FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------


G. rhodantherum [ AGG ] [ G. Charles ]

だいぶ古い栽培品ですが、
新刺が出始めたところを写真に撮りました。
以前とだいぶ感じが違うように思い、
古い写真を見直しました。
2,3,4枚目に
若い時の写真とつけ加えています。



この種は、 アルゼンチンの La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra de Velasco(ベラスコ山脈)の西から、
Sierra Famatina(ファマティナ山脈)にかけて自生します。

一方、Sierra de Velasco(ベラスコ山脈)の東側の、
Mazan(マザン)地域に産するのが、
G. hossei (ホセイ)(=G. mazanense) (魔天竜)です。

近い地域に産する、G. guanchinense(ガ ンキネンセ)に似ますが、
ガンキネンセが古くなると縦長になるのに対して、
この種は古くなっても扁平に育つとされます。

ガンキネンセとの外観上の差異については
もう一つつかめていません。

G. Charles (チャールス)のギムノの本では、
G. guanchinense(ガ ンキネンセ)を
G. rhodantherum ( ロダンテラム )の一タイプとし、
これに含めています。

刺の長短、刺が胴体から突出するもの、胴体に密着するものなど、
刺の変異に巾があり、高地産と低地産で外観が変わります。

種名は赤い葯の意で、葯が濃紅色です。
この点はガンキネンセも同様です。




200406--DSC_4812--rhodantherum--southern Famatina--Piltz seed 3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)



次は2年前の写真です。
181108_145641--rhodantherum--southern Famatina--Piltz seed 3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)


次は4年前の写真です。
161016--Sany0016--rhodantherum-southern Famamatina--Piltz seed 3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)

次は7年前の写真です。
120804--Sany0039--rhodantherum-southern Famatina--Piltz seed.3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)








スポンサーサイト



2020.04.08 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------

Gymnocalycium meregallii

比較的新しい種の G. meregallii ( メレガリー )ですが、
開花しました。羅星丸と同じ時期の早い開花です。

花底がわずかに黄緑色の白花です。

この種はG. parvulum  (唐子丸)に近い種とされています。

MM はMassimo Meregalli (メレガリ)氏のフィールド No.です。 
種名も発見者の
Meregalli (メレガリ)氏に因ります。

ギムノのネット雑誌 ( Schuetziana) の今年の最新号に、
この種のレポートが出ています。

アルゼンチン、コルドバ州の、
Sierra Comechigones ( コメチゴネス 山脈 )に産します。
写真で見ると岩石の散在する草地です。

この付近に自生するギムノに
G. andreae (黄蛇丸)、G. bruchii (羅星丸)があります。


G. andreae (黄蛇丸)は高度 1600m~2200m、
G. meregallii ( メレガリー )は 1400m ~ 1600m,
G. bruchii (羅星丸)はかなり低い高度で 1000m~ 1100m
に自生します。

G. meregallii ( メレガリー )の開花は 早く、
G. bruchii (羅星丸)と同じ時期です。
ギムノ全体の中で一番早い開花です。

G. meregallii ( メレガリー )の若い個体は中刺がなく、
G. bruchii (羅星丸)と似ていて、
判別が難しいと書かれています。

成球になるに従い、長い中刺が出てきて、
特徴がはっきりします。

下の3、4枚目の写真の株は
まだ中刺の出ない段階かと思います。

200404--DSC_4775--meregallii--MM 1200--Bercht seed 3591 (2015)
200404--DSC_4779--melegallii--MM 1200--
Gymnocalycium meregallii      MM 1200
Merlo - Vallecito, 1430m, Cordoba, Argentina
(Bercht seed 3591(2015))

( ギムノカリキウム属 メレガリ―    MM 1200 )



200404--DSC_4773--meregallii--MM 1200--r Merle to La Cruz 110km E of Los Vallecitos 1430m--Bercht seed 3591(2015)
200404--DSC_4774--meregallii--MM1200--.jpg
Gymnocalycium meregallii      MM 1200
Merlo - Vallecito, 1430m, Cordoba, Argentina
(Bercht seed 3591(2015))

( ギムノカリキウム属 メレガリ―    MM 1200 )






2020.04.05 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------

Gymnocalycium ragonesei
(= Gymnocalycium ragonesii )i


G. ragonesei f. roseiflorum (赤花ラゴネシー)に
ピンク色のつぼみが出ています。
濃い黒茶色の肌に映えてきれいです。

2枚目以降の写真は普通のラゴネシーで、
これもつぼみが出ていますが、
肌の色と同じ色で目立ちません。


200330--DSC_4702--ragonesei f roseiflorum--Jecminek seed
Gymnocalycium ragonesei f. roseiflorum
(J. Jecminek seed)
( ギムノカリキウム属 赤花ラゴネシー  ジェクミネク種子実生)



200330--DSC_4703--ragonesei--P 18--Salinas Grandes Cordoba--Mesa seed 484.465
Gymnocalycium ragonesei f. roseiflorum  P 18
Salinas Grandes, Cordoba, Argentina
(Mesa seed 484.465 )
( ギムノカリキウム属 ラゴネシー  P 18)

200403--DSC_4741--ragonesei -koubai- ragonesei f roseiflorum--white flower--jika mishou
Gymnocalycium ragonesei
( ギムノカリキウム属 ラゴネシー  (旧来品))



200403--DSC_4743--ragonesei--jien seed
Gymnocalycium ragonesei
( ギムノカリキウム属 ラゴネシー  (旧来品))


200403--DSC_4749--ragonesei--ex Isuzu en
Gymnocalycium ragonesei
( ギムノカリキウム属 ラゴネシー  (旧来品))



ゴネシーはアルゼンチンのコルドバ州、
Salinas Grandes (大塩砂漠)の周辺の産です。

産地の写真を見ると、細かい砂の砂地で、
風で飛んできた砂をかぶっていて、
小さいこともあり、発見困難と云われています。

この種の栽培は、順調なものもあるのですが、
時々動かなくなり、縮んでしまうことがあります。

最後の写真は相当古い栽培品ですが、
こういうトラブルを繰り返した結果、
見苦しい形になっています。 

また、最初の写真に見られるように
周辺が淡褐色に汚れることもあり、
これもよくわかっていません。







2020.04.03 11:32 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |

------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------


Gymnocalycium quehlianum
(= Gymnocalycium stellatum [AGG ] )
 

Gymnocalycium quehlianum ( 竜頭(たつがしら) )の関連の写真を撮りました。
古くからギムノの定番として作られてきたものですが、
FNのついたものの種子を実生育成しています。

最初の2枚は基本種です。

200330--DSC_4707--quehlianum--P 197--Piltz seeed 4291 (2009)
Gymnocalycium quehlianum    P 197
Alta Gracia 、Cordoba、750m、Argentina
( Piltz seeed 4291)
( ギムノカリキウム属 龍頭  P 197 )


190611--DSC_2132--quehlianum--Tom 251-3--W of La Falda Cordoba 1019m--ex Eden 21934 (2018)
Gymnocalycium quehlianum   Tom 251.3
west of La Falda、Cordoba、1019m、Argentina
((ex) Eden)
( ギムノカリキウム属 龍頭   Tom 251.3 )


次の2枚は黄刺変種とされるものです、
刺の色は角色(つの色、淡黄褐色)が多く、濃い黄色は少ないようです。
2枚目の P 180 ですが、ピルツ種子の実生から濃い黄色の刺のタイプが少し出ました。
青い肌に黄色の刺が映えててきれいです。
200330--DSC_4711--quehlianum v flavispinum--Koehres seed 626
Gymnocalycium quehlianum  v. flavispinum   
( Koehres seeed  626)
( ギムノカリキウム属 黄刺龍頭  ケーレス種子実生)


141104--Sany0166--quehlianum v flavispinum--P 180--Cordoba (Rio Tercero 600m)--Piltz seed 4284
Gymnocalycium quehlianum  v. flavispinum    P 180
Rio Tercer0, Cordoba, 600m, Argentina
( Piltz seed  4284 )
( ギムノカリキウム属 黄刺龍頭   P 180 )


次の2枚は v. kleinianum (クレイニアナム)です。
短い曲刺が特徴です。
国内で古くから作られてきた瑞昌玉がほぼ該当すると考えています。
200330--DSC_4724-quehlianum v kleinianum--Piltz seed 2303
Gymnocalycium quehlianum v. kleinianum 
( Piltz seed 2303 )
( ギムノカリキウム属 クレイニアナム   ピルツ種子 2303 実生 )


140824--Sany0097--qhlianum v kleinianum--Rowland seed 2142
Gymnocalycium quehlianum v. kleinianum 
( Rowland seed 2142 )
( ギムノカリキウム属 クレイニアナム   ローランド種子  実生 )


次の2枚は v. zantnerianum (ザントネリアナム) です。.
稜が多く、根元の黒い細刺が整然と並びます。
国内で古くからある、黒蝶玉がほぼ該当するとみられています。
根元の黒い5本刺が黒い蝶に見立てられています。
200330--DSC_4705--quehlianum v zantnerianum--STO 88--Piltz seed 2859(2018) 
Gymnocalycium quehlianum v zantnerianum   STO 88
( Piltz seed 2859)  
( ギムノカリキウム属    STO 88 )



110708-Sany0038-G. stellatum.v. zantnerianum-LB 1137--Ojo de Agua, Sierra de Macha 600m--Eden 14406
Gymnocalycium quehlianum v zantnerianum   LB 1137
Ojo de Agua, Sierra de Macha, cordoba,  600m, Argentina
( (ex) Eden)  
( ギムノカリキウム属 ザントネリアナム   LB 1137 )







2020.04.01 15:21 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |

------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------


G. bruchii v. niveum 〔AGG〕
(= G. bruchii 〔G. Charles〕)

羅星丸の変種のニベウムですが、
淡ピンク色の花が咲いています。

羅星丸系は全てつぼみが上がっていますが、
これが一番早く咲きました。


ニベウムは羅星丸の系統の中でも、
基本種と同様にごく小型の種で、
白い細刺を密生した、径2cm までの小さな胴体で、
仔吹きして群生します。

芝生状に横に拡がるのが産地の姿と思いますが、
よく日に当てているつもりが縦長になっています。



200329a--DSC_4694--bruchii v niveum--LF 090--Bercht seed 1998(2010) 200329--DSC_4696--bruchii v niveum--LF 090--Bercht seed 
Gymnocalycium bruchii v. niveum  LF 090
Tres Cascadas, 1250m, Cordoba, Argentina
(Bercht seed 1998(2010)コレ)
( ギムノカリキウム属 羅星丸(変種)ニベウム LF 090 )








2020.03.31 12:04 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |