispinum--OF 27-80--ex Eden 14835
Sany0161--cataamarcense fa ensispinum--OF 27-80--ex Eden
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum     OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)




Sany0218--catamarcense ensispinum--OF 27-80--Piltz seed 2645
Sany0223--catamarcense f ensispinum--OF 27-80--
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum    OF 27-80
Las Chilcas, Catamarca, Arg.
(Piltz seed 2645)
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  OF 27-80)




Sany0139--catamarcense v ensispinum--LB 1256--Bercht seed 2827 (2014)
Gymnocalycium catamarcense f. ensispinum     LB 1256
Cuesta de Chilcas, Catamarca, Arg.  1790 m
( Bercht seed 2827 (2014))
( 碧巌玉(品種)エンシスピナㇺ  LB 1256 )










2017.08.11 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. carminanthum v. montanum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum v. montanum [AGG] )
(= G. oenanthemum [G. Charles] )
(= G. tillianum ssp. montanum )

一般に G. carminanthum ( カルミナンサム)の変種として
種子、小苗が販売されています。
G. tillianum (チリアナム)の亜種とされていたこともあります。

G. carminanthum (カルミナンサム)に対して、
より小さな胴体、より青い肌色、より小さな花、
胴体から突き出す刺 などが特徴とされます。

Catamarca (カタマルカ)州の、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)の産で、
基準種に比べて高地に自生します。
変種名の( montanum) は(山地性の)を意味します。





Sany0062--carminanthum v montanum--SL 35a--Piltz seed 5210--ex Milena
Gymocalycium carminanthum v. montanum   SL 35a
Los Angeles, Catamarca, 2600m, Arg.
(Piltz seed 5210)
( カルミナンサム(変種)モンタナム         SL 35a )



Sany0171--carminanthum v montanum--HV 611--Amerhauser seed
Gymnocalycium carminanthum v. montanum     HV 611
Cuesta de los Angeles, Catamarca, Arg.
( Bercht seed 2262 (2012))
( カルミナンサム(変種)モンタナム         HV 611)



Sany0013--carminanthum v montanum--LF 74a--Localita Angels 2500m catamarca--ex milena
Gymnocalycum carminanthum v. montanum       LF 74a
Localita, Los Angels,  2500m, Catamarca, Arg.
( カルミナンサム(変種)モンタナム         LF 74a )




2017.08.09 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |